FM長野リスナーである ラジオネーム:チャート★ドランカーの個人ブログです。
私の 週間選曲リスト と 週間放送視聴日記 を 公開・保存しています。

第207回ランキング

   
  1. 第 1 位 ( ⇒ )
    abn テレ朝・ドラマ「相棒」劇中効果音楽 [池頼広]

  2. 第 2 位 ( ⇒ )
    FAYRAY「ひとりよりふたり」
    NHK総合・連続テレビ小説「芋たこなんきん」主題歌

  3. 第 3 位 ( ★ )
    NHK総合・大河ドラマ「風林火山」テーマ音楽 [千住明]
    ♪オーソドックスで重厚な旋律構成が、美しいタイトルバックの映像と見事に相乗している佳曲。

  4. 第 4 位 ( ★ )
    倉木麻衣“Season of love”
    abn テレ朝・木曜ミステリー「新・京都迷宮案内」主題歌
    ♪東映CM制作の凝ったタイトルバックにフィットした佳曲。

  5. 第 5 位 ( ⇒ )
    Delta Goodrem“Flawed ~ 埋まらないパズル”


 FM長野・伊織智佳子アナウンサーのパーソナリティ・ダイアリー(昨年12月26日)に、FM長野・松本本社のネオンサインが新しくなったと記載されていました。FM長野パーソナリティ・ダイアリーは、パーソナリティの個人ブログです。しかし、クレジット表示にある通り、記事の著作権は、長野エフエム放送株式会社へ属し、最終的な文責を FM長野が負います。

 新卒入社で 5分番組「はや耳エレファント」からスタートした伊織 アナも、今やFM長野のトップアナです。「はや耳エレファント」で、選曲センスは よく理解できました。数有るFM長野パーソナリティ・ダイアリーの中でも 伊織 アナは、積極的な更新をしており、私も時折 読む様にしており、その時には、内容だけでなく、文章表現の微妙な変化にも注意しています。

 FM長野パーソナリティ・ダイアリーは、文責もあってスローな話題に終始していますが、時折文脈の端々に、各パーソナリティの潜在心理から発するシグナルが出ることがあります。普通の文責者には、チェックしきれないはずです。やはり放送局ならば、パーソナリティー個人のブログではなく、番組のブログを文責管理すべきです。

 伊織 アナの記載によると、今回のネオンサインの改修で、特に見た目の変化はありませんが、夜は うっすらブルーになるらしいです(笑)。以前 ブログにも書きましたが、FM長野・松本本社屋上のSTL塔は、松本市のシンボルだと思っています。毎日 松本市から全県へラジオ放送を続けている事は、NHK松本放送局の自主放送無き今、松本市の誇りであるはずです。

 信州のリスナーはご承知の通り、諏訪市で老舗ケーブルテレビ会社の“LCV”が、この 1月からコミュニティFM局を開局します。県内では長野市・佐久市・飯田市・軽井沢町と 既にコミュニティFM局が放送しており、諏訪市が 5局目になります。FM長野の本社演奏所は松本市にあり、まるで包囲するかの様な(笑)置局が進んでいます。

 特に 今回の諏訪市広域のコミュニティFM局の開局は、準備に関する資料からも 既存局であるFM長野に対して、地域情報の少なさを取り上げているくだりもあります。もし その事を開局意義のひとつとして数えているならば、終始一貫リスナーとしてFM長野を愛聴し続けている私が読んでも、はっきり言ってカチンとくる話です。

 もう少し本社演奏所がある松本市を中心とした、広域なラジオ放送の意義を理解して頂きたいと思います。信州全体へ向けた広域の民放FMラジオ放送は、淘汰や 変遷があっても存在し続けると考えます。この将来への流れに沿って、改修されたFM長野・松本本社正面のネオンサインの様に、FM長野が穏やかに進化していく事を期待しています。


(追記) 「週間放送視聴日記」から、FM長野に関する記載を集めてみました。FM長野リスナーとして気づいた事や気持ちが まとめてあります。
  FM長野について
  FM長野の周波数
  長野エフエム放送 沿革
  FM長野・松本本社の意義
  新しいチャート番組の形
  FM長野ニュース考察
  タイムテ―プルについて
  人口動態とリスナー層
  オーディエンス・セグメント編成
  送信解析 FM長野
他にも「週間放送視聴日記」には、FM長野に関する記載が たくさんあります。機会がありましたら、ご一読頂ければ幸いです。


ブログ開始は 2003年です。

Search

Mail-form


 頂いたメール内容の秘密は 厳守しています。