FM長野リスナーである ラジオネーム:チャート★ドランカーの個人ブログです。
私の 週間選曲リスト と 週間放送視聴日記 を 公開・保存しています。

第324回ランキング

   
  1. 第 1 位 ( △ )
    Raphael Saadiq“100 Yard Dash”

  2. 第 2 位 ( ▽ )
    NHK総合・大河ドラマ「天 地 人」テーマ音楽 [大島ミチル]

  3. 第 3 位 ( ⇒ )
    宮本笑里“Fantasy for Violin and Orchestra”

  4. 第 4 位 ( ★ )
    阪井あゆみ「横顔」
    NBS KTV・ドラマ「白い春」主題歌
    ♪和声が整っている佳曲。予告の裏で流れているのが残念。

  5. 第 5 位 ( ▽ )
    NBS フジ・木曜劇場“BOSS”劇中効果音楽 [澤野弘之・和田貴史・林ゆうき]


 テレビのベストテン番組と言えば、やはり名実共にTBSテレビの「ザ・ベストテン」が まず挙げられます。諸説ありますが 4部門集計で総合順位を決定する手法は、QR文化放送の「全国歌謡ベストテン」。そして毎週 70位近くまで総合順位を深く算出する手法は、福岡・RKB毎日放送の「RKBベスト歌謡50」。この 2番組がモデルだと、私は 推測しています。

 しかし「パタパタ」(笑)の出自が解りません。独特な「得点」表示は どこにも類例がなく、当時用いられた反転フラップ式の空港発着案内盤にヒントを得た独創だと、ずっと思っていました。ところが、どうも違っていた様です。テレビ朝日では、1月30日から 2月 8日まで放送した、開局50周年記念「50時間テレビ」に、驚くべき示唆があったのです。

 8日 放送の 50時間テレビ「超大ヒット人気番組ぜ~んぶ見せます!スペシャル」では、あの「ベスト30歌謡曲」も取り上げられており、その特番を視て驚きました。ベスト30歌謡曲 に、パタパタがあったのです。ベスト30歌謡曲 は、歌謡曲ヒットチャート番組の老舗です。既に私が小学生の頃、愛川欽也・五十嵐淳子の司会コンビで放送されていました。

 とにかく大きなスタジオに、1位から 30位までのランキングボードが ぐるっと囲み、順位発表の際 その曲のボードを回転させる仕組みです。ベスト30にランキングされた上位歌手が、必ず出演する訳ではありません。その点 ベストテン歌手に必ず出演交渉して、出来る限り曲を紹介する「ザ・ベストテン」に関して、ポリシーがベスト30歌謡曲より優れているのは確かです。

 ところが ベスト30歌謡曲の回転式順位ボードの1番下に得点表示、つまりパタパタがあったのです。私は すっかり忘れていました(笑)。5桁のパタパタで通常 4桁の得点が表示されます。ベスト30歌謡曲(1972年放送開始)は「ザ・ベストテン」(1978年放送開始)より先に生まれました。となると あの「得点」パタパタは、ベスト30歌謡曲 が源流となります。

 ちなみに このベスト30という単位は、総合 30位まで発表していたQR「全国歌謡ベストテン」(1962年開始)と やはり全く同じです。そして ベスト30歌謡曲 の得点集計に、ベスト30歌謡曲選考委員会 という謎の要素が加味されていたのも、これまたQR 全国歌謡ベストテン の第4資料「ベストテン選定委員会の集計結果」と類似しています。

 順位の公正さでも、ザ・ベストテン を抜き去る事は出来ないと思われます。ですが パタパタ は、ベスト30歌謡曲に前から存在していました。現在 テレビ東京で放送中の「出没!アド街ック天国」が 30位から紹介していくのは、愛川欽也 氏の ベスト30歌謡曲 に対する思い入れとも映ります。「ベスト30歌謡曲」の巨大ランキングボードは、間違いなく独創だったのです。


ブログ開始は 2003年です。

Mail-form


 頂いたメール内容の秘密は 厳守しています。

Search

Pageguide

 長野県 松本市 に在住している、FM長野 リスナー「ラジオネーム:チャート★ドランカー」の個人ブログです。お読み頂き ありがとう ございます。ここは、2009年04月24日 の週間選曲リスト と『 ザ・ベストテンのパタパタ 』に関する週間放送視聴日記のページです。

 「週間選曲リスト」では、ラジオ・テレビ放送音楽に関する私の評論を、5曲ごとの選曲と順位で、象徴的に表現しています。「週間放送視聴日記」には、徒然なるままな身辺雑記を織り交ぜながら、オールラウンドなラジオ・テレビ番組のレビューやデータが掲載されています。

 広告等は一切表示しないポリシーで、ブログ開始時から運営しているテキストブログです。デザイン総てが、オリジナルの自作で構成されています。週 1回「定点観測」の積み重ねによって、信州のラジオ・テレビ放送の歴史を、この小さなブログで、ゆるやかに紡いでいく事が出来れば嬉しい限りです。