FM長野リスナーである ラジオネーム:チャート★ドランカーの個人ブログです。
私の 週間選曲リスト と 週間放送視聴日記 を 公開・保存しています。

第698回ランキング

   
  1. 第 1 位 ( ⇒ )
    NBS カンテレ・ドラマ「ON 異常犯罪捜査官 藤堂比奈子」テーマ音楽 及び 劇中効果音楽 [菅野祐悟]

  2. 第 2 位 ( △ )
    abn テレ朝・ドラマ「刑事7人」テーマ音楽 及び 劇中効果音楽 [吉川清之]

  3. 第 3 位 ( ▽ )
    NHK総合・大河ドラマ「真田丸」テーマ音楽 及び 劇中効果音楽 [服部隆之]

  4. 第 4 位 ( ★ )
    George Winston“Longing/Love”
    JT テレビCM音楽
    ♪日本のひととき 水引篇のCMで流れる美しい佳曲。

  5. 第 5 位 ( ▽ )
    宇多田ヒカル「花束を君に」
    NHK総合・連続テレビ小説「とと姉ちゃん」主題歌


 リオデジャネイロ夏季オリンピックは前半戦が終了し、日本選手は既に 金メダル 7個を獲得。2004年 アテネ夏季五輪以来となるゴールドラッシュの様相を呈しています。このブログでも何度か紹介している五輪メダル獲得数での「国別 世界ランキング」。金メダル数が最優先で評価される このランキングで、大会第7日を終えた 12日現在、日本は 3位まで上昇しています。

 【リオデジャネイロ夏季五輪優勝記録:競泳男子400メートル個人メドレー・萩野公介 選手「金メダル」 柔道男子73キロ級・大野将平 選手「金メダル」体操男子団体総合・日本チーム「金メダル」体操男子個人総合・内村航平 選手「金メダル」 柔道女子70キロ級・田知本遥 選手「金メダル」 柔道男子90キロ級・ベイカー茉秋 選手「金メダル」競泳女子200メートル平泳ぎ・金藤理絵 選手「金メダル」 】

 大会2日目のウエイトリフティング女子48キロ級・銅メダルの三宅宏実 選手は、コーチが1968年 メキシコ夏季五輪銅メダリストである、陸上自衛隊・元1等陸佐の実父・三宅義行 氏です。試技で失敗しても落ち着きはらって、三宅宏実 選手を励ますコーチの姿には 親娘の愛情に満ちた、どんな競技の師弟関係よりも深いものを感じました。

 そして銅メダルが確実になる最後の試技が見事成功した後、三宅宏実 選手は、そのバーベルに また駆け寄り、ありがとう と撫でていました。試技が成功しても 失敗しても、降ろしたバーベルには 見向きもしない選手が殆どの中、三宅宏実 選手の姿には、根底からウエイトリフティングという競技を愛しているんだなと、誰もが理解できました。

 またカヌースラローム 男子カナディアンシングル・銅メダルの 羽根田卓也 選手の姿にも、他競技にはない純粋な感動がありました。正直言って私は、カヌースラローム競技に関して全くの門外漢で、数多くのゲートに触れるだけで 2秒減点、不通過ならば 50秒という最下位確実なほど致命的な減点をされてしまう、厳しいタイムトライアルレースだと、今回初めて知りました。

 カヌースラローム競技は、ゴールしてからもレースが終わるまで、選手がゴール地点でカヌーに乗ったまま待機しており、銅メダルが確定した瞬間に泣き出してしまった羽根田 選手に、スペイン と チェコの選手がカヌーで近づき祝福するシーンは、単身カヌーの本場・スロバキアで武者修行をしてきた羽根田 選手の気持ちを知るに至り、金メダル以上の感動を覚えました。

 人気競技の競泳などは、レース後のインタビューで、結果に拘わらず隙のないコメントをスラスラ滑舌良く話す姿に、タレント気取りまでとは言いませんが(笑)個人的には ちょっと閉口していました。ウエイトリフティングの三宅宏実 選手と、カヌースラロームの羽根田卓也 選手。ふたつの秀逸な銅メダルに、心からの賛辞を贈りたい気持ちです。

 日本は、銅メダルが現在 13個と際立っており、2020年 東京夏季五輪へ順調に選手強化が進んできている事を示しています。最大時差 12時間の夏季五輪テレビ観戦は、完全に昼夜逆転となり、日程が進む毎にライブ視聴がどんどん厳しくなっています。連日深夜から午前にかけてのオリンピック放送視聴 お疲れ様です。


ブログ開始は 2003年です。

ブログ内 検索

独自のサーチエンジンで
対象リストを即時表示します。

Pageguide

 長野県 松本市 に在住している、FM長野 リスナー「ラジオネーム:チャート★ドランカー」の個人ブログです。お読み頂き ありがとう ございます。ここは、2016年08月12日 の週間選曲リスト と『 リオデジャネイロ夏季五輪 秀逸な銅メダル 』に関する週間放送視聴日記のページです。

 「週間選曲リスト」では、ラジオ・テレビ放送音楽に関する私の評論を、5曲ごとの選曲と順位で、象徴的に表現しています。「週間放送視聴日記」には、徒然なるままな身辺雑記を織り交ぜながら、オールラウンドなラジオ・テレビ番組のレビューやデータが掲載されています。

 広告等は一切表示しないポリシーで、ブログ開始時から運営しているテキストブログです。デザイン総てが、オリジナルの自作で構成されています。週 1回「定点観測」の積み重ねによって、信州のラジオ・テレビ放送の歴史を、この小さなブログで、ゆるやかに紡いでいく事が出来れば嬉しい限りです。