FM長野リスナーである ラジオネーム:チャート★ドランカーの個人ブログです。
私の 週間選曲リスト と 週間放送視聴日記 を 公開・保存しています。

第495回ランキング

   
  1. 第 1 位 ( ⇒ )
    abn テレ朝・ドラマ「警視庁捜査一課9係」劇中効果音楽 [吉川清之]

  2. 第 2 位 ( ⇒ )
    城南海 ~ きずきみなみ“Silence”
    NHK BSプレミアム・BS時代劇「薄桜記」主題歌

  3. 第 3 位 ( ⇒ )
    NHK総合・大河ドラマ「平清盛」テーマ音楽 [吉松隆]

  4. 第 4 位 ( ★ )
    バーブ佐竹「ててご橋」
    CS 時代劇専門チャンネル・時代劇「子連れ狼」主題歌
    ♪非常に美しい転調アレンジが味わえる伝説の時代劇主題歌。

  5. 第 5 位 ( ⇒ )
    Adele“Set Fire To The Rain”
    NBS フジ・ドラマ「息もできない夏」オープニング テーマ


 ラジオメディアの不況が続いている様です。あれだけ人気があった東京のJ-WAVEは、昨年度決算が 4500万円の赤字。今年は300万円の連続赤字です。大阪のFM802も昨年度は、なんと2億円の赤字。今年度決算は、どうにか 4500万円の黒字を計上しましたが、ロスは吸収されず、両局共に経営が尋常でありません。

 一方JFNのキー局TOKYO FM(エフエム東京)は今年度 4億3472万の黒字を計上しています。TOKYO FMには、元々 高い利益の内部留保(約230億)があり、経営は極めて安定しています。しかし、ミュージックバードを含めて、全国JFN加盟局をリードしていかなければならない立場にあります。

 昔のFM東京は、全年齢層のリスナーを対象とした、極めて質の高い放送を続けていました。それが現在の様に、若年齢層へシフトしたオーディエンス・セグメント編成に舵を切ったのは、ある理由があったからです。それは 1985年12月のFM横浜 開局でした。FM横浜は、従来の民放FMラジオ放送の概念を、根底から覆したのです。

 FM三重・FMぐんまが開局していたJFNは、FM横浜の開局が具体化した時に、当然FM横浜の出資者グループに、JFN加盟を勧めました。当然JFNから番組供給を受けたほうが、編成は楽ですし、経営安定の見通しもつきます。ところが、それを頑強に撥ね付けた人が、FM横浜の開局準備室にいたのです。小谷野修 という方でした。

 小谷野修 さんは、伊藤忠商事の流通企画部長を勤めていましたが、オイルショック絡みの大スキャンダル事件に巻き込まれます。平社員への降格を受け入れて、伊藤忠商事の警備員として働く道を選んだのです。その前代未聞の逆境に耐える姿をみていた、横浜の上野豊・上野運輸商会 社長(現在・横浜エフエム放送 代表取締役会長)に、小谷野さんは 認められ引き抜かれます。

 その時 立ち上がり始めていたFM横浜の開局準備を、上野 社長から任されました。小谷野修 さんは、開局準備に全く既存マスメディアの助力を借りませんでした。横浜は若者文化の街だから、それに似合ったFMラジオ局を作ろうと、米国のFMラジオ局のタイムテーブルを集める事から始めたのです。全く 1からスタートし、独力で開局準備をおし進めます。

 そして あらゆるネットワークの傘下に入らず、完全に独立した県域FMラジオ局を開局させてしまいました。そして開局当時は、“ SUN’S SUMMER STATION ”と題して、17時間連続の英語放送を実施し、ステーションカラーを鮮明化。大野義和・山ノ井友司・帆足由美・山下くに子 の局アナ 4名に、徹底したワンマンDJによる平日の生ワイドを担当させました。

 特に平日 午前中が圧巻でした。タイムテーブルに朝ワイドの番組名が無いのです(笑)。月から水は 大野 アナ、木・金が 山ノ井 アナの担当とだけ明記されていました。午前 8時のFM横浜ニュースから、情報ゾーンと音楽の繰り返しに、スホンサー冠のコーナーを挟んでいく、アメリカン ラジオ スタイルによる“ Morning Zoo Format ”をFM横浜の朝へ導入したのです。

 24時間 毎正時には、必ず横浜そごう提供の時報が流れ、FM東京が望星高校講座をオンエアーしていた夜間には、まるで在日米軍放送の様な英語DJ番組を中心に据えました。午後 10時からは「ヨコハマ ラジオナイト」として渡辺美里・佐藤竹善・谷村有美など、オールナイトニッポンのFM版とも言えるフリーDJを連日 生放送しました。

 さらにジェット ストリームの真裏となる午前 0時からは、日本初のマスターミックス番組“MARUI 24 CLUB”をオンエアーしたのです。それも土日も含めた週 7日の全日放送でした。土曜夜は、3時間に渡り「サタディ電話リクエスト」を生放送。リクエスト数の集計でオリジナルベストテンを発表するなど、極めて斬新な編成をFM横浜は 貫いていました。

 FM横浜は、聴取率的にも経営的にも、首都圏のラジオで成功を修めます。このFM横浜の成功に多大なる影響を受けたのが、その後J-WAVE開局準備に携わっていた 横井宏 氏でした。小谷野修 FM横浜常務が創始した、JFN非加盟の独立FMラジオ局のコンセプトを、さらに進化させて、第2東京民放FM局 J-WAVEの成功に繋げていきます。

 小谷野修 常務は、J-WAVEの台頭に危機感を持ち、本社をランドマークタワーへ移転させ、FM横浜を「ハマラジ」と改称する第2の開局を決行します。ですがブレイクしたJ-WAVEの人気を抑える事は出来ず、第2の開局は 上手くいきませんでした。小谷野修 常務は、代表取締役副社長の地位で、その後 FM横浜から去っています。

 私は当時、音楽業界誌「ミュージック・ラボ」で、小谷野修 常務の長文インタビューを読んだ事があります。文中 この発言が 今でも忘れられません。 横浜が若者の街だから、英語DJなど徹底した若者志向のラジオ局を作った。もしお年寄りが多い県なら全く逆の方法論を採った。 FM横浜のコンセプトは、小谷野修 常務の人口動態に基づく編成原論だったのです。

 しかし、小谷野修 FM横浜常務が創始したコンセプトは、人口動態 関係なしに、未だ全国の県域FM局の編成ベースとなっています。もしTOKYO FMが、エフエム東京のまま、午後 6時半に望星高校講座をオンエアーするほど(笑)局のコンセプトを変えなかったら、少子高齢化社会を迎えた この 2012年に、ラジオ聴取率でトップになっていたかも知れません。

 現在ネットで小谷野修 さんの名前を検索しても、殆ど情報が出てきません。我が国 民放FMラジオの革命的先駆者だった 小谷野修 さんの存在が、確実に忘れられていきつつあります。されど小谷野修 元FM横浜常務取締役が開発した、若年齢層ターゲットのオーディエンス・セグメント編成は、少子高齢化社会の中で、身動きが取れないほど まだFMラジオ業界を支配しています。


ブログ開始は 2003年です。

Search

Mail-form


 頂いたメール内容の秘密は 厳守しています。