FM長野リスナーである ラジオネーム:チャート★ドランカーの個人ブログです。
私の 週間選曲リスト と 週間放送視聴日記 を 公開・保存しています。

第467回ランキング

   
  1. 第 1 位 ( ⇒ )
    NHK総合・大河ドラマ「平清盛」テーマ音楽 [吉松隆]

  2. 第 2 位 ( ⇒ )
    NBS フジ・ドラマ「ストロベリーナイト」劇中効果音楽 [林ゆうき]

  3. 第 3 位 ( ⇒ )
    Lady Antebellum“Just a Kiss”
    テレビ東京・2時間サスペンスドラマ「水曜ミステリー9」エンディング テーマ

  4. 第 4 位 ( ⇒ )
    abn テレ朝・木曜ミステリー「科捜研の女」劇中効果音楽 [川井憲次]

  5. 第 5 位 ( ★ )
    浜崎あゆみ“how beautiful you are”
    NBS フジ・木曜劇場「最後から二番目の恋」主題歌
    ♪珍しく平坦な旋律を通しているスローバラード。


 このブログもそうですが、音楽チャートは、お正月から始めると都合が良いものです。初年度の年間ランキングが、きちんと 12ヶ月のデータで収まります。この考え方に反し特殊だったのは、J-WAVEの“TOKIO HOT 100”でした。初年度の年間チャートを、1988年10月の開局から僅か 3か月間のデータで、堂々と 100位まで算出しています(笑)。

 私は子供の頃、音楽に全く興味がありませんでした(笑)。ただブロガー プロフィールにも書きました通り、選挙の開票速報特番が異様に好きだったのです。開票速報が好きな小学生は、極めて稀な存在です。児童会の役員選挙でも立候補したのは 選挙管理委員(笑)。国政選挙の開票速報ほど、子供ながらに楽しいイベントは ありませんでした。

 しかし、選挙の開票速報というのは、年中やっているものではありません(笑)。そこで触手が伸びたのが、ラジオのベストテン番組という訳です。私が最初に興味を持ち始めたのは、小学5年生の頃。QR文化放送の「歌謡紅白人気投票」という番組でした。男女の歌手を紅白に分け、葉書リクエストで まずベストテンを決定。次に総合ランキングを発表します。

 QR文化放送は、この紅白組分けが好きで(笑)その後の「決定!全日本歌謡選抜」まで延々コンセプトが続きます。私が初めてノートに順位記録をしたのは、この歌謡紅白人気投票でした。そしてまもなく 同じQR文化放送でオンエアーしていた「全国歌謡ベストテン」と出会い、開票速報 イコール 音楽チャート という考え方が 確信になりました。

 とにかく番組のオープニングなんです。QR文化放送は、カトリック聖パウロ修道会が、現在も筆頭株主であり続ける経緯もあって、当時の時報も予報音は 教会の鐘の音を使っていました。毎週土曜日 午後4時。その鐘の音に続いて正報音がポーンと鳴った瞬間です。いきなり けたたましいタイプ音が響きます。当時の大型電子計算機の稼働音声です。

 そして女性アナの声で、 全国葉書リクエスト集計、第1位コード番号101、第2位2003・・ 、さらに男性アナの声がオーバーラップして、 ・・3052点、605番803点 。まさにベストテンをコンピューターで集計している本部の効果音でした。「毎週できる開票速報」(笑)のイメージに合致したのが、全国歌謡ベストテンだったのです。

 全国歌謡ベストテンは、NRN加盟局を中心とした地方民間放送共同制作協議会「火曜会」の制作協力により、QR文化放送が全国ネットしていました。ほとんどのリスナーが、この火曜会を 歌謡界と聴き間違えます(笑)。完パケ番組ですが、QR文化放送では、70年代当時この全国歌謡ベストテンを、電話による順位予想クイズなど織り交ぜて 別途生放送していました。

 番組では、全国電話リクエスト・全国葉書リクエスト・レコード売り上げ そしてベストテン選定委員会の集計結果。この 4部門のベストテンを、まず順次発表し、各部門の注目曲をオンエアーします。だいたいの順位動向のイメージをリスナーに与えた後で、総合ベスト 10そしてベスト 30を発表していくのです。まるで開票速報が進んでいくような番組構成でした。

 さらに、総合ベスト 10の発表が進み終盤には、 火曜会のあらゆる資料を元にコンピューターがはじき出した全国歌謡ベストテン。第×××回 総合ナンバーワンの発表~ とコールされ、高らかに鳴るファンファーレ。そして総合1位曲のイントロが流れ出します。これほど劇的で形式美の有るラジオベストテン番組は 他にありませんでした。

 子供ながらに、これは開票速報だと思わせた理由は、番組の原点にもたどる事ができます。この番組が 1962年 7月にスタートした当時は、前半で全国のラジオ各局からのベストテンの報告があり、スタジオで順位を集計し、後半に総合ベスト30を得点付きで発表するといった、本当に開票速報さながらの番組構成だったそうです。

 全国歌謡ベストテンによる4部門コンピューター集計のシステムは、その後 TBSテレビの ザ・ベストテン に、多大な影響を もたらします。また地元SBC信越放送ラジオの SBC歌謡ベストテン でも、電話リクエストや順位予想クイズを生放送で受付て、部門別集計や総合30位まで発表するスタイルは、全国歌謡ベストテンをモデルとしていると考えられます。

 但し この全国歌謡ベストテン、問題がない訳ではありませんでした。とにかく第4要素の「ベストテン選定委員会」が謎でした。全国ラジオ局の音楽番組担当ディレクターで構成され、良く解釈すれば(笑)ビルボード ラジオチャートにおけるプレイリスト報告と似た役割を果たしていたのかな? と推測できますが、やはり意味不明のままです(笑)。

 さらに問題だったのは全体の順位動向が、1 ~ 2週ほど致命的に遅れていたのです。近年 謎解きがされ、80年代頃から火曜会は、番組配信をスムーズに行うため、なんと 2本録り(笑)を行っていたとの事。来週のベストテンを 今週収録してはいけません。加えて実際の集計作業はコンピューターでなく、ほとんど手計算で行っていた(笑)との逸話も公開されています。

 色々な問題があった全国歌謡ベストテンですが、1997年まで なんと 35年間も続きました。火曜会が制作を止めた後も、提供スポンサーがついていたKBS京都が 2002年12月まで独自にローカル番組として放送し、総放送回数は なんと 2100回まで達しました。私を開票速報好き から音楽へ結びつけたのが、この「全国歌謡ベストテン」だったのです。


ブログ開始は 2003年です。

Mail-form


 頂いたメール内容の秘密は 厳守しています。

Search

Pageguide

 長野県 松本市 に在住している、FM長野 リスナー「ラジオネーム:チャート★ドランカー」の個人ブログです。お読み頂き ありがとう ございます。ここは、2012年02月10日 の週間選曲リスト と『 全国歌謡ベストテン 』に関する週間放送視聴日記のページです。

 「週間選曲リスト」では、ラジオ・テレビ放送音楽に関する私の評論を、5曲ごとの選曲と順位で、象徴的に表現しています。「週間放送視聴日記」には、徒然なるままな身辺雑記を織り交ぜながら、オールラウンドなラジオ・テレビ番組のレビューやデータが掲載されています。

 広告等は一切表示しないポリシーで、ブログ開始時から運営しているテキストブログです。デザイン総てが、オリジナルの自作で構成されています。週 1回「定点観測」の積み重ねによって、信州のラジオ・テレビ放送の歴史を、この小さなブログで、ゆるやかに紡いでいく事が出来れば嬉しい限りです。