FM長野リスナーである ラジオネーム:チャート★ドランカーの個人ブログです。
私の 週間選曲リスト と 週間放送視聴日記 を 公開・保存しています。

第49回ランキング

   
  1. 第 1 位 ( ⇒ )
    Do As Infinity「柊」
    SBC TBS・ドラマ「恋文 ~ 私たちが愛した男」主題歌

  2. 第 2 位 ( ⇒ )
    a.mia“LAT.43゚N”
    SBC TBS・ドラマ「エ・アロール」主題歌
    ♪カヴァーでも実に秀でたアレンジ。

  3. 第 3 位 ( ⇒ )
    浜崎あゆみ“No way to say”
    パナソニック テレビCMソング

  4. 第 4 位 ( △ )
    渡辺美里「十の秘密」
    ABN テレ朝・木曜ミステリー「新・京都迷宮案内」主題歌

  5. 第 5 位 ( ▽ )
    TSB 日テレ・ドラマ「共犯者」劇中効果音楽 [吉川慶・AUDIO HIGHS]


 その昔ジュークボックスという、コインを入れて選曲すると音楽が流れるマシンがあり、日本でも現在のカラオケに匹敵するほど普及し、繁華街に よく設置されていました。米国の音楽チャート誌「ビルボード」誌は、第2次世界大戦前から このジュークボックスで流れた回数をテータとして集計し、その統計結果が音楽チャートの源流点のひとつになっています。

 その後、順位を決めるデータ要素は、レコード(CD)セールスとラジオ・エアプレイに進化していきます。レコード(CD)セールスは、売り上げ結果ですので万人が理解出来ますが、ラジオ・エアプレイという概念はなかなか理解が難しいと思います。新譜音楽のラジオ放送頻度データを、エアプレイ(AIRPLAY)と呼称しているのです。

 日本では、1988年の10月にJ―WAVEの開局と同時にスタートした、“TOKIO HOT100”で、全番組1週間のオンエアーとしてデータ採用したのが、ラジオ・エアプレイ集計の始まりだと考えられます。

 但しJ―WAVEの“TOKIO HOT100”は、全番組 1週間のオンエアー「回数」とは言っていません(笑)。番組ではオンエアーポイントと呼称しています。ひとつの放送局で 1週間のオンエアー「回数」を集計しても、順位がつけられるのは 5位前後までが限界で、圧倒的多数のオンエアー 1回楽曲が、横並びするのが実態なのです。

 昔のビルボードは、モニターと称する全米ラジオ局のプログラミング・ディレクターの作成したランキングを、エアプレイ 放送頻度として集計していましたが、今では正確に全米ラジオ局の放送回数が計測出来る様になりました。

 ラジオ・エアプレイは、新譜 旧譜の区別なく音楽流行のベクトルを的確に表現します。ラジオ局から流れる音楽の頻度とは、それがオールディーズ専門局であっても、ヒットチャートのデータとして成立するのです。

 FM長野のサイトでも、リアルタイムの曲目オンエアー情報が掲載されるようになりました。このような「週間選曲リスト」を、ブログで発表している私にとって とても便利な機能です。出来得れば このデータ集計により、FM長野の“AIRPLAY TOP5”を紹介する小さな番組でも制作すれば、長く続けて放送していく事が可能なメイン番組のひとつになり得ると思いました。

 本来「長寿番組」とは、何代DJが変わっても番組フォーマットを使い捨てにせず、大切に育てていく編成方針から生まれると思います。「自分の番組」という意識も大切ですが「受け継ぎ・引き継いでいく番組」は、ステーションの核となります。

 ラジオ・エアプレイ(AIRPLAY)データは、人気番組の重要なコンテンツに成り得るのです。その事にJ―WAVEは開局時から気づいていました。


ブログ開始は 2003年です。

Mail-form


 頂いたメール内容の秘密は 厳守しています。

Search

Pageguide

 長野県 松本市 に在住している、FM長野 リスナー「ラジオネーム:チャート★ドランカー」の個人ブログです。お読み頂き ありがとう ございます。ここは、2003年12月05日 の週間選曲リスト と『 ラジオ・エアプレイ AIRPLAY 』に関する週間放送視聴日記のページです。

 「週間選曲リスト」では、ラジオ・テレビ放送音楽に関する私の評論を、5曲ごとの選曲と順位で、象徴的に表現しています。「週間放送視聴日記」には、徒然なるままな身辺雑記を織り交ぜながら、オールラウンドなラジオ・テレビ番組のレビューやデータが掲載されています。

 広告等は一切表示しないポリシーで、ブログ開始時から運営しているテキストブログです。デザイン総てが、オリジナルの自作で構成されています。週 1回「定点観測」の積み重ねによって、信州のラジオ・テレビ放送の歴史を、この小さなブログで、ゆるやかに紡いでいく事が出来れば嬉しい限りです。