FM長野リスナーである ラジオネーム:チャート★ドランカーの個人ブログです。
私の 週間選曲リスト と 週間放送視聴日記 を 公開・保存しています。

第231回ランキング

   
  1. 第 1 位 ( ⇒ )
    Swing Out Sister“Secret Love”
    花王化粧品 テレビCMソング

  2. 第 2 位 ( ⇒ )
    NHK総合・大河ドラマ「風林火山」テーマ音楽 [千住明]

  3. 第 3 位 ( △ )
    高杉さと美「旅人」

  4. 第 4 位 ( ⇒ )
    Linkin Park“What I’ve Done”

  5. 第 5 位 ( ▽ )
    工藤静香「雨夜の月に」
    NBS 東海テレビ・ドラマ「麗わしき鬼」主題歌
    ♪1位 2週、登場13週。


 2007年は 上半期が終了し、まもなく折り返し点となります。そこで『2007 上半期順位』を、今週の「週間放送視聴日記」に付記しました。年末に作成する年間ランキング( Year-End Ranking )の中間速報として お知らせするものです。週間選曲リスト・ルールの年間ランキング要項に基づき、上半期順位を確定・決定しました。

 このブログの大切なコンセプトは、独創です。従来にない個人ブログ・放送ブログ、そして音楽ブログを目指しています。ですから よくある音楽チャートの年間(上半期)順位の様に、毎週発表した順位に配点して集計する方式を採りません。1位は 絶対な数的基準。2位から 5位までは 自由な選考基準。ふたつの並立した基準により、年間(上半期)順位を作成しています。

 私が長年 音楽チャートを記録・研究してきた経験から、年間(上半期)順位は、実感と順位の合致が最も重要な要素と考えています。毎年12月最終週で公開する年間ランキングは、あくまでも「年間選曲リスト」です。自動確定する年間 1位楽曲を除き、年間 2位から 5位までの 4曲は、改めて選曲し直し その選曲結果から、累積資料のデータを参考に順位を決定します。

 毎週このブログで公開しているのは「週間選曲リスト」です。12月最終週に公開する年間ランキングは「年間選曲リスト」となり、週数のカウントに含ません。2003年 1月 3日からスタートした週間選曲リストは、今週で 231週目ですが、年間ランキングを公開した 4週分は カウントしませんので、正確には 235週となります。

 年間ランキングは、週間選曲リストを休止して公開する、別格の「年間選曲リスト」と設定しました。その年間ランキングの中間速報である「半年間の選曲リスト」というべき上半期順位は、週間放送視聴日記をお借りし(笑)付記という形で公開しています。独創から始めたシステムが練り上がり、このブログも来年 1月に、満 5周年を迎えます。

 【1位 6週 登場25週】① 風林火山 テーマ音楽。 今年の上半期順位は、対象期間内の週間選曲リストにおいて、選曲条件をクリアした楽曲 8曲の中から、以下の通りに確定・決定しています。


 2007 上半期順位


  1. 第 1 位 ( 6)
    NHK総合・大河ドラマ「風林火山」テーマ音楽 [千住明]

  2. 第 2 位 ( 5)
    柴咲コウ「ひと恋めぐり」
    SBC TBS・愛の劇場「砂時計」主題歌

  3. 第 3 位 ( 2)
    NHK総合・木曜時代劇「柳生十兵衛七番勝負 最後の闘い」劇中効果音楽 [梅林茂]

  4. 第 4 位 ( 4)
    abn テレ朝・ドラマ「相棒」劇中効果音楽 [池頼広]

  5. 第 5 位 ( 2)
    工藤静香「雨夜の月に」
    NBS 東海テレビ・ドラマ「麗わしき鬼」主題歌


ブログ開始は 2003年です。

Mail-form


 頂いたメール内容の秘密は 厳守しています。

Search

Pageguide

 長野県 松本市 に在住している、FM長野 リスナー「ラジオネーム:チャート★ドランカー」の個人ブログです。お読み頂き ありがとう ございます。ここは、2007年06月29日 の週間選曲リスト と『 2007 上半期順位 』に関する週間放送視聴日記のページです。

 「週間選曲リスト」では、ラジオ・テレビ放送音楽に関する私の評論を、5曲ごとの選曲と順位で、象徴的に表現しています。「週間放送視聴日記」には、徒然なるままな身辺雑記を織り交ぜながら、オールラウンドなラジオ・テレビ番組のレビューやデータが掲載されています。

 広告等は一切表示しないポリシーで、ブログ開始時から運営しているテキストブログです。デザイン総てが、オリジナルの自作で構成されています。週 1回「定点観測」の積み重ねによって、信州のラジオ・テレビ放送の歴史を、この小さなブログで、ゆるやかに紡いでいく事が出来れば嬉しい限りです。