FM長野リスナーである ラジオネーム:チャート★ドランカーの個人ブログです。
私の 週間選曲リスト と 週間放送視聴日記 を 公開・保存しています。

第648回ランキング

   
  1. 第 1 位 ( △ )
    Natalie Imbruglia“Instant Crush”

  2. 第 2 位 ( △ )
    NHK総合・大河ドラマ「花燃ゆ」テーマ音楽 [川井憲次]

  3. 第 3 位 ( ▽ )
    The VLA“When I Am Through With You”
    BS Dlife・外国テレビドラマ「ダメージ」オープニング テーマ

  4. 第 4 位 ( ★ )
    Lady Antebllum“Long Stretch Of Love”
    ♪アレンジされた和声とヴォーカルの調性が整ったカントリー・ロックの佳曲。

  5. 第 5 位 ( ⇒ )
    abn テレ朝・ドラマ「刑事7人」テーマ音楽 及び 劇中効果音楽 [吉川清之]


 15日に 鹿児島県・桜島でレベル4(避難準備)の噴火警報が発令されました。御嶽山、口永良部島、そして箱根山に引き続き日本国内の火山活動は一段と活発な状態になっています。御嶽山噴火災害の教訓から気象庁は、4日から「噴火速報」を開始しました。噴火速報とは、登山者や火山の周辺へ立ち入る人々に、活火山噴火の第1報を いち速く伝えるためです。

 新しい「噴火速報」に関するシステムの考え方は理解できますが、従来からある「噴火警報」との違いが、どうも重なり合っていて、いまいち はっきりしません。噴火警報とは、噴火災害軽減のため常時監視している全国 110の活火山を対象として、噴火による重大な災害が起こる恐れがある場合に、やはり気象庁が発表するものです。

 噴火警報は、まず噴火予報(レベル1)があり、警報レベルは 5段階に分かれています。21日現在の噴火警報は、御嶽山レベル 2、口永良部島レベル 5、箱根山レベル 3 となっています。噴火警報は、火山が噴火する前の警戒段階から、大噴火時の緊急事態まで範囲が設定されています。これに対して噴火速報は、大きな噴火時を対象としますが、あくまでも第1報です。

 例えば普及した「緊急地震速報」は、気象庁の「特別警報」として J-ALERTの対象です。ところが火山噴火の場合、噴火速報は 特別警報に含まれません。噴火警報レベル 4以上が特別警報の扱いとなり、レベル 5がJ-ALERTの対象になるのです。どう考えても噴火した瞬間を捉える噴火速報こそ特別警報だと思うのですが、その様なシステム整備は されていません。

 昨年の御嶽山噴火時は、噴火警報がレベル 3でした。もしその時に噴火速報があったとしても、その噴火速報は、特別警報扱いでもなく J-ALERTの対象にもならないのです。気象庁は、噴火速報をテレビ・ラジオを通じて知らせると言っています。ところがNHKは、噴火速報が発令されたら いち早くどう伝えるのか? 特別警報の様なマニュアルを発表していません。

 また長野県のラジオ・テレビ局も同様です。さらに噴火速報自体も どの程度の活火山噴火で発令されるのか、いまいち理解が進みません。登山者や火山の周辺に立ち入る人々に対して、命を守るための行動を取れるようにするのが速報の目的ならば、やはり噴火速報は、特別警報・Jアラートの対象とすべきなのですが、どうもはっきりしないのです。

 噴火速報 と 噴火警報はどう違うのか? そして噴火速報が気象庁から発表された場合、対象火山をサービスエリアに含むラジオ・テレビ局は、いち速くどう伝えるのか? このマニュアルは 国内の活火山活動が活発な今、至急整備していく必要があると考えます。噴火速報は、即時の噴火警報として、緊急地震速報と 同じウェイトにすべきです。


ブログ開始は 2003年です。

Mail-form


 頂いたメール内容の秘密は 厳守しています。

Search

Pageguide

 長野県 松本市 に在住している、FM長野 リスナー「ラジオネーム:チャート★ドランカー」の個人ブログです。お読み頂き ありがとう ございます。ここは、2015年08月21日 の週間選曲リスト と『 噴火速報 と 噴火警報 』に関する週間放送視聴日記のページです。

 「週間選曲リスト」では、ラジオ・テレビ放送音楽に関する私の評論を、5曲ごとの選曲と順位で、象徴的に表現しています。「週間放送視聴日記」には、徒然なるままな身辺雑記を織り交ぜながら、オールラウンドなラジオ・テレビ番組のレビューやデータが掲載されています。

 広告等は一切表示しないポリシーで、ブログ開始時から運営しているテキストブログです。デザイン総てが、オリジナルの自作で構成されています。週 1回「定点観測」の積み重ねによって、信州のラジオ・テレビ放送の歴史を、この小さなブログで、ゆるやかに紡いでいく事が出来れば嬉しい限りです。