FM長野リスナーである ラジオネーム:チャート★ドランカーの個人ブログです。
私の 週間選曲リスト と 週間放送視聴日記 を 公開・保存しています。

第494回ランキング

   
  1. 第 1 位 ( ⇒ )
    abn テレ朝・ドラマ「警視庁捜査一課9係」劇中効果音楽 [吉川清之]

  2. 第 2 位 ( △ )
    城南海 ~ きずきみなみ“Silence”
    NHK BSプレミアム・BS時代劇「薄桜記」主題歌

  3. 第 3 位 ( ▽ )
    NHK総合・大河ドラマ「平清盛」テーマ音楽 [吉松隆]

  4. 第 4 位 ( ★ )
    矢井田瞳「サヨナラありがと」
    abn テレ朝・木曜ミステリー「京都地検の女」主題歌
    ♪少しアレンジはフラットな感じもするが独特の歌唱抑揚。

  5. 第 5 位 ( ⇒ )
    Adele“Set Fire To The Rain”
    NBS フジ・ドラマ「息もできない夏」オープニング テーマ


 『第30回 オリンピアード競技大会』が 13日 閉幕しました。大詰めの大会 16日目では、ボクシング男子競技において、1964年 東京大会以来 48年ぶりの 金メダル。さらに大会最終日の閉会式 7時間前にも、レスリング男子競技で日本選手が、1988年 ソウル大会以来 24年ぶりとなる 金メダルを獲得しました。閉会直前の金メダルには、特段の感慨を覚えました。

 【ロンドン夏季五輪優勝記録:ボクシング男子ミドル級・村田諒太 選手「金メダル」 レスリング男子66キロ級・米満達弘 選手「金メダル」】

 7つ目の金メダルを獲得したレスリング男子決勝を生放送で視聴しましたが、自衛隊体育学校・米満達弘 3等陸尉の気迫あふれる素晴らしい試合と、大会最終日で聴けた君が代には大変感動しました。競技日程前半は金メダル獲得に伸び悩み傾向がみられましたが、総メダル数は 2004年 アテネ大会の記録を抜く最多新記録の計 38個となりました。

  【獲得総メダル数:金 7 銀 14 銅 17】

 銀・銅メダルの増加には長期的な選手強化の成果と、今後の夏季五輪での活躍可能性を示唆していると思います。2週前の このブログで、各国獲得メダル数の序列の仕組みについて書きました。その時点で例として示した 開催国・イギリスは、金 2個と伸び悩んでいましたが、最終的には 一気に 14倍以上となる(笑)29個まで伸びました。

 同じく例として示した カザフスタンは、日本と同じ金 7個で終わり、銀は 1個だけのカザフスタンより日本が序列で上位となりました。但し お家芸・柔道の不振など、いくつかの課題も出てきました。中日新聞では 不振の原因として、東日本大震災の被災者を励ますため「金を取る」と公言する選手が多く それが重圧となったのでは? と、識者の見解を紹介しています。

 結果を先に考えるのは、競技面で逆効果との分析です。期待に応える事を義務としてしまえば、スポーツ競技選手として 必要以上のプレッシャーが かかる事は 当然です。純粋な応援する人々に「安請け合いをさせるな」と制限をかけるのは難しいものがあります。しかし、実力ある選手が競技に打ち込める環境整備は、応援する在野から まず始めるべきです。

 警備に地対空ミサイルまで準備したロンドン夏季五輪は無事終了しました。ところで少し気になるのは、次回リオデジャネイロ大会の開催日程です。2016年 8月 5日から21日までとなると、南半球ですから夏季ではなく「冬季」五輪になってしまう(笑)気もしますが、海洋性熱帯気候に属するリオデジャネイロは、1年を通して高温が維持されています。

 今日(日本時間17日)のリオデジャネイロの気温予想は、最高 27度・最低 18度と、冬なのに(笑)夏季五輪に適した気象です。次回は、最大時差の完全に昼夜が逆転したオリンピック放送となりそうです。その次は、時差ゼロになるのでしょうか?(笑)。ご苦労様でした日本選手団。連日のオリンピック放送視聴お疲れ様でした。


 このブログのカウンター(ページビュー)が 15日に 21万 を突破しました。ご愛読 頂き ありがとう ございます。


ブログ開始は 2003年です。

ブログ内 検索

独自のサーチエンジンで
対象リストを即時表示します。

Pageguide

 長野県 松本市 に在住している、FM長野 リスナー「ラジオネーム:チャート★ドランカー」の個人ブログです。お読み頂き ありがとう ございます。ここは、2012年08月17日 の週間選曲リスト と『 ロンドン夏季オリンピック 閉幕 』に関する週間放送視聴日記のページです。

 「週間選曲リスト」では、ラジオ・テレビ放送音楽に関する私の評論を、5曲ごとの選曲と順位で、象徴的に表現しています。「週間放送視聴日記」には、徒然なるままな身辺雑記を織り交ぜながら、オールラウンドなラジオ・テレビ番組のレビューやデータが掲載されています。

 広告等は一切表示しないポリシーで、ブログ開始時から運営しているテキストブログです。デザイン総てが、オリジナルの自作で構成されています。週 1回「定点観測」の積み重ねによって、信州のラジオ・テレビ放送の歴史を、この小さなブログで、ゆるやかに紡いでいく事が出来れば嬉しい限りです。