FM長野リスナーである ラジオネーム:チャート★ドランカーの個人ブログです。
私の 週間選曲リスト と 週間放送視聴日記 を 公開・保存しています。

第53回ランキング

   
  1. 第 1 位 ( △ )
    NBS フジ・木曜劇場「白い巨塔」劇中効果音楽 [加古隆]
    ♪オープニングはバロックの旋律にモード・ジャズを加えた様な独創的和声。

  2. 第 2 位 ( △ )
    NBS フジ・バラエティ「トリビアの泉」テーマ音楽 及び 演出効果音楽 [堂島孝平]

  3. 第 3 位 ( ▽ )
    浜崎あゆみ“No way to say”
    パナソニック テレビCMソング
    ♪1位 2週、登場 7週。

  4. 第 4 位 ( ☆ )
    ABN テレ朝・月曜時代劇「八丁堀の七人」テーマ音楽 及び 劇中効果音楽 [栗山和樹]

  5. 第 5 位 ( ★ )
    平原綾香“Jupiter”
    ♪ホルスト「惑星」から「木星」の原曲を損なわないアレンジな佳曲。


 正月休みに、またテレビ番組 録画テープの整理を再開しました。300本というのは 膨大な数です。もっときちんと整理をしておくべきでした。全てのテープにラベルを貼っておけば、だいぶ整理も楽になるのですが、改めてきちんとラベルを貼ろうと思っていて放置したのが 100本以上あります(笑)。そのテープ整理のさなか、また見入ってしまった再生番組があります。

 NHK大阪(BK)制作による明治 開明期の上方を舞台とした「なにわの源蔵事件帳」(1981年10月 ~ 1982年 4月・本放送)です。味のある良質の時代劇でした。新政府下でも同じく旧幕時代同心だった厚木 十等警部(加藤武)の元、警察の御用を勤める旧幕時の岡っ引き 赤岩源蔵 役に 桂枝雀。全編 枝雀 師匠の笑いのエッセンスが、巧くちりばめられています。

 脇は まずテレビ初出演の 藤山直美が 源蔵の娘役で登場。その夫が 小林稔侍。源蔵の手下・安は 安部潮。そして源蔵が思いを寄せるマドンナ役に 司葉子とBKらしい独特の配役です。さらにエピソードごとのゲストとして、大村崑・佐川満男・若き日の上沼恵美子。枝雀のおとうと弟子になる 桂朝丸(現・ざこば)そして枝雀の師匠である 桂米朝も ゲスト出演しています。

 音楽は 田中克彦。明治維新を経て開化していく浪速の町と、変わらぬ上方の人情や機微が象徴されている様な、ゆったりとした テネシージャズ・バンド演奏で劇伴は構成されています。田中克彦は、当時BKを中心に沢山のNHKドラマの劇伴を書いていました。さらにショー番組の音楽も担当しており、テネシージャズ・バンド演奏は、そこから発想されていると思われます。

 桂枝雀 師匠は、笑いを真面目に極めようとした天才落語家でした。1999年12月に NHK総合で放送された追悼番組のサブタイトルが「夢のような うつつのような」。そこで放送された枝雀 師匠の創作落語に「夢たまご」と題した噺がありました。だんだんと夢と現実との境がなくなり溶け合ってしまう不思議な噺です。中国の故事「一炊の夢」とは 少し違った展開でした。

 落語は、結局「夢のような うつつのような」そんな処にあるのではないか? 枝雀 師匠の この言葉は、師匠が掴んだ真理なのかも知れません。枝雀 師匠は、赤岩源蔵となって、テレビドラマという夢の世界でもお元気でした。この「なにわの源蔵事件帳」は、全23話中 9話の録画を発見しています。今回デジタル化して DVDに焼きました。


ブログ開始は 2003年です。

Search

Mail-form


 頂いたメール内容の秘密は 厳守しています。