FM長野 リスナーである ラジオネーム:チャート★ドランカーの個人ブログです。
私の 週間選曲リスト と 週間放送視聴日記 を 公開・保存しています。

第230回ランキング

公開 : 
  1. 第 1 位 ( △ )
    Swing Out Sister“Secret Love”
    花王化粧品 テレビCMソング

  2. 第 2 位 ( △ )
    NHK総合・大河ドラマ「風林火山」テーマ音楽 [千住明]

  3. 第 3 位 ( ▽ )
    工藤静香「雨夜の月に」
    NBS 東海テレビ・ドラマ「麗わしき鬼」主題歌

  4. 第 4 位 ( ▽ )
    Linkin Park“What I’ve Done”

  5. 第 5 位 ( ★ )
    高杉さと美「旅人」
    ♪類例の多い旋律だか二胡の用い方は美しく佳曲。


 我が家で飼っているミシシッピ アカミミガメのご存じ かめクン。左前足の脱皮しかけた部分を勝手に剥いて5ミリほど「ズルムケ」しましたが完治し、梅雨の季節を迎えながら元気に過ごしています。梅雨の合間を見て小まめに日光浴をさせています。

 我が家では、私がかめクン の世話を 16年続けています。水棲ガメにとって飼育水の管理が一番重要です。ですから冬眠期間を除き、毎日 飼育水の全交換を続けてきました。

 外来種として強面な亀と言われていますが、ミシシッピ アカミミガメは、実に臆病で怖がりな亀なのです。

 飼育ケースの中では怖がらず安心して、かめクン が日々暮らせる様に心掛けてきました。16年に及ぶ飼育の世話から、やはり かめクン は飼い主を信頼してくれている様です。と言うものの毎日の餌やりや水交換の時間が遅れると不安がります。

 いつぞや真夏に飼育ケースを直射日光に出しっぱなしで、うっかり外出してしまった時は、ケースのフタをぶち破り緊急脱出。居間のテレビ台の日陰に逃げ込んだ かめクン は、帰ってきて事態に気付き慌てる飼い主を見ながら、明らかに ふてくされて いました(笑)。

 それでも16年の間には、冷夏による日光浴不足や軽い皮膚病などありましたが、元気に成長しました。数あるペットの種類の中で、1個体が 16年生き続けるというのはトップクラスの長生きです。

 かめクン に学ぶ長生きの秘訣とは、やはり夜しっかり眠る事だと思います。かめクン は、水中に首を入れて目をつぶり眠ります。

 ごく稀に亀島の上で眠る事もありますが、この場合は日光浴不足とか水質が変化しているとか、少し問題が生じているサインです。このサインに気付いて改善してやると、また水中で眠ります。

 ミシシッピ アカミミガメは音が聴こえます。世界中のミシシッピ アカミミガメの中で、一番テレビやラジオから音楽を聴いてきたのは、うちの かめクン かも知れません(笑)。

 また信憑性は定かではありませんが、亀は眠っている間に夢を見るとの説があります。毎日 飼い主より先に しっかり眠る かめクン は、音楽を聴きながら いったい どんな夢を見ているのでしょうか?

 16年の間 かめクン は飼い主を信頼してくれましたので、これからも この信頼を大切に飼育していきたいと思います。

 私は、1匹の亀を育て続けてきた経験から、どんな小動物にも魂があり心があると信じています。そして長く生きていく秘訣とは、今 生きている環境を理解し溶け込み、マイペースで日々生活していく事に他なりません。それが個性を醸し出していくのです。

 我が家の かめクン は、生きる事とは何か? 教えてくれた素晴らしき存在なのです。


ブログ開始は 2003年です。

ブログ内 検索

独自のサーチエンジンで
対象リストを即時表示します。

G U I D E

 長野県 松本市 に在住している、FM長野 リスナー「ラジオネーム:チャート★ドランカー」の個人ブログです。

 お読み頂き ありがとう ございます。ご愛読者の皆様には、心から感謝申し上げます。

 ここは、2007年06月22日 の週間選曲リストと『 素晴らしきかな かめクン 』に関する週間放送視聴日記のページです。

 このブログでは、次の2つのコンテンツを、毎週1リストにまとめて公開・保存しています。画像に依存しないテキストブログです。

 「週間選曲リスト」では、ラジオ・テレビ放送音楽に関する私の評論を、5曲ごとの選曲と順位で、象徴的に表現しています。

 「週間放送視聴日記」には、徒然なるままな身辺雑記を織り交ぜながら、オールラウンドなラジオ・テレビ番組のレビューやデータが掲載されています。

 広告等は一切表示しないポリシーで、ブログ開始時から運営しています。デザイン総てがオリジナルの自作です。

 週1回「定点観測」の積み重ねで、FM長野を始めとする信州のラジオ・テレビ放送の歴史を、この小さなブログで、ゆるやかに紡いでいく事が出来れば嬉しい限りです。