FM長野 リスナーである ラジオネーム:チャート★ドランカーの個人ブログです。
私の 週間選曲リスト と 週間放送視聴日記 を 公開・保存しています。

第649回ランキング

公開 : 
  1. 第 1 位 ( ⇒ )
    Natalie Imbruglia“Instant Crush”

  2. 第 2 位 ( ⇒ )
    NHK総合・大河ドラマ「花燃ゆ」テーマ音楽 [川井憲次]

  3. 第 3 位 ( △ )
    Lady Antebllum“Long Stretch Of Love”

  4. 第 4 位 ( ▽ )
    The VLA“When I Am Through With You”
    BS Dlife・外国テレビドラマ「ダメージ」オープニング テーマ
    ♪1位 4週、登場10週。

  5. 第 5 位 ( ⇒ )
    abn テレ朝・ドラマ「刑事7人」テーマ音楽 及び 劇中効果音楽 [吉川清之]


 最近では あまり見かけなくなりましたが、私が子供の頃から学生時代にかけて、NHK総合テレビでは「舞台中継」や「劇場への招待」など演劇公演の録画中継が盛んに放送されていました。

 学生の頃は あまり演劇の良さも解らず、舞台中継とは いかに退屈な番組かと思ってしまう事もありました(笑)。既に音楽チャートマニアだった そんな私が、今だに脳裏から離れず忘れ得ない舞台中継と言えば、不世出の喜劇俳優・藤山寛美が主宰していた松竹新喜劇の「お客様お好みリクエスト公演」です。

 幕が上がると 松竹新喜劇30本の得意演目が、番号付で大きく掲示されています。白のタキシードを着けた藤山寛美が登場し 客席に宣言するのです。「これから お客様にお見せする芝居は、この30本からお客様自身に選んでもらいます。」

 舞台には座長・藤山寛美の他に、小島秀哉・小島慶四郎・酒井光子などの劇団幹部俳優・女優がペンと記録用紙を持っており、藤山寛美の合図の元 客席に入り、ひとりひとりの観客に「どの芝居が見たいですか?」と聞いて回るのです。

 劇団の看板俳優・女優たちが、まるで御用聞きの様に尋ねてくるので、観客は大喜びで今 見たい演目を答えます。そして一巡すると今集めたリクエストを舞台上で集計し、上位5 ~ 6本の演目に集約していくのです。

 藤山寛美は、その上位演目を客席全体にはかり、拍手の大きさでリクエスト1位を決定し 上演演目を決めます。その決まった瞬間からです。松竹新喜劇の大道具など裏方さんが舞台に一斉に登場して、その芝居のセットを組み上げ始めます。

 その間 藤山寛美は、マイクを持ったまま舞台に残っています。そしてセットの組み立てを客席に実況するのです。決定した演目には どの様なセットが必要か? 夢中で釘を打っている大道具さんは どんな方か? 演劇の面白い話や苦労話を交えながら観客に実況していきます。

 藤山寛美は、セットが組み上がり芝居の幕が開くギリギリの時間まで その実況を続けます。幕が開き 芝居が始まると 藤山寛美は、信じられない早変わりで芝居の役の扮装で登場し、その瞬間の客席は 割れんばかりの大歓声と拍手に包まれるのです。

 私が視た舞台中継の時は、時期が年末だった事もあり 今でも覚えていますが、決定した演目は「大当り高津の富くじ」でした。

 江戸時代 放蕩の限りを尽くした藤山寛美が演じる大店(おおたな)のボンボンが、経営悪化の責任で勘当され、五百両用意出来なければ 店を人手に渡さなければならないほど追い詰められます。その時たった1枚買っていた富くじが、なんと千両の大当りだったという物語です。

 なにか藤山寛美の人生を象徴しているかの様な物語ですが(笑)富くじの大当りを知った時の寛美は神がかっている名演技で、まるで観客が富くじに当ったかの様な同期と、爆笑に万雷の拍手が巻き起こります。この演目を選んだ観客は 大満足だったと思います。

 「お客様お好みリクエスト公演」は、藤山寛美がラジオのリクエスト番組を聴いていて思い付いたとの逸話が 後日 伝えられています。

 なんと244ヵ月連続公演を続け、楽屋で寝泊まりし生活していた藤山寛美は、枕元に必ず置くほどラジオが好きでした。別のドキュメンタリー番組では、朝5時のNHKニュースを聴いて炭鉱事故を知り、すぐさま義援金を送る姿も放送されています。

 ラジオのリクエスト番組は、リクエストに応えるために当時ならターンテーブルにレコードをセッティングするだけですが、舞台で繰り広げる芝居の場合、劇団員全員が 30の芝居の台詞を全部覚えて、総ての大道具・小道具をスタンバイしておかなければなりません。

 しかも観客ひとりひとりにリクエストを聞き それを観客の目の前で集計し、観客自身が確認出来る観客全員の拍手の大きさでリクエスト1位を決め、その演目を無条件で上演する手法は、ラジオ チャート番組の本質にも通じていました。

 この「お客様お好みリクエスト公演」に、その後チャレンジした有名劇団は 現在まで どこもありません。不世出の喜劇俳優・藤山寛美は、ラジオのリクエスト番組・チャート番組の本質をも理解して、観客が今 最も見たがっている演目に完成された上演で答えた、世界でも類例なき偉大な舞台演出家でした。


ブログ開始は 2003年です。

ブログ内 検索

独自のサーチエンジンで
対象リストを即時表示します。

G U I D E

 長野県 松本市 に在住している、FM長野 リスナー「ラジオネーム:チャート★ドランカー」の個人ブログです。

 お読み頂き ありがとう ございます。ご愛読者の皆様には、心から感謝申し上げます。

 ここは、2015年08月28日 の週間選曲リストと『 お客様お好みリクエスト公演 藤山寛美 』に関する週間放送視聴日記のページです。

 このブログでは、次の2つのコンテンツを、毎週1リストにまとめて公開・保存しています。画像に依存しないテキストブログです。

 「週間選曲リスト」では、ラジオ・テレビ放送音楽に関する私の評論を、5曲ごとの選曲と順位で、象徴的に表現しています。

 「週間放送視聴日記」には、徒然なるままな身辺雑記を織り交ぜながら、オールラウンドなラジオ・テレビ番組のレビューやデータが掲載されています。

 広告等は一切表示しないポリシーで、ブログ開始時から運営しています。デザイン総てがオリジナルの自作です。

 週1回「定点観測」の積み重ねで、FM長野を始めとする信州のラジオ・テレビ放送の歴史を、この小さなブログで、ゆるやかに紡いでいく事が出来れば嬉しい限りです。