FM長野リスナーである ラジオネーム:チャート★ドランカーの個人ブログです。
私の 週間選曲リスト と 週間放送視聴日記 を 公開・保存しています。

第52回ランキング

   
  1. 第 1 位 ( ⇒ )
    浜崎あゆみ“No way to say”
    パナソニック テレビCMソング

  2. 第 2 位 ( △ )
    NBS フジ・木曜劇場「白い巨塔」劇中効果音楽 [加古隆]

  3. 第 3 位 ( ★ )
    映画“Never Ending Story”オリジナル サウンドトラック曲「喜びの飛行」
    TSB 日テレ・新春スポーツ スペシャル「第80回 箱根駅伝」オープニング テーマ曲
    ♪素晴らしい和声感がある伝統のスポーツ特番テーマ曲。

  4. 第 4 位 ( ▽ )
    a.mia“LAT.43゚N”
    SBC TBS・ドラマ「エ・アロール」主題歌
    ♪1位 4週、登場12週。

  5. 第 5 位 ( ☆ )
    NBS フジ・バラエティ「トリビアの泉」テーマ音楽 及び 演出効果音楽 [堂島孝平]


 明けまして おめでとう ございます。2004年(平成16年)の新春を迎えました。

 今年最初の週間放送視聴日記は、まず年末・年始のテレビ・ラジオ番組を振り返ります。12月30日の「ザ・ベストテン 2003」は、音楽特番として味がありました。とにかく「パタパタ」(順位得点表示板)に年1度通電するのは良い事です(笑)。来年は本物の「久米宏」氏を呼んで 2004 年間ベストテンを いきなり発表させる事も、技術上 集計可能だと思います。

 大晦日 発表の FM長野“Vodafone COUNTDOWN JAPAN”年間第1位は、SMAP「世界で一つだけの花」 (推定得点:107) 。「コスモ ポップス ベスト10」年間第1位は、t.A.t.u“All The Thing She Said” (推定得点:115) が それぞれ獲得しました。

 同じく大晦日 放送「第45回 日本レコード大賞」は、有力歌手が相次ぐノミネート辞退の中、浜崎あゆみが“No way to say”で、史上初の3連覇となりました。日本作曲家協会が主催するレコ大は、運営が制定委員会と実行委員会に分離しています。制定委員会が上級組織だと思われますが、企画責任の所在が不明確で、問題の根幹が ここにあるのかも知れません。

 同じく大晦日 放送「第54回 NHK紅白歌合戦」は、満票で白組優勝(笑)。満票とは、どう考えても不手際の部類に入るでしょう。デジタル審査員の数 と 会場審査員の数は、桁に大きな違いがあり、うまく得点で融合させるのは、元々難しいものです。ちなみにボブ・サップ戦での曙のKO負け。あれも曙 自身の見通しの甘さから来る不手際です(笑)。

 正月 2日の「第80回 箱根駅伝」は、駒澤大が3区から独走となり、山登りの 5区では、東海大の中井 選手が5人抜きで追い上げましたが、結局 駒澤大が 4年ぶり 3回目の往路優勝を遂げました。また優勝候補だった大東文化大が、5区で脱水症状を起こし、中継の視聴者の目をくぎ付けにしました。どうにか安堵のゴールをしています。

 さて年頭日記では、これから 1年間の日本経済の定点観測として、昨年「大納会」の日経平均株価を記録していきたいと考えています。昨年大納会の日経平均株価終値は、1万0676円64銭でした。まず この数字を ブログの経済観測の基点とします。来年の年頭日記から、この大納会終値に基づく「星取表」も発表予定です。

 ここ長野県長野市は、市街に残っていた積雪が ほとんど溶けるほど暖かい元旦 2日で、穏やかな正月を迎えています。ご愛読者の皆様、今年も『チャート★ドランカー BLOG』を、何卒よろしく お願い申し上げます。


(追記) 3日の「第80回 箱根駅伝」復路は、駒澤大が 総合 3連覇。復路も優勝しており「完全優勝」となりました。今年の箱根駅伝の視聴率は、往路 25・2% 復路 26・6%(関東地区)でした。

 第45回 日本レコード大賞の視聴率は、12・7%と下げ止まりません。第54回 NHK紅白歌合戦の視聴率は 、1部 35・5% 2部 45・9%をマークしています。


ブログ開始は 2003年です。

Mail-form


 頂いたメール内容の秘密は 厳守しています。

Search

Pageguide

 長野県 松本市 に在住している、FM長野 リスナー「ラジオネーム:チャート★ドランカー」の個人ブログです。お読み頂き ありがとう ございます。ここは、2004年01月02日 の週間選曲リスト と『 2004 年頭日記 』に関する週間放送視聴日記のページです。

 「週間選曲リスト」では、ラジオ・テレビ放送音楽に関する私の評論を、5曲ごとの選曲と順位で、象徴的に表現しています。「週間放送視聴日記」には、徒然なるままな身辺雑記を織り交ぜながら、オールラウンドなラジオ・テレビ番組のレビューやデータが掲載されています。

 広告等は一切表示しないポリシーで、ブログ開始時から運営しているテキストブログです。デザイン総てが、オリジナルの自作で構成されています。週 1回「定点観測」の積み重ねによって、信州のラジオ・テレビ放送の歴史を、この小さなブログで、ゆるやかに紡いでいく事が出来れば嬉しい限りです。