FM長野リスナーである ラジオネーム:チャート★ドランカーの個人ブログです。
私の 週間選曲リスト と 週間放送視聴日記 を 公開・保存しています。

第29回ランキング

   
  1. 第 1 位 ( △ )
    kazami“I Say A Little Prayer”
    NBS フジ・火曜時代劇「大奥」主題歌

  2. 第 2 位 ( ▽ )
    元ちとせ「千の夜 と 千の昼」
    コカ・コーラ日本茶飲料 テレビCMソング

  3. 第 3 位 ( ⇒ )
    NHK総合・連続テレビ小説「こころ」テーマ音楽 及び 劇中効果音楽 [吉俣良]

  4. 第 4 位 ( ★ )
    NHK総合・金曜時代劇「茂七の事件簿3 ふしぎ草紙」テーマ音楽 及び 劇中効果音楽 [坂田晃一]
    ♪心底に染みていく和声を感じさせる時代劇テーマ音楽。

  5. 第 5 位 ( ▽ )
    ABN テレ朝・木曜ドラマ「菊次郎 と さき」テーマ音楽 及び 劇中効果音楽 [坂田晃一]


 約 300本保管しているテレビ録画テープの整理は、まだ続いています(笑)。ラベルを貼っていないテープは、再生しないと解りません。そして再生すると、往年のテレビ番組に見入ってしまいます(笑)。これでは なかなか進みません。そんな整理作業のさなか「連続テレビ小説」のナイトバージョン「ドラマ新銀河」の録画テープが出てきました。

 NHK大阪(BK)制作のドラマ新銀河「くろしおの恋人たち」(1994年10月 ~ 11月 全 16回 本放送)を覚えている方は少ないはずです。バブル崩壊で就職難になった女子大 4年生の吉野桃子(裕木奈江)と、桃子が夏休みのゼミの合宿中に知り合った、父が海難で行方不明の漁師・海野浩(榊原利彦)の、和歌山県 串本・那智勝浦を舞台とした恋愛ストーリーです。

 この連続ドラマは、堀井勝美が制作した劇伴音楽が 本当に素晴らしい です。実に素晴らしい和声な美しいテーマ音楽が流れる、串本・那智勝浦のタイトルバックも秀逸です。また ひとつ ひとつの劇伴も、ドラマストーリーや背景に見事マッチしています。視聴していて、かつてのNHK少年ドラマシリーズ「つぶやき岩の秘密」の劇伴音楽を想起してしまうほどでした。

 脇の配役も実に凝っています。優柔不断で兄の いいなり となり、ゼミ生である桃子にプロポーズまでしてしまう鳥山 助教授に、まだ新進俳優だった阿部寛。那智の神官でありながら弟の出世だけを生き甲斐にし、弟の隠し子まで育てている鳥山 助教授の兄は、あのイッセー尾形、海難事故で失踪した浩の父には、藤山寛美の愛弟子・松竹新喜劇の小島慶四郎 が配役されています。

 さらに鳥山 助教授の元恋人で隠し子の母だった美香には、日活女優の永島暎子。吉本新喜劇から岡八郎・桑原和男。時代劇俳優の栗塚旭など、芸達者達が脇を固めています。松竹新喜劇 と 吉本新喜劇の俳優が、テレビドラマで共演するのは、珍しいケースです。また京都太秦の時代劇俳優が、現代劇に出演するのも珍しく、BKのキャスティングに創意工夫がみられます。

 本放送開始時ノーマークで、テーマ音楽のあまりの素晴らしさに、第5回放送から録画を開始したのを、再視聴しながら思い出しました。この素晴らしいテーマ音楽 と 劇伴音楽を放送記録しておく意味でも、このドラマの録画は、全て保存の価値があります。このドラマ新銀河「くろしおの恋人たち」の録画テープは、今回 デジタル化してDVDに焼きました。


(追記) ドラマ新銀河「くろしおの恋人たち」は、全話NHKアーカイブスに保存されている事が確認されており、私は 第5回から最終回までエンコードし、MPEGファイルで保存しています。

(追記) ドラマ新銀河「くろしおの恋人たち」は、さらにMPEGファイルからMP4ファイルに変換して、USBメモリーで保存しています。


ブログ開始は 2003年です。

Mail-form


 頂いたメール内容の秘密は 厳守しています。

Search

Pageguide

 長野県 松本市 に在住している、FM長野 リスナー「ラジオネーム:チャート★ドランカー」の個人ブログです。お読み頂き ありがとう ございます。ここは、2003年07月18日 の週間選曲リスト と『 くろしおの恋人たち 』に関する週間放送視聴日記のページです。

 「週間選曲リスト」では、ラジオ・テレビ放送音楽に関する私の評論を、5曲ごとの選曲と順位で、象徴的に表現しています。「週間放送視聴日記」には、徒然なるままな身辺雑記を織り交ぜながら、オールラウンドなラジオ・テレビ番組のレビューやデータが掲載されています。

 広告等は一切表示しないポリシーで、ブログ開始時から運営しているテキストブログです。デザイン総てが、オリジナルの自作で構成されています。週 1回「定点観測」の積み重ねによって、信州のラジオ・テレビ放送の歴史を、この小さなブログで、ゆるやかに紡いでいく事が出来れば嬉しい限りです。