FM長野リスナーである ラジオネーム:チャート★ドランカーの個人ブログです。
私の 週間選曲リスト と 週間放送視聴日記 を 公開・保存しています。

第884回ランキング

   
  1. 第 1 位 ( ⇒ )
    NHK総合・大河ドラマ「麒麟がくる」テーマ音楽[ジョン・グラム]

  2. 第 2 位 ( ⇒ )
    Billie Eilish“No Time To Die”

  3. 第 3 位 ( △ )
    スカート「標識の影・鉄塔の影」
    テレビ東京・ドラマ25「絶メシロード」主題歌

  4. 第 4 位 ( ★ )
    NHK BS プレミアム・外国テレビドラマ「刑事コロンボ」劇中効果音楽[Dave Grusin]
    ♪初回放送ラストシーンに流れた秀逸の劇伴。

  5. 第 5 位 ( ▽ )
    Creepy Nuts「オトナ」
    テレビ東京・ドラマ24「コタキ兄弟と四苦八苦」オープニング テーマ
    ♪1位 5週、登場10週。


 「新型肺炎」(COVID-19)は、全世界でパンデミックとなり、その猛威は とどまるところを知りません。英国では ジョンソン首相が罹患し、日本では ザ・ドリフターズの志村けん 氏が犠牲になりました。2009年の新型インフルエンザ程度だと、たかを括っていた人々でさえ、極めて強い感染力と、重篤な病状に進行する可能性の高さに、戦慄を覚え始めています。

 今年開催予定だった東京夏季五輪は史上初の「延期」となりました。新たな大会日程は、2021年 7月23日から 17日間と決定しています。私は、先週から今週にかけて、所用で松本市役所、仕事で安曇野市役所へ行ったのですが、華々しく飾り付けられていた聖火リレーを周知させる懸垂幕や 展示物は、どちらも跡形もなく撤去されていました。

 今回の延期決定で、大変気になるのは、マラソン競技を札幌市で分散開催を性急に決めてしまった時の様に、新型肺炎のパンデミックが 1年で収束すると勝手に見込んでいる点です。「新型コロナウイルスによる前例のない危機を克服した人類の祝祭になる。」とのバッハ IOC会長のコメントは、最近のスポーツ界に蔓延している感動の先物買い以外の何物でもありません。

 かと言って、麻生 副総理の国会答弁の様に、40年周期に着目して「呪われたオリンピック」と発言してしまうのも どうかと思いますが(笑)この新型肺炎を甘く考えて、社会行動を起こしては 致命的なミスに繋がります。パンデミック化したウイルスは、高確率で変異を起こし、その変異したウイルスが強毒性を有するか否かで、2次流行の規模に雲泥の差が生じるのです。

 桜を見る会の糾弾に ほろ酔い加減だった(笑)日本のマスメディアは、明らかに新型肺炎に関して警鐘を鳴らすのが遅れていました。私が視聴したCNNテレビでは、最も重要な流行曲線のグラフィックを掲げて、新型肺炎のカーブが、新型インフルエンザのカーブより、指数関数的に急上昇する予測を示したにも係わらず、これを報道する日本のマスメディアは皆無でした。

 結局、鈴木直道 北海道知事が掲げた、道内「緊急事態宣言」の6文字、小池百合子 東京都知事が掲げた「感染爆発 重大局面」の8文字を、間接的に報道する事によって、かろうじて広範な国民に深刻さが伝わりました。平時でないと雄弁にならない、スポーツ報道では、芸能ニュースの如くカラ人気を煽る、日本のマスメディアに伝染していた資質欠陥が露わになっています。

 先々月に起きていたクルーズ船内での急激な感染拡大は、重大な予兆シグナルを示していました。そして今週 イタリアで、医師 50名が新型肺炎で亡くなっていた事例は、新しい重大な予兆シグナルを発しています。都市封鎖、そして鎖国という信じられない語彙まで飛び出している昨今、パンデミックは、東日本大震災をも超越した国難にまで進行しつつあります。


ブログ開始は 2003年です。

Search

Mail-form


 頂いたメール内容の秘密は 厳守しています。