FM長野 リスナーである ラジオネーム:チャート★ドランカーの個人ブログです。
私の 週間選曲リスト と 週間放送視聴日記 を 公開・保存しています。

第236回ランキング

   
公開 : 
  1. 第 1 位 ( ⇒ )
    FLOW“Answer”
    TSB 日テレ・ドラマ「探偵学園Q」オープニング テーマ曲

  2. 第 2 位 ( ⇒ )
    abn テレ朝・木曜ドラマ「菊次郎 と さき」テーマ音楽 及び 劇中効果音楽 [坂田晃一]

  3. 第 3 位 ( △ )
    ナナムジカ「彼方」
    abn テレ朝・金曜ドラマ「女帝」主題歌

  4. 第 4 位 ( ★ )
    浜崎あゆみ“fated”
    ♪サビの高音域と間奏部をハーモナイズしているのは魅力。

  5. 第 5 位 ( ▽ )
    NHK総合・大河ドラマ「風林火山」テーマ音楽 [千住明]
    ♪1位 6週、登場30週。


 暑中お見舞い申し上げます。2007年の盛夏を迎え 暑い日が続いています。ご愛読者の皆様には どうか ご自愛ください。

 7月29日 投開票の『第21回 参議院議員通常選挙』は、自民が歴史的大敗。参議院では 民主党が第1党になりました。

 【獲得議席数:民主 60 自民 37 公明 9 共産 3 社民 2 国民新党 2 新党日本 1 無所属 7】

 長野県選挙区の当選者は、4回連続 民主 1 自民 1 となっています。

 1998年 橋本 内閣が瓦解した参院選の自民獲得議席 42をも下回る結果となり 即退陣かと思いきや、安倍 首相の「再チャレンジ続投宣言」には驚きました。

 衆議院は 与党が 3分の2を確保し、参議院が 与野党逆転。憲法 第59条3項の「両院協議会」が頻繁に行われそうな「ねじれ現象」は、国政の先行きへ不透明感を与えています。

 今回の自民党大敗は、小泉 前首相の「自民党をぶっ壊す」と宣言して行動した効果が、地方末端組織に至るまで選挙結果となって吹き出した感もあります。

 開票速報を視ていて興味を引いたのは、片山虎之助 自民党参院幹事長(岡山県選挙区)の落選の弁です。普通、この手の敗北宣言は、どんなに隠しても哀しみと悔しさが滲み出ているものです。

 ところが堂々と敗北宣言を語る片山 参院幹事長の眼は笑っていました。人の器量と言うべきか覚悟と言うべきか、あるいは何か深い読みがあるのか、これには ちょっと驚きました。

 今回の開票速報でも 各局とも投票締切の午後8時ジャスト発表した「出口調査」による議席予測で自民大敗の結果が判明。長野県選挙区(2人区)の当確は、NHKが8時00分に 全国で最も早く打ち、日本一無風区とのお墨付き(笑)を頂いてしまいました。

 3年前と比較しても NHKは 当確の判断を さらに早くしています。比例区は、48人中 40名の政党当確を8時に打っています。

 FM長野では、通常番組の途中に県区の「当確者速報」と 21時55分から臨時のFM長野ニュースを、田中利彦 アナが放送しました。

 NHK-FMは、2005年の衆院選より さらに1時間早く、8時から開票速報をラジオ第1と同時放送しました。開票速報特番を、音楽放送波のFMで長時間に渡り同時放送する意味は何か? これからのNHK-FMの編成方針が、やはり気になります。

 今回の参院選の大敗でも退陣しない安倍内閣の周辺に、政界が大転換する様なエネルギーが蓄積されていくのではないのか? ちょっと測り切れない選挙結果となりました。


ブログ開始は 2003年です。

ブログ内 検索

独自のサーチエンジンで
対象リストを即時表示します。

G U I D E

 長野県 松本市 に在住している、FM長野 リスナー「ラジオネーム:チャート★ドランカー」の個人ブログです。

 お読み頂き ありがとう ございます。ご愛読者の皆様には、心から感謝申し上げます。

 ここは、2007年08月03日 の週間選曲リストと『 2007年 参議院議員通常選挙 開票速報 』に関する週間放送視聴日記のページです。

 このブログでは、次の2つのコンテンツを、毎週1リストにまとめて公開・保存しています。画像に依存しないテキストブログです。

 「週間選曲リスト」では、ラジオ・テレビ放送音楽に関する私の評論を、5曲ごとの選曲と順位で、象徴的に表現しています。

 「週間放送視聴日記」には、徒然なるままな身辺雑記を織り交ぜながら、オールラウンドなラジオ・テレビ番組のレビューやデータが掲載されています。

 広告等は一切表示しないポリシーで、ブログ開始時から運営しています。デザイン総てがオリジナルの自作です。

 週1回「定点観測」の積み重ねで、FM長野を始めとする信州のラジオ・テレビ放送の歴史を、この小さなブログで、ゆるやかに紡いでいく事が出来れば嬉しい限りです。