FM長野リスナーである ラジオネーム:チャート★ドランカーの個人ブログです。
私の 週間選曲リスト と 週間放送視聴日記 を 公開・保存しています。

第32回ランキング

   
公開 : 
  1. 第 1 位 ( ⇒ )
    NHK総合・金曜時代劇「茂七の事件簿3 ふしぎ草紙」テーマ音楽 及び 劇中効果音楽 [坂田晃一]
    ♪最近の新作時代劇の中でもシンボリックに美しい劇伴音楽群。

  2. 第 2 位 ( △ )
    SING LIKE TALKING“Hello”
    ABN テレ朝・木曜ドラマ「菊次郎 と さき」主題歌

  3. 第 3 位 ( ▽ )
    kazami“I Say A Little Prayer”
    NBS フジ・火曜時代劇「大奥」主題歌

  4. 第 4 位 ( ▽ )
    GABALL ~ feat.Joanne「幸せの表現」
    TSB YTV・ドラマ「14ケ月」主題歌

  5. 第 5 位 ( ⇒ )
    NHK総合・連続テレビ小説「こころ」テーマ音楽 及び 劇中効果音楽 [吉俣良]


 このブログでご紹介しました通り、FM長野の本社演奏所は松本市に在しています。

 FM長野の会社名(商業登記法上の商号)は「長野エフエム放送株式会社」で、支社は東京(JFNセンター内)と長野市にあります。1988年10月の開局当時は、松本本社にのみスタジオがありました。

 「第1スタジオ(録音スタジオ)」は、副調整室が隣接された従来型のスタジオ。「第2スタジオ(DJスタジオ)」は、アナウンサーがディレクターを兼ねて、ひとりで放送機器を操作できる生放送専用のスタジオです。

 この ふたつのスタジオは、屋外やロビーから見学が出来ます。そして「キースタジオ(アナブース)」は2階の放送部横に設置され、FM長野ニュースなどの報道用になっています。

 1991年秋にFM長野は、長野市からの放送回線を常設しました。最初の長野市からのレギュラー生放送は、金曜の生ワイド“FM FRIDAY ECHO”の生リポートコーナーでした。

 そしてFM長野は松本・長野の二元放送体制へふみきり、1994年 4月22日 長野市 南千歳のFM長野・長野支社内に常設スタジオ「長野ビュースタ」をオープンしました。

 この名前は一般公募で命名されています。開設当時は、毎週金曜に 6時間の生ワイドや2時間の深夜ワイドなど、大胆な自社制作番組を放送していました。この長野ビュースタから、木曜夕方のFM長野ニュースを放送していた事もあります。

 長野ビュースタは、1998年 2月の長野冬季オリンピックの際、JFN全国放送の拠点になっています。しかし、長野ビュースタは、長野支社内にあるためスタジオ公開が出来ません。

 そこで同じ長野市 南千歳にある、旧 守谷商会ビルのIVYスクエアに、昨年「IVYスタジオ」が設けられ、同年 4月 本格運用を開始しています。現在「長野ビュースタ」では、私が応援し参加している 月 → 金の帯番組“ALPICO Chao×Chao Cafe”を制作しています。


(追記) 長野ビュースタは、2005年 9月に廃止されましたが、2010年 5月より IVYスタジオの閉鎖に伴い、長野支社内のスタジオは「長野スタジオ」として再び運用を開始しました。


 このブログも少しずつですが ご愛読者が増え始め、10程度のページ ビューを、カウンターが毎日記録する様になりました。ありがとうございます。まだまだ始まったばかりの個人ブログですが、今後とも よろしく お願い致します。


ブログ開始は 2003年です。

ブログ内 検索

独自のサーチエンジンで
対象リストを即時表示します。

G U I D E

 長野県 松本市 に在住している、FM長野 リスナー「ラジオネーム:チャート★ドランカー」の個人ブログです。

 お読み頂き ありがとう ございます。ご愛読者の皆様には、心から感謝申し上げます。

 ここは、2003年08月08日 の週間選曲リストと『 長野ビュースタ 』に関する週間放送視聴日記のページです。

 このブログでは、次の2つのコンテンツを、毎週1リストにまとめて公開・保存しています。画像に依存しないテキストブログです。

 「週間選曲リスト」では、ラジオ・テレビ放送音楽に関する私の評論を、5曲ごとの選曲と順位で、象徴的に表現しています。

 「週間放送視聴日記」には、徒然なるままな身辺雑記を織り交ぜながら、オールラウンドなラジオ・テレビ番組のレビューやデータが掲載されています。

 広告等は一切表示しないポリシーで、ブログ開始時から運営しています。デザイン総てがオリジナルの自作です。

 週1回「定点観測」の積み重ねで、FM長野を始めとする信州のラジオ・テレビ放送の歴史を、この小さなブログで、ゆるやかに紡いでいく事が出来れば嬉しい限りです。