FM長野 リスナーである ラジオネーム:チャート★ドランカーの個人ブログです。
私の 週間選曲リスト と 週間放送視聴日記 を 公開・保存しています。

第561回ランキング

公開 : 
  1. 第 1 位 ( △ )
    SBC TBS・金曜ドラマ「クロコーチ」劇中効果音楽 [出羽良彰・羽深由理]
    ♪効果音と劇伴の狭間には深い音楽性を感じる。

  2. 第 2 位 ( ▽ )
    ビリーバンバン「これが恋というなら」
    三和酒類 iichiko テレビCMソング

  3. 第 3 位 ( ▽ )
    Kaho“every hero”
    NBS フジ・ドラマ「ミス・パイロット」主題歌

  4. 第 4 位 ( ⇒ )
    ダイドーブレンド オーケストラ編 テレビCM音楽 [音楽制作者 不詳]

  5. 第 5 位 ( ⇒ )
    Jamie Cullum“Save Your Soul”
    トヨタ自動車 テレビCMソング


 とうとう松本市でも「コミュニティFM局」が開局すると発表がありました。

 総務省信越総合通信局から、11月 5日に予備免許が与えられており、今月末には開局予定だそうです。安曇野市のあづみ野エフエムに続く中信地区でのコミュニティFM局開局は、昔からのFM長野リスナーとして ますます複雑な心境です。

 全国のJFN加盟局で県庁所在地に本社演奏所がない放送局は、浜松市のK-MIX(静岡FM)、大垣市の岐阜FM、浦添市のFM沖縄、そして松本市のFM長野の4局だけです。

 いずれも歴史・民力・地理的事情で、県庁所在地から離れた都市に開局した特徴ある県域FM局ですが、この4都市の内、浜松市と浦添市では既にコミュニティFMが開局していました。松本市で開局すると残るは岐阜県 大垣市だけになります。

 浜松市と浦添市の例を調べてみましたが特段の問題はなく、県域FM局とコミュニティFM局は共存している様です。

 今回の松本市におけるコミュニティFM局開局に関して、気になる点がありました。開局準備室のサイトを覗いてみると、放送局に対する出資者募集の項目があったのです。

 民間放送局が広くサービスエリアの市民から、出資を求めるのは悪い事ではありません。しかし全国のコミュニティFM局の厳しい経営状況を見ると、開局時にはサービスエリア内の有力企業、そして地方公共団体から充分な出資を得た上で、開局準備に入るのが常道です。

 さらに気になったのは、私も加入している地元CATVのテレビ松本が、3月11日の東日本大震災2年目の日に、臨時災害放送局 開局演習・訓練としてFMラジオ放送を行った点です。

 総務省が発表した「3月11日実施の松本市における 臨時災害放送局 開局演習・訓練の報告」によると、松本市と既に災害時放送協定を締結していたFM長野と、役割分担について調整を行った上で実施した正規の実験放送で、松本市内に大災害が発災したときは、即時に臨時災害放送局を開局する構想があるそうです。

 ところが全国の臨時災害放送局の開局事例を調べると、臨時災害放送局が認められたのは、殆どが既存コミュニティFM局がないエリアです。今回コミュニティーFM局が松本市内に開局すれば、テレビ松本の臨時災害放送局構想はどうなってしまうのか、一気に不透明になってしまいます。

 しかし、3月 1日に 松本市とテレビ松本は「災害時におけるケーブルテレビ放送・ラジオ放送の要請に関する協定」を既に締結。松本市とFM長野との間での「災害時におけるラジオ放送の要請に関する協定」も従前通り有効です。松本市におけるラジオでの臨時災害放送局は、今のところ この2局との協定が優先されます。

 以前ブログにも書きましたが、私の考えるコミュニティFM局の理想番組編成は「有線放送電話」の定時放送・臨時放送にあります。

 有線放送電話の沈黙時にあたる時間帯は、24時間音楽を流し放しにして随時 消防局の出動情報など、本当に住民が必要とする情報を厳選して放送するのです。しかし、こんな大胆不敵な(笑)番組編成が実現するとは考えていません。

 それでも最近のコミュニティFMは、朝のワイドを夕方再放送するとか、日中の放送を深夜そのまま再放送するとか、信じられない(笑)番組編成をする局が現れ始めました。コミュニティFM局の上層部にとって、放送要員の人事権は最もパワーを見せられる点ですが、それには人件費という大きな継続した支出がスライドしてきます。

 私の家では、どうも松本市のコミュニティFM局の試験電波(79・1MHz)が聴こえない可能性もあります。

 サービスエリアが意外に狭く、自宅が市内にも係らず区域内かどうか微妙で、かつ加入しているテレビ松本のFM再送信周波数(放送大学 78・8MHz)と僅か0・3MHzしか離れていないため混信の恐れもあるからです。ここまで言い切って良いのか悩みますが、なにか松本市のコミュニティFM局に調整不足を感じせざるを得ません。

 昨年から今春にかけて、FM長野で緊急雇用創出 (対応)事業に基づく市町村発信の自社制作番組が急増しましたが、本社演奏所がある松本市からの発信が「ワンポイントガイド」僅か隔週5分だけだったのは、松本市民として本当に残念でした。

 私個人としては、ラジオはFM長野とNHK-FMがあれば充分です。変わらずFM長野を聴き続けるリスナーでありたいと思っています。


ブログ開始は 2003年です。

ブログ内 検索

独自のサーチエンジンで
対象リストを即時表示します。

G U I D E

 長野県 松本市 に在住している、FM長野 リスナー「ラジオネーム:チャート★ドランカー」の個人ブログです。

 お読み頂き ありがとう ございます。ご愛読者の皆様には、心から感謝申し上げます。

 ここは、2013年12月06日 の週間選曲リストと『 松本市にコミュニティFM局 開局へ 』に関する週間放送視聴日記のページです。

 このブログでは、次の2つのコンテンツを、毎週1リストにまとめて公開・保存しています。画像に依存しないテキストブログです。

 「週間選曲リスト」では、ラジオ・テレビ放送音楽に関する私の評論を、5曲ごとの選曲と順位で、象徴的に表現しています。

 「週間放送視聴日記」には、徒然なるままな身辺雑記を織り交ぜながら、オールラウンドなラジオ・テレビ番組のレビューやデータが掲載されています。

 広告等は一切表示しないポリシーで、ブログ開始時から運営しています。デザイン総てがオリジナルの自作です。

 週1回「定点観測」の積み重ねで、FM長野を始めとする信州のラジオ・テレビ放送の歴史を、この小さなブログで、ゆるやかに紡いでいく事が出来れば嬉しい限りです。