FM長野リスナーである ラジオネーム:チャート★ドランカーの個人ブログです。
私の 週間選曲リスト と 週間放送視聴日記 を 公開・保存しています。

第31回ランキング

   
  1. 第 1 位 ( △ )
    NHK総合・金曜時代劇「茂七の事件簿3 ふしぎ草紙」テーマ音楽 及び 劇中効果音楽 [坂田晃一]

  2. 第 2 位 ( ▽ )
    kazami“I Say A Little Prayer”
    NBS フジ・火曜時代劇「大奥」主題歌

  3. 第 3 位 ( △ )
    GABALL ~ feat.Joanne「幸せの表現」
    TSB YTV・ドラマ「14ケ月」主題歌

  4. 第 4 位 ( ★ )
    SING LIKE TALKING“Hello”
    ABN テレ朝・木曜ドラマ「菊次郎 と さき」主題歌
    ♪佐藤竹善らしいメロウな旋律とアレンジ。

  5. 第 5 位 ( ▽ )
    NHK総合・連続テレビ小説「こころ」テーマ音楽 及び 劇中効果音楽 [吉俣良]


 7月26日に 宮城県北部で、震度6強 1回、震度6弱 2回という大きな地震がありました。5月26日に次いで また東北地方での大きな地震となり、NHKでは「チャイム入り地震速報」が、1日に 3回も流れています。振り替えるとテレビの歴史の中で、最も重大なニュースであるNHKの「チャイム入り臨時ニュース」のチャイムを、1日に 3回鳴らした日がありました。

 それが 1989年(昭和64年)1月 7日、昭和最後の日です。宮尾盤 宮内庁次長の記者会見生中継で、昭和天皇 ご危篤 の発表がされた午前6時36分、画面一杯の「臨時ニュース」とのテロップと共に、あのチャイムが鳴って斎藤季夫 アナが、ここで臨時ニュースを お伝え致します と、NHKテレビ 4波・ラジオ 3波総てで臨時ニュースを開始しました。

 そして午前7時57分、藤森昭一 宮内庁長官(旧制 松本中学卒)が、天皇陛下 崩御の正式発表をした瞬間、白文字 黒バックの「天皇陛下 崩御」の大テロップに画面が変わりました。同時にチャイムも鳴り、斎藤季夫 アナが昭和天皇 崩御の臨時ニュースを放送しました。ラジオ第2放送でも流れ、その後 5分ほど極めて稀な、ラジオ第2 独自の特別ニュースも放送しています。

 崩御の臨時ニュース直後のNHK総合テレビの視聴率(関東地区・午前8時から1時間平均)は、40・2%を記録。午前10時には池田芳蔵 NHK会長が、天皇陛下の崩御を悼み これからNHKは 特別の放送体制になると「臨時特別編成について」と題した挨拶を、約 2分間放送しています。この臨時のNHK会長挨拶放送も類例がありません。

 昼過ぎからは悲しみの中、政府による新元号選定の手続きの様子がニュースで流れ始め、午後2時からNHK総合は、新元号発表に関する特設ニュースを開始しました。午後2時34分、大白文字の抜きテロップ「新元号 決まる」との画面と共に、その日 3度目のチャイムが鳴り、教育テレビ・ラジオ第2も含む全波同一放送の 臨時ニュース へ切り替わります。

 梶原四郎 アナが、総理大臣官邸で新しい元号について、小淵 官房長官から記者会見があります。 とアナウンスし、あの有名な新元号「平成」発表の場面となりました。但し この 3回とも同じチャイムでは ありません。特に昭和天皇 崩御発表時のチャイムは、3小節ほど長く音量の強いものでした。まさに日本の歴史の大きな転換点を告げた「チャイム」だったのです。


(追記) 週間放送視聴日記(2011年 3月11日)に、東日本大震災 当日の記載があります。

(追記) 週間放送視聴日記(2014年 8月15日)に、玉音放送の直前の放送 を掲載しました。


ブログ開始は 2003年です。

ブログ内 検索

独自のサーチエンジンで
対象リストを即時表示します。

Pageguide

 長野県 松本市 に在住している、FM長野 リスナー「ラジオネーム:チャート★ドランカー」の個人ブログです。お読み頂き ありがとう ございます。ここは、2003年08月01日 の週間選曲リスト と『 チャイム入り臨時ニュースが3回放送された日 』に関する週間放送視聴日記のページです。

 「週間選曲リスト」では、ラジオ・テレビ放送音楽に関する私の評論を、5曲ごとの選曲と順位で、象徴的に表現しています。「週間放送視聴日記」には、徒然なるままな身辺雑記を織り交ぜながら、オールラウンドなラジオ・テレビ番組のレビューやデータが掲載されています。

 広告等は一切表示しないポリシーで、ブログ開始時から運営しているテキストブログです。デザイン総てが、オリジナルの自作で構成されています。週 1回「定点観測」の積み重ねによって、信州のラジオ・テレビ放送の歴史を、この小さなブログで、ゆるやかに紡いでいく事が出来れば嬉しい限りです。