FM長野リスナーである ラジオネーム:チャート★ドランカーの個人ブログです。
私の 週間選曲リスト と 週間放送視聴日記 を 公開・保存しています。

第91回ランキング

   
  1. 第 1 位 ( △ )
    NHK総合・金曜時代劇「慶次郎縁側日記」テーマ音楽 [川崎真弘]

  2. 第 2 位 ( ▽ )
    L e s.R「赤い糸」
    SBC MBS・ドラマ30「虹のかなた」主題歌

  3. 第 3 位 ( ⇒ )
    松たか子「時の舟」
    SBC TBS・日曜劇場「逃亡者」主題歌

  4. 第 4 位 ( ☆ )
    NHK総合・大河ドラマ「新選組!」劇中効果音楽 [服部隆之]

  5. 第 5 位 ( ★ )
    Fayray「口づけ」
    NBS 東海テレビ・ドラマ「愛のソレア」主題歌
    ♪主題歌としては昼ドラでしか存在し得ないかの様なマイナーバラードの佳曲。


 注目のNHK大河ドラマ「新選組!」。8月22日の放送では いつもニヤニヤして味があった山南敬介 総長(堺雅人)が壮絶な切腹シーンを演じました。放送直後から視聴者コールセンターに反響の電話が鳴り止まなかったそうです。そして先月 26日の第38回 放送「ある隊士の切腹」における大倉孝二 演ずる 勘定方・河合耆三郎の切腹までの演技も非常に感銘を受けました。

 全く剣が持てない河合耆三郎が、入隊の審査の時 山南 総長からの質問「六畳 と 八畳の部屋が、四部屋ずつあって、そこに五十人 入れるとなると、ひとり頭 何畳になりますか?」に「五十六畳に五十人、ひとり一畳と ほんの少しですね」と即答し、勘定方へ入隊決定したエピソードが 私は大好きでした(笑)。歴史上最も先鋭化した武装組織にも、文官が存在したのです。

 それ故に冒頭 誰とは解らぬ切腹前の白装束の後ろ姿で、維新後「新撰組始末記」を著した京都 西本願寺の侍臣・西村兼文(本間憲一)に事情を語る「ある隊士」が あの河合耆三郎だと解った時は驚きました。河合の切腹は史実といえ、そのエピソードに 1話を全て使うとは思っても見なかったのです。素晴らしい設定 と 演出です。

 武田観柳斎(八嶋智人)に高価な西洋兵法の書籍代を、内密で捻出したことから生じた使途不明の支出が土方 副長に露見。河合耆三郎は、勘定方として責任をとり切腹と断じられます。河合の裕福な親元から弁償金が届けば 切腹は免れるのですが、弁償金を持った飛脚が到着したのは切腹の直後でした。河合耆三郎の散る姿は 心に深く残りました。

 今までの三谷幸喜にはない新しい人物群像の切り口です。これから新選組は、破滅へ向けて加速度を上げていきます。今回のエピソードの描き方の様に、一人一人消えていく隊士達の生き様が感銘となって記憶に残っていく、そんな流れになりそうです。この「新選組!」は、もしかすると三谷幸喜 最初の(笑)時代劇成功作になるかも知れません。

 NHK大河ドラマ「新選組!」9月26日 放送・第38回「ある隊士の切腹」タイトルバック・クレジット(配役発表)序列は … ○ 香取慎吾 / △ 藤原竜也 → △ 山本耕史 / △ 優香 / △ オダギリジョー → 中村勘太郎 → 山本太郎 → 山口智充 → 小林隆 → 八嶋智人 → 照英 / ○ 中村獅童 / △ 笹野高史 → はしのえみ → △ 大倉孝二 / △ 谷原章介 → 麻生久美子 → 戸田恵子 / ○ 佐藤B作 → ◎ 江口洋介 … となっています。

 ここに掲載されたピンクレ(1画面に1人だけ配役が紹介される)俳優を格付け対象としました。タイトルバックでは、俳優表示のリズムや 区切り方にも意味合いがあり、それらを分析。 / は 表示間隔を示しています。無印 → △ → ○ の順でランクは 上がり「トメ」の ◎ が、今回における最高俳優と、このブログでは 独自な格付けをしています。


ブログ開始は 2003年です。

Mail-form


 頂いたメール内容の秘密は 厳守しています。

Search

Pageguide

 長野県 松本市 に在住している、FM長野 リスナー「ラジオネーム:チャート★ドランカー」の個人ブログです。お読み頂き ありがとう ございます。ここは、2004年10月01日 の週間選曲リスト と『 新選組!ある隊士の切腹 』に関する週間放送視聴日記のページです。

 「週間選曲リスト」では、ラジオ・テレビ放送音楽に関する私の評論を、5曲ごとの選曲と順位で、象徴的に表現しています。「週間放送視聴日記」には、徒然なるままな身辺雑記を織り交ぜながら、オールラウンドなラジオ・テレビ番組のレビューやデータが掲載されています。

 広告等は一切表示しないポリシーで、ブログ開始時から運営しているテキストブログです。デザイン総てが、オリジナルの自作で構成されています。週 1回「定点観測」の積み重ねによって、信州のラジオ・テレビ放送の歴史を、この小さなブログで、ゆるやかに紡いでいく事が出来れば嬉しい限りです。