FM長野リスナーである ラジオネーム:チャート★ドランカーの個人ブログです。
私の 週間選曲リスト と 週間放送視聴日記 を 公開・保存しています。

第48回ランキング

   
  1. 第 1 位 ( ⇒ )
    Do As Infinity「柊」
    SBC TBS・ドラマ「恋文 ~ 私たちが愛した男」主題歌

  2. 第 2 位 ( ⇒ )
    a.mia“LAT.43゚N”
    SBC TBS・ドラマ「エ・アロール」主題歌

  3. 第 3 位 ( ⇒ )
    浜崎あゆみ“No way to say”
    パナソニック テレビCMソング

  4. 第 4 位 ( △ )
    TSB 日テレ・ドラマ「共犯者」劇中効果音楽 [吉川慶・AUDIO HIGHS]

  5. 第 5 位 ( ★ )
    渡辺美里「十の秘密」
    ABN テレ朝・木曜ミステリー「新・京都迷宮案内」主題歌
    ♪45枚目のシングルは美里らしさが出た佳曲。


 大晦日 放送される「第54回 NHK紅白歌合戦」の出場歌手が決定しました。愛内里菜・綾戸智絵・一青窈・倉木麻衣・後藤真希・女子十二楽坊・はなわ・テツ and トモ・森山直太朗・水森かおり・175R・ゆず・EXILE の初出場が発表になっています。最多出場は「サブちゃん」北島三郎 の 40回です。

 司会は、紅組・有働由美子 アナ(2回目)膳場貴子 アナ(初) 白組・阿部渉 アナ(2回目)高山哲哉 アナ(初) 総合・武内陶子 アナ(初)。出場歌手は 62組、初出場は 1組増の 13組。職員アナ登竜門のラジオ中継は、小野文惠 アナ と 藤崎弘士 アナが担当します。なお連続・常連出場からの「落選組」は、中森明菜・小柳ゆき・DA PAMPなど となっています。

 前身である 1945年の紅白音楽試合の後、1951年にラジオ放送で始まった「紅白歌合戦」は、第1回から第3回まで 1月3日に放送。第4回から 12月31日 大晦日の放送となりました。したがって 1953年は、唯一 1年で2回 紅白歌合戦が放送された年になります。テレビでは第3回から放送開始。観客を入れての公開放送は、第4回からでした。

 紅組司会の推移は、加藤道子 → 丹下キヨ子 → 本田寿賀 アナ → 水の江滝子 → 福士夏江 アナ → 宮田輝 アナ(2回連続)→ 水の江滝子 → 黒柳徹子 → 中村メイコ(3回連続)→ 森光子 → 江利チエミ(2回連続)→ 林美智子 → ペギー葉山 → 九重佑三子 → 水前寺清子 → 伊藤ゆかり → 美空ひばり → 水前寺清子 → 佐良直美 → 水前寺清子 → 佐良直美(4回連続)→ 森光子 → 水前寺清子 → 黒柳徹子(4回連続)→ 森光子 → 森昌子 → 斎藤由貴・目加田頼子 アナ → 和田アキ子(2回連続)→ 三田佳子(2回連続)→ 浅野ゆう子 → 石田ひかり(2回連続)→ 上沼恵美子(2回連続)→ 松たか子 → 和田アキ子 → 久保純子 アナ(3回連続)→ 有働由美子 アナ(2回連続)→ 有働由美子 アナ・膳場貴子 アナ となっています。

 白組司会の推移は、藤倉修一 アナ(2回連続)→ 宮田輝 アナ → 高橋圭三 アナ(8回連続)→ 宮田輝 アナ(7回連続)→ 坂本九 → 宮田輝 アナ(5回連続)→ 山川静夫 アナ(9回連続)→ 鈴木健二 アナ(3回連続)→ 加山雄三・千田正穂 アナ → 加山雄三(2回連続)→ 武田鉄矢 → 西田敏行 → 堺正章(3回連続)→ 古館伊知郎(3回連続)→ 中居正広(2回連続)→ 中村勘九郎 → 和泉元彌 → 阿部渉 アナ(2回連続)→ 阿部渉 アナ・高山哲哉 アナ となっています。

 宮田 アナ・高橋 アナ・山川 アナを筆頭とするNHK職員アナが、圧倒的に多くなっている事が解ります。「紅白」も出場歌手数の肥大化や、年を通じた大衆ヒット曲の不足など、完全に曲がり角を迎えていますが、大晦日 午後 11時45分に起こる、紅白 エンディングから ゆく年くる年 への急激な映像落差「ギャップ」が、私は 大好きなのです(笑)。


ブログ開始は 2003年です。

Mail-form


 頂いたメール内容の秘密は 厳守しています。

Search

Pageguide

 長野県 松本市 に在住している、FM長野 リスナー「ラジオネーム:チャート★ドランカー」の個人ブログです。お読み頂き ありがとう ございます。ここは、2003年11月28日 の週間選曲リスト と『 第54回 NHK紅白歌合戦 出場歌手 』に関する週間放送視聴日記のページです。

 「週間選曲リスト」では、ラジオ・テレビ放送音楽に関する私の評論を、5曲ごとの選曲と順位で、象徴的に表現しています。「週間放送視聴日記」には、徒然なるままな身辺雑記を織り交ぜながら、オールラウンドなラジオ・テレビ番組のレビューやデータが掲載されています。

 広告等は一切表示しないポリシーで、ブログ開始時から運営しているテキストブログです。デザイン総てが、オリジナルの自作で構成されています。週 1回「定点観測」の積み重ねによって、信州のラジオ・テレビ放送の歴史を、この小さなブログで、ゆるやかに紡いでいく事が出来れば嬉しい限りです。