FM長野 リスナーである ラジオネーム:チャート★ドランカーの個人ブログです。
私の 週間選曲リスト と 週間放送視聴日記 を 公開・保存しています。

第454回ランキング

公開 : 
  1. 第 1 位 ( ⇒ )
    NHK BSプレミアム・BS時代劇「塚原ト伝」テーマ音楽 [川井憲次]

  2. 第 2 位 ( ⇒ )
    初音「紡ぎ ~ あまねく想い」
    abn テレ朝・木曜ミステリー「科捜研の女」主題歌

  3. 第 3 位 ( △ )
    abn テレ朝・木曜ミステリー「科捜研の女」劇中効果音楽 [川井憲次]

  4. 第 4 位 ( △ )
    都竹宏樹「青いバス」
    NHK総合・紀行番組「のんびり ゆったり 路線バスの旅」テーマソング

  5. 第 5 位 ( ★ )
    あみん「待つわ」
    SoftBank テレビCMソング
    ♪編曲が重要な意味を有する1982年の秀逸曲。


 全国の稲作は 刈り取りの時期が終わり、福島県産のお米も放射性物質検査の結果、安全性が確認されました。福島の農家の方は、被災地で大変苦労され収穫の季節を迎えています。

 最近 文部科学省から空中放射線の測定調査結果が発表され、ホットスポットと称する地域も数多く判明しました。ところが この結果は、自然から発生する放射性物質と一部混同されています。

 例えば新潟県で高い濃度の結果が出た地域と、花崗岩が多く露出した地域は一致しています。花崗岩からも放射性物質が発生するのです。その点は きちんと調べて発表しなくてはなりません。ちなみに、花崗岩つまり御影石が多く使用されている国会議事堂もホットスポットだそうです(笑)。

 東日本大震災による福島第1原発事故が表面化した直後、私は 25年前に起きたチェルノブイリ原発事故の汚染地域地図を、ネットで食い入る様に見た事がありました。

 その地図には、汚染地域が原発付近に集中するのではなく、全くまだら状に広範囲に拡散し、降雨と風の状況によって、比較的遠隔地にも高濃度の汚染地域が存在してしまう事を知り愕然としました。

 自然からではない放射性物質が比較的高く検出する地域は、北関東から首都圏にも やはり まだらに拡散しています。

 私が住まいする松本市の菅谷昭 市長は、チェルノブイリ原発事故の際、現地で 5年半の医療従事経験を持っている医学博士です。

 この日本で福島第1原発事故の重大性を最も認識している人物ですが、声高に不安をあおる事は絶対にしません。

 私は、地元CATV・テレビ松本で、菅谷 市長の記者会見生中継を何度か視た事があります。その受け答えや実際の市政から菅谷 市長は、私が知る自治体首長の中で極めて優れた人物だと感じています。

 菅谷 市長は、あの田中康夫 元県知事時代に当選しましたが、真っ先に田中支持グループの分類から決別し、独自に穏やかで着実な市政を推進しました。

 今回の福島第1原発事故でも、甲状腺に影響の出やすい 40歳未満の市民11万人分について、安定ヨウ素剤の備蓄を決定しています。最短距離の原発から 150キロも離れているにも かかわらず、あらゆる危機を想定して備蓄をする姿勢は称賛に値します。

 一方 少し気になるのは、阿部守一 県知事です。

 阿部 県知事も田中 元県知事時代に、副知事として抜擢された経緯があります。そして昨年 民主党推薦で長野県知事に当選しました。

 そつなく県政の舵取りをしている印象を受けていましたが、この福島第1原発事故に関して、飲用ヨウ素剤の備蓄をしないと公言しました。飲用ヨウ素剤の効能に疑問があるのか、財政的な問題があるのか、その理由は はっきり報道されません。

 しかし今、この様にホットスポットの拡がりが騒がれている段階で、備蓄をしないと宣言してしまう事に妙な自信と官僚臭さを感じます。

 福島第1原発事故の重大性を最も深く認識しても、声高にならず市長として出来る限りの施策をとろうとする菅谷 市長と、重大性を認識していたとしても、理屈が合えば後退的な施策を公言してしまう阿部 知事。ふたりの首長の政治的タイミングの取り方に際立った違いが現れています。


(追記) 2011年12月28日に、阿部守一 長野県知事から、このブログの更新通知をしている twitterへフォローがあり、この週間放送視聴日記について、2ツィートに渡る長文のご意見が伝えられました。

 阿部 知事の真意を お知らせする目的を達するため、まずツィートを そのまま転載致します。

 @chartdrunker 長野県では、放射線の測定等にできる限りの対応を行っています。ヨウ素剤は、放射性物質の拡散予測や医師の指示も必要で、備蓄するだけでは有効に活用できません。政府は今でも全国の都道府県にSPEEDIの端末を配備しません。そうした対応と併せて考えます。

 また、全国の自治体で独自の取り組みが行われていますが、危機の精度や数値の公表等に差があります。長野県の取り組みは、改善、強化が必要ですが、測定機器の精度や、データの透明性においては、進んでいると考えています。引き続き安心安全のための取り組みを進めます。

 阿部 知事、ご丁寧な意見 ありがとう ございました。

 このご意見に関する私からの根本的な異論はありません。ただ この日記で私が言いたかったのは、政治的タイミングの取り方なのです。なぜこの時点でヨウ素剤備蓄をしないと決断し公表してしまうのか、そのタイミングです。

 今般の原子力災害の問題に関して、議論が分かれる様な対策の存否の判断は慎重であるべきだと考えます。

 国難と言える極めて重大な原子力災害問題で、自ら新たな想定内・想定外のフェンスを張る様に映る政策の公表は、知事として如何なものかと言いたかっただけです。

 阿部知事のご真意は充分理解致しました。住まいする県知事である阿部守一 様 からのtwitterへのフォローありがとう ございます。一(いち)個人ブログですが、これを機会に ご愛読頂ければ幸いです。

 2012年10月 5日に 阿部守一 長野県知事は、原子力規制委員会が 原発から半径50キロ圏内を目安とする安定ヨウ素剤 事前配布について検討開始した事を受け、県も独自に安定ヨウ素剤の備蓄や購入を検討する方針を示しました。

 やはり昨年 飲用ヨウ素剤の備蓄をしないと公言した事は、施策広報の点からもフライング気味だった様です。


ブログ開始は 2003年です。

ブログ内 検索

独自のサーチエンジンで
対象リストを即時表示します。

G U I D E

 長野県 松本市 に在住している、FM長野 リスナー「ラジオネーム:チャート★ドランカー」の個人ブログです。

 お読み頂き ありがとう ございます。ご愛読者の皆様には、心から感謝申し上げます。

 ここは、2011年11月04日 の週間選曲リストと『 菅谷市長 と 阿部知事の違い 』に関する週間放送視聴日記のページです。

 このブログでは、次の2つのコンテンツを、毎週1リストにまとめて公開・保存しています。画像に依存しないテキストブログです。

 「週間選曲リスト」では、ラジオ・テレビ放送音楽に関する私の評論を、5曲ごとの選曲と順位で、象徴的に表現しています。

 「週間放送視聴日記」には、徒然なるままな身辺雑記を織り交ぜながら、オールラウンドなラジオ・テレビ番組のレビューやデータが掲載されています。

 広告等は一切表示しないポリシーで、ブログ開始時から運営しています。デザイン総てがオリジナルの自作です。

 週1回「定点観測」の積み重ねで、FM長野を始めとする信州のラジオ・テレビ放送の歴史を、この小さなブログで、ゆるやかに紡いでいく事が出来れば嬉しい限りです。