FM長野リスナーである ラジオネーム:チャート★ドランカーの個人ブログです。
私の 週間選曲リスト と 週間放送視聴日記 を 公開・保存しています。

第 1回ランキング

   
公開 : 
  1. 第 1 位 ( ★ )
    元ちとせ「この街」
    NHK総合・連続テレビ小説「まんてん」主題歌
    ♪過去の朝ドラ主題歌にはない和声と調性が抜群な佳曲。

  2. 第 2 位 ( ★ )
    奥田民生「まんをじして」
    NBS フジ・シチュエーション コメディ「HR」主題歌
    ♪公開テレビ演劇をエンドで集約するタイトルバックにフィットした佳曲。

  3. 第 3 位 ( ★ )
    NHK総合・外国テレビドラマ「ザ・ホワイトハウス」テーマ音楽 [W.G. Snuffy Walden]
    ♪ドラマのテーマに沿い重厚にシンフォニックされた劇伴音楽。

  4. 第 4 位 ( ★ )
    石川さゆり「天城越え」
    第53回 NHK紅白歌合戦 トリ曲
    ♪演歌ながら西洋音楽的な調性のある佳曲。

  5. 第 5 位 ( ★ )
    平山綾「来て来て あたしンち」
    ABN テレ朝・アニメ「あたしンち」エンディング テーマ曲
    ♪クラシックの名曲 エルガー「威風堂々」を恐るべき着想でアレンジ。


 明けまして おめでとう ございます。2003年(平成15年)の新春を迎えました。

 この『チャート★ドランカー【FM長野リスナー】BLOG』は、本日から正式スタートです。全曲初登場、このブログの造語では 全曲 リストイン となる、第1回ランキングを公開しました。

 第1回ランキングは、週間選曲リスト・ルール で紹介しました通り、昨年 ブログ準備のため 27週間に渡り作成していた 試行研究順位 をリレーして、選曲・順位決定をしています。

 まず 第1回ランキングの1位には、朝ドラ主題歌である元ちとせ「この街」を、試行研究順位 の最終週(2002年11月15日)1位から、そのまま引き継いで選曲・決定しました。

 2位は、シチュエーション コメディ HR 主題歌である奥田民生「まんを じして」。3位には、インストゥルメンタルの海外ドラマ「ザ・ホワイト ハウス」テーマ音楽。第1回ランキングの上位 3曲は、試行研究順位からスライドしてリストインとなりました。

 4位・5位は、これからの選曲の考え方が端的に表現される様な大胆な選曲を新たにしています。演歌歌手・石川さゆり に、アニメ あたしンち です(笑)。その週に ラジオ・テレビを通じて視聴し、かつ選曲基準に合致した楽曲は 旧譜でも選曲し、美しい音楽ならは、いかなるジャンルでも平等に選曲します。

 この第1回ランキングの 5曲が、週間選曲リスト そして ブログ の源流点になります。そして従来の個人ブログや音楽ブログにはない独創が、ブログの礎石です。

 『チャート★ドランカー【FM長野リスナー】BLOG』は、今週 ラジオ・テレビを通じて視聴した総ての放送音楽の中から 美しい 5曲を、作成上の規定である 週間選曲リスト・ルール に従い順位付で選曲する「週間選曲リスト」と、私のラジオ・テレビ「週間放送視聴日記」で構成されています

 このブログでは、週間選曲リスト と 週間放送視聴日記 を、システマティックに 1週 1ページずつ 積み重ねていきたいと考えています。

 今後とも『チャート★ドランカー【FM長野リスナー】BLOG』を、ご愛読 頂ければ幸いです。何卒よろしく お願い申し上げます。


ブログ開始は 2003年です。

ブログ内 検索

独自のサーチエンジンで
対象リストを即時表示します。

G U I D E

 長野県 松本市 に在住している、FM長野 リスナー「ラジオネーム:チャート★ドランカー」の個人ブログです。

 お読み頂き ありがとう ございます。ご愛読者の皆様には、心から感謝申し上げます。

 ここは、2003年01月03日 の週間選曲リストと『 ブログ 正式スタート 』に関する週間放送視聴日記のページです。

 このブログでは、次の2つのコンテンツを、毎週1リストにまとめて公開・保存しています。画像に依存しないテキストブログです。

 「週間選曲リスト」では、ラジオ・テレビ放送音楽に関する私の評論を、5曲ごとの選曲と順位で、象徴的に表現しています。

 「週間放送視聴日記」には、徒然なるままな身辺雑記を織り交ぜながら、オールラウンドなラジオ・テレビ番組のレビューやデータが掲載されています。

 広告等は一切表示しないポリシーで、ブログ開始時から運営しています。デザイン総てがオリジナルの自作です。

 週1回「定点観測」の積み重ねで、FM長野を始めとする信州のラジオ・テレビ放送の歴史を、この小さなブログで、ゆるやかに紡いでいく事が出来れば嬉しい限りです。