FM長野リスナーである ラジオネーム:チャート★ドランカーの個人ブログです。
私の 週間選曲リスト と 週間放送視聴日記 を 公開・保存しています。

Year‐End Ranking

   
  1. 第 1 位 ( 5)
    GLAY“DARK RIVER”
    NHK総合・ドラマ10「激流 ~ 私を憶えていますか?」主題歌
    ♪ミドル・ヴォイスを生かした旋律と、ストリングスの美しさが映えるシンフォニック アレンジは 上手く溶け合い、スピード感のある和声が幻想的に響いているバラードロックの傑作。

  2. 第 2 位 ( 4)
    ダイドーブレンド オーケストラ編 テレビCM音楽 [音楽制作者 不詳]

  3. 第 3 位 ( 3)
    Sissel“Weightless”
    NHK BSプレミアム・ドキュメンタリー番組「追跡者 ザ・プロファイラー」テーマ曲

  4. 第 4 位 ( 4)
    Kaho“every hero”
    NBS フジ・ドラマ「ミス・パイロット」主題歌

  5. 第 5 位 ( 3)
    NHK総合・大河ドラマ「八重の桜」テーマ音楽 [坂本龍一]


 2013年も年の暮れを迎え、このブログの更新は、今年最後となります。そこで今週の週間選曲リストは『2013 年間ランキング』を公開しました。

 この年間ランキングは、2013年 1月 4日 第513回ランキングから、2013年12月20日 第563回ランキング までの週間選曲リストを対象に作成した「年間選曲リスト」です。期間内のリストイン総曲数は 36曲。選曲条件をクリアした楽曲数が 20曲と記録されています。今年の年間ランキングの累積資料は、次の通りです。

 【1位 5週 登場 9週】① DARK RIVER GLAY。 【1位 4週 登場16週】② ダイドーブレンド オーケストラ編 テレビCM音楽。 【1位 3週 登場12週】③ Weightless Sissel。 【1位 4週 登場 8週】④ every hero Kaho。 【1位 3週 登場26週】⑤ 八重の桜 テーマ音楽。

 以上の累積資料 と 参照先リストの選曲理由に基づき、今年の年間ランキング( Year-End Ranking )が確定・決定しました。今年は、選曲条件をクリアした曲数が、過去最多の 20曲にも達しました。全リストイン曲の55・5%も占めています。そのため累積資料は、抜き出た楽曲のない結果となりました。年間ランキングの 1位週数欄の数字に、殆ど差がありません。

 ルールに従い、年間 1位は 自動確定。次に年間 2位以下は、まず 1位週数のデータを軸に、選曲条件をクリアした楽曲から、慎重な選曲を 行いました。そして僅差の累積資料を参考に、まず年間 2位を決定。さらに年間 3位から 5位までは、累積資料である 1位週数・登場週数のデータを参考しながらも、独自性の高い順位決定を行いました。

 今年 最も美しい 5曲の内訳は、ドラマ主題歌 2曲、ドキュメンタリー テーマ曲 1曲、インストゥルメンタルのドラマ・テーマ音楽 1曲、インストゥルメンタルのCM音楽 1曲 となっています。

 今年は、ヴォーカル系の楽曲が 3曲を占め、その内に洋楽も 1曲入っています。また初めて音楽制作者 不詳の楽曲が入りました。今後 音楽制作者が発表・判明した場合は、その時点で追記致します。例年通り個性的な年間選曲リストが出来上がりましたが、毎週の週間選曲リスト作成は、やはり苦労した1年でした。

 記録的な猛暑で、国内最高気温 極値が6年ぶりに更新された 2013年。年間ランキング 公開をもって今年の更新が終了し、このブログは 年越しとなります。ご愛読者の皆様には、どうぞ良いお年を お迎えください。


ブログ開始は 2003年です。

Mail-form


 頂いたメール内容の秘密は 厳守しています。

Search

Pageguide

 長野県 松本市 に在住している、FM長野 リスナー「ラジオネーム:チャート★ドランカー」の個人ブログです。お読み頂き ありがとう ございます。ここは、2013年12月27日 の週間選曲リスト と『 2013 年間ランキング 』に関する週間放送視聴日記のページです。

 「週間選曲リスト」では、ラジオ・テレビ放送音楽に関する私の評論を、5曲ごとの選曲と順位で、象徴的に表現しています。「週間放送視聴日記」には、徒然なるままな身辺雑記を織り交ぜながら、オールラウンドなラジオ・テレビ番組のレビューやデータが掲載されています。

 広告等は一切表示しないポリシーで、ブログ開始時から運営しているテキストブログです。デザイン総てが、オリジナルの自作で構成されています。週 1回「定点観測」の積み重ねによって、信州のラジオ・テレビ放送の歴史を、この小さなブログで、ゆるやかに紡いでいく事が出来れば嬉しい限りです。