FM長野リスナーである ラジオネーム:チャート★ドランカーの個人ブログです。
私の 週間選曲リスト と 週間放送視聴日記 を 公開・保存しています。

第54回ランキング

   
  1. 第 1 位 ( ⇒ )
    NBS フジ・木曜劇場「白い巨塔」劇中効果音楽 [加古隆]

  2. 第 2 位 ( △ )
    ABN テレ朝・月曜時代劇「八丁堀の七人」テーマ音楽 及び 劇中効果音楽 [栗山和樹]

  3. 第 3 位 ( ▽ )
    NBS フジ・バラエティ「トリビアの泉」テーマ音楽 及び 演出効果音楽 [堂島孝平]

  4. 第 4 位 ( ★ )
    NHK総合・大河ドラマ「新選組!」テーマ音楽 [服部隆之]
    ♪過去の大河ドラマ テーマ音楽を研究し尽くしている緻密な仕上がり。

  5. 第 5 位 ( ⇒ )
    平原綾香“Jupiter”


 今年のNHK大河ドラマ「新選組!」が始まりました。43作目の大河ドラマは、三谷幸喜のオリジナル脚本です。

 11日の第1回 放送を視聴しました。期待と不安が半々です(笑)。間違いなく言えるのは、やはり三谷色が全面に出ている大河ドラマです(笑)。

 三谷幸喜 脚本の時代劇は「女ねずみ小僧」(大地真央 主演・1990年と1994年・CX)さらに「竜馬におまかせ!」(浜田雅功 主演・1996年・日テレ)。両作品共タイトルに(笑)マークを付けても問題がない、時代劇というより時代劇をパロディー化したドラマでした。

 まさか大河ドラマを「あんな風」(笑)にはしないと思いますが、第1回を視聴した正直な感想として その可能性ゼロとは言えません(笑)。但し服部隆之が制作したテーマ音楽と劇伴音楽は、大河ドラマのテイストを しっかり守っています。

 1992年「信長 ~ KING OF ZIPANGU」1993年「琉球の風」以来久しぶりですがテーマ音楽に歌詞が付きました。服部隆之の父は 服部克久。祖父は 服部良一。服部隆之は フジテレビの名作ドラマ「王様のレストラン」(1995年)を始め数多くの三谷ドラマ・演劇で劇伴音楽を担当しています。

 タイトルバック・クレジット(配役発表)序列の「トメ」(最終紹介俳優)は 石坂浩二が獲得。やはり過去の大河ドラマ主役経験者で、その後何度も大河ドラマの重要な役で出演した事が最高の格付けにつながった様です。

 他には沢口靖子が初めて重要俳優としての格付けとなる「トメG」入りを果たしました。野際陽子・田中邦衛も「トメG」入りしています。

 以前にも週間放送視聴日記に書きましたが、ドラマの「タイトルバック」におけるクレジット順は、出演俳優・女優の「チャート」です。特にNHKの大河ドラマは最も権威がある「チャート」だと思っています。

 2004年 NHK大河ドラマ「新選組!」11日 放送・第1回「黒船が来た」タイトルバック・クレジット(配役発表)序列は … ○ 香取慎吾 / △ 藤原竜也 → △ 山本耕史 / △ オダギリジョー → 中村勘太郎 → 山本太郎 → 堺雅人 → 山口智充 → △ 小林隆 / △ 優香/ △ 麻生久美子 → △ 菊川怜 / ○ 江口洋介 / △ 筒井道隆 → 戸田恵子 → △ 石黒賢 / ○ 沢口靖子 → △ 野際陽子 → △ 田中邦衛 → ◎ 石坂浩二 … となっています。

 ここに掲載されたピンクレ(1画面に1人だけ配役が紹介される)俳優を格付け対象としました。タイトルバックでは、俳優表示のリズムや区切り方にも意味合いがあり、それらを分析。無印 → △ → ○ の順でランクは上がり「トメ」の ◎ が、今回における最高俳優と、このブログでは独自な格付けをしています。


ブログ開始は 2003年です。

ブログ内 検索

独自のサーチエンジンで
対象リストを即時表示します。

Pageguide

 長野県 松本市 に在住している、FM長野 リスナー「ラジオネーム:チャート★ドランカー」の個人ブログです。お読み頂き ありがとう ございます。ここは、2004年01月16日 の週間選曲リスト と『 新選組! NHK大河ドラマ 』に関する週間放送視聴日記のページです。

 「週間選曲リスト」では、ラジオ・テレビ放送音楽に関する私の評論を、5曲ごとの選曲と順位で、象徴的に表現しています。「週間放送視聴日記」には、徒然なるままな身辺雑記を織り交ぜながら、オールラウンドなラジオ・テレビ番組のレビューやデータが掲載されています。

 広告等は一切表示しないポリシーで、ブログ開始時から運営しているテキストブログです。デザイン総てが、オリジナルの自作で構成されています。週 1回「定点観測」の積み重ねによって、信州のラジオ・テレビ放送の歴史を、この小さなブログで、ゆるやかに紡いでいく事が出来れば嬉しい限りです。