2006 FIFA ワールドカップ本大会出場権獲得 - チャート★ドランカー BLOG

FM長野リスナーである ラジオネーム:チャート★ドランカーの個人ブログです。
私の 週間選曲リスト と 週間放送視聴日記 を 公開・保存しています。

第126回ランキング

   
公開 : 
  1. 第 1 位 ( ⇒ )
    柴田淳「おかえりなさい。」
    ABN テレ朝・木曜ミステリー「おみやさん」主題歌

  2. 第 2 位 ( ⇒ )
    ABN テレ朝・ドラマ「はぐれ刑事純情派 ファイナル」テーマ音楽 [甲斐正人]
    ♪「大都会PART3」テーマ音楽もトランペットがメインだが、より洗練されている。

  3. 第 3 位 ( △ )
    奥田美和子「雨と夢のあとに」
    ABN テレ朝・金曜ナイトドラマ「雨と夢のあとに」主題歌

  4. 第 4 位 ( ▽ )
    柴田淳「幻」
    NBS 東海テレビ・ドラマ「危険な関係」主題歌

  5. 第 5 位 ( ⇒ )
    NHK総合・大河ドラマ「義経」劇中効果音楽 [岩代太郎]


 2006 FIFAワールドカップ・アジア地区最終予選 日本 vs 北朝鮮 戦は、第三国・無観客試合として 8日に行なわれ、異様な雰囲気の中 2-1で日本が勝利。1試合を残してジーコジャパンが、来年ドイツで開催されるワールドカップ本大会出場権を獲得しました。

 日本は、昨年秋 行われた1次予選を、6戦全勝の1位通過。この最終予選で世界最速となる、3大会連続W杯出場を決めました。ジーコ監督は、やはりナショナル・チームの監督として不可欠要素の「勝負強さ」を持っている監督かも知れません。来年のドイツ大会が本当に楽しみです。

 それにしても第三国・無観客試合というのは、サッカーの国際試合という感じが全くしませんでした。3月に平壌で開催された北朝鮮 vs イラン戦が、北朝鮮サポーターの暴徒化を招いた事態に対して、制裁として残りのホーム試合は、第三国かつ無観客で開催することを、FIFAが決定したからです。

 北朝鮮の正式国名は、朝鮮民主主義人民共和国です。社会主義の国家なのですから、社会主義人民共和国でも良いと思うのですが違います。この独自の違いは、本来マルクス・レーニン主義であるべきの国是が、金日成主義つまり主体思想(チュチェ思想)になっている点にも反映されています。

 高校時代の通学電車に、朝鮮学校の生徒が一緒に乗っており、一度使っている教科書を見せてもらった事があります。まるで日本が戦前に使っていた国定教科書の様でした。但しそのテーゼは、主体思想一色です。ただ その朝鮮学校の生徒が、私達と大きく違っていた訳ではありません。日本の歌謡曲も、米国の洋楽も好きだと、きちんとした日本語で広言していました(笑)。

 北朝鮮にフーリガンなど存在せず、暴徒の芽は、網の目に張られた公安機関が容赦なく摘発していきます。それが平壌でイラン戦の観客が暴徒化したのは、ある意味動員の範疇だったのかと思われます。しかし、その動員は失策でした。北朝鮮当局には、国際サッカー試合ルールの絶対性が事前に理解されるべきで、それがプロパカンダ的にも正答だったはずです。

 とにもかくにも(笑)ジーコジャパンは、FIFAワールドカップ本大会の出場権を獲得しました。ジーコ監督は、やはりナショナル・チームの監督として不可欠要素の「勝負強さ」を持っている監督かも知れません。来年のドイツ大会が本当に楽しみです。「ジーコジャパン」2006 FIFAワールドカップ本大会出場おめでとう ございます。


(追記) 2006 FIFA ワールドカップ・アジア地区最終予選における日本の成績は、5勝1敗0分・勝点15となり、グループBを1位で通過しました。


ブログ開始は 2003年です。

ブログ内 検索

独自のサーチエンジンで
対象リストを即時表示します。

G U I D E

 長野県 松本市 に在住している、FM長野 リスナー「ラジオネーム:チャート★ドランカー」の個人ブログです。

 お読み頂き ありがとう ございます。ご愛読者の皆様には、心から感謝申し上げます。

 ここは、2005年06月10日 の週間選曲リストと『 2006 FIFA ワールドカップ本大会出場権獲得 』に関する週間放送視聴日記のページです。

 このブログでは、次の2つのコンテンツを、毎週1リストにまとめて公開・保存しています。画像に依存しないテキストブログです。

 「週間選曲リスト」では、ラジオ・テレビ放送音楽に関する私の評論を、5曲ごとの選曲と順位で、象徴的に表現しています。

 「週間放送視聴日記」には、徒然なるままな身辺雑記を織り交ぜながら、オールラウンドなラジオ・テレビ番組のレビューやデータが掲載されています。

 広告等は一切表示しないポリシーで、ブログ開始時から運営しています。デザイン総てがオリジナルの自作です。

 週1回「定点観測」の積み重ねで、FM長野を始めとする信州のラジオ・テレビ放送の歴史を、この小さなブログで、ゆるやかに紡いでいく事が出来れば嬉しい限りです。