FM長野 リスナーである ラジオネーム:チャート★ドランカーの個人ブログです。
私の 週間選曲リスト と 週間放送視聴日記 を 公開・保存しています。

第229回ランキング

公開 : 
  1. 第 1 位 ( ⇒ )
    工藤静香「雨夜の月に」
    NBS 東海テレビ・ドラマ「麗わしき鬼」主題歌

  2. 第 2 位 ( ⇒ )
    Swing Out Sister“Secret Love”
    花王化粧品 テレビCMソング

  3. 第 3 位 ( △ )
    Linkin Park“What I’ve Done”

  4. 第 4 位 ( △ )
    NHK総合・大河ドラマ「風林火山」テーマ音楽 [千住明]
    ♪素晴らしいタイトルバックも浸透してきた。

  5. 第 5 位 ( ☆ )
    NHK総合・ドキュメンタリー番組「ドキュメントにっぽんの現場」テーマ音楽 及び 予告使用音楽 [番組担当音響スタッフ 独自制作]


 自らが目指したものが、自分の知らない世界で既に実現していた。この様な展開は長い人生において あり得る事です。

 音楽専門放送局の理想とも言える「24時間ワンフォーマット編成」。米国では広く普及していますが「24時間ワンフォーマット編成」を実現した最も古い放送局は、私が考えるに米国ではありません。それはソビエト社会主義共和国連邦、旧ソ連にあったのです。

 歴史は古く1964年、ソ連共産党中央委員会つまり権力中枢である党中央の決定により、新しい音楽専門のラジオ局が誕生しました。

 共産主義の思想教育ガチガチな お堅い各地方別第1放送と異なり、新しく生まれた全連邦第2放送は「Mayak(マヤーク = 灯台放送局)」と呼ばれていました。

 その放送内容は、当時 共産主義国家の国営ラジオ放送と思えないほど斬新でした。

 30分ごとに流れるインターバルシグナル(放送局のテーマ音楽)は、ソロビヨフ・セドイ作曲の「モスクワ郊外の夕べ」。哀愁を帯びた名曲のイントロ4小節をリフレインで流します。

 「こちらはマヤークです。モスクワ時間 何時を お知らせします」。毎正時の時報の後 短いニュースが5分。そして25分間 音楽がノンストップで流れます。

 一切共産主義的アナウンスが入りません。ロシアや周辺民族の民謡・歌謡曲、東欧諸国のヒットソング。そして米国や西洋・アジアはもちろん日本の歌謡曲まで、全世界の音楽がノンカテゴリー・ノンジャンル・フルコーラスで放送されます。

 そして毎時30分になると「モスクワ郊外の夕べ」が流れ、またニュースの後 25分間ノンストップ音楽。この繰り返しを24時間放送し続けます。

 モスクワ時間で出勤タイムは華やかな曲が多く流れます。深夜の時間帯は穏やかな曲が中心となります。まさしく「24時間ワンフォーマット編成」を共産主義国家の旧ソ連全土で放送し続けたのです。

 私は、1980年代当時「マヤーク」の短波中継から、ダークダックスと西城秀樹の曲がオンエアーされたのを この耳で聴いています。

 マヤークは、ソ連国民に親しまれた大変人気のある音楽ラジオ放送でした。

 シベリア鉄道の長距離列車内でも、座席備え付けのラジオから聴くことが出来ました。そして強制収容施設の拡声器でも、毎日マヤークは流れていたそうです。現在もマヤークはロシア連邦共和国内で、中波・FMそして長波を通じて放送され続けています。

 天国のJ-WAVE創始者・横井宏 氏に「あなたの目指していた24時間ワンフォーマット編成は、昔からソ連にあった」と言ったら、どんな顔をされるでしょうか?


ブログ開始は 2003年です。

ブログ内 検索

独自のサーチエンジンで
対象リストを即時表示します。

G U I D E

 長野県 松本市 に在住している、FM長野 リスナー「ラジオネーム:チャート★ドランカー」の個人ブログです。

 お読み頂き ありがとう ございます。ご愛読者の皆様には、心から感謝申し上げます。

 ここは、2007年06月15日 の週間選曲リストと『 Mayak マヤーク 』に関する週間放送視聴日記のページです。

 このブログでは、次の2つのコンテンツを、毎週1リストにまとめて公開・保存しています。画像に依存しないテキストブログです。

 「週間選曲リスト」では、ラジオ・テレビ放送音楽に関する私の評論を、5曲ごとの選曲と順位で、象徴的に表現しています。

 「週間放送視聴日記」には、徒然なるままな身辺雑記を織り交ぜながら、オールラウンドなラジオ・テレビ番組のレビューやデータが掲載されています。

 広告等は一切表示しないポリシーで、ブログ開始時から運営しています。デザイン総てがオリジナルの自作です。

 週1回「定点観測」の積み重ねで、FM長野を始めとする信州のラジオ・テレビ放送の歴史を、この小さなブログで、ゆるやかに紡いでいく事が出来れば嬉しい限りです。