FM長野リスナーである ラジオネーム:チャート★ドランカーの個人ブログです。
私の 週間選曲リスト と 週間放送視聴日記 を 公開・保存しています。

第125回ランキング

   
  1. 第 1 位 ( ⇒ )
    柴田淳「おかえりなさい。」
    ABN テレ朝・木曜ミステリー「おみやさん」主題歌

  2. 第 2 位 ( ⇒ )
    ABN テレ朝・ドラマ「はぐれ刑事純情派 ファイナル」テーマ音楽 [甲斐正人]

  3. 第 3 位 ( ⇒ )
    柴田淳「幻」
    NBS 東海テレビ・ドラマ「危険な関係」主題歌

  4. 第 4 位 ( ⇒ )
    奥田美和子「雨と夢のあとに」
    ABN テレ朝・金曜ナイトドラマ「雨と夢のあとに」主題歌

  5. 第 5 位 ( ☆ )
    NHK総合・大河ドラマ「義経」劇中効果音楽 [岩代太郎]
    ♪今回の大河劇伴は打楽器音が とても良いアクセント。


 私が最初にラジオで葉書リクエストが採用されたのは、先週このブログで紹介した通り、土曜午後に放送していたNHK-FM福島局の「FMリクエストアワー」(宮川泰夫 アナが担当)でした。さらに調べてみると福島局の「FMリクエストアワー」や「夕べのひととき」は、宮川泰夫アナの他に、山本浩 アナ・伊藤博英 アナ そして 宮田修 アナも担当されていた事が判りました。

 NHK-FMは、1957年12月24日から実験放送を開始。それまではAMのラジオ第1・第2放送で左右の音を別に送出。それらを左右2台のラジオて受信する、ステレオ実験番組が盛んに放送されていました。民放ラジオも2局共同で この様な実験番組を放送していたほどです。そしてFM( Frequency Modulation )超短波による放送へ移行しました。

 1963年12月16日からNHK-FMは、ステレオ放送番組をスタート。1977年11月には、全国のNHK放送局でステレオ化工事が終了し「FMリクエストアワー」などの人気ローカル番組もステレオ放送となりました。今 振り返っても素晴らしい時代だったと思います。オンエアー曲をノーカット完奏させるNHK-FMは、今でも根強いものがあります。

 朝・午後 そして 夜のクラシック音楽ワイド番組は、安定したリスナー層が支えています。日曜夜の「気ままにクラシック」では、渡辺徹 氏が担当していた「おしゃべりクラシック」時代からのライト路線がすっかり定着しました。現在 不定期放送ですが「クラシック・リクエスト」の長時間生放送は、聴いていて素晴らしい一日を過ごせます。

 以前「NHK-FMはクラシック音楽番組を中心にして放送して欲しい」と、私が出したNHKへの意見の手紙に、NHKのラジオ編成担当者から丁重なるご返事を頂いた事がありました。ドラマ「青春アドベンチャー」や NHK全国聴取率調査で 常にFM 1位の「ひるの歌謡曲」など安定した番組も多く、リスナーが長年愛聴出来るのは、NHK-FMの大きな特徴です。

 圧倒的な数の送信所・中継所(長野県内でもFM長野 10ヶ所に対しNHK-FM 25ヶ所)からの電波で、全国放送されている NHK-FMには、クラシック音楽番組中心の安定した番組編成 と 放送を、これからもずっと続けてもらいたいものです。FM長野リスナーである私のラジオリスナーとしての故郷は、NHK-FMのリクエストアワーなのです。


(追記) 「ひるの歌謡曲」は 2006年 3月で放送終了となり「歌謡スクランブル」が引き継いでいます。


ブログ開始は 2003年です。

Mail-form


 頂いたメール内容の秘密は 厳守しています。

Search