FM長野リスナーである ラジオネーム:チャート★ドランカーの個人ブログです。
私の 週間選曲リスト と 週間放送視聴日記 を 公開・保存しています。

第519回ランキング

   
公開 : 
  1. 第 1 位 ( △ )
    Sissel“Weightless”
    NHK BSプレミアム・ドキュメンタリー番組「追跡者 ザ・プロファイラー」テーマ曲
    ♪終奏部が実に美しい。

  2. 第 2 位 ( △ )
    NHK総合・時代劇「塚原ト伝」テーマ音楽 [川井憲次]

  3. 第 3 位 ( ▽ )
    SBC TBS・ドラマシアター「ハンチョウ6 ~ 警視庁安積班」オープニング テーマ音楽 [遠藤浩二]

  4. 第 4 位 ( ▽ )
    abn テレ朝・木曜ミステリー「科捜研の女」劇中効果音楽 [川井憲次]

  5. 第 5 位 ( ⇒ )
    NHK総合・大河ドラマ「八重の桜」テーマ音楽 [坂本龍一]


 2月に入っているのに、新年のテレビ番組の話で恐縮です(笑)。1月 3日の午後に abn長野朝日放送で新春シネマとして「大鹿村騒動記」が放送されました。

 「男はつらいよ」全作完全放送の時にもブログで書きましたが、映画館で観る事が殆どなく映画を「映画放送」するまで待つ私の様な放送マニアとしては待望の放映でした。

 さすが abnです。上映93分をノーカットで放送。今週なんとか時間を作って録画をMPEGファイルへ編集しました。映画「大鹿村騒動記」は 1年半前に公開され 主演を務めた名優・原田芳雄の遺作となった作品です。

 原田芳雄は、5年前のNHK長野放送局制作のドラマ「おシャシャのシャン!」でも村歌舞伎役者を演じ、その時に知った「大鹿歌舞伎」に惚れ込み映画制作の構想を練り運動してきました。

 人口1100人の信州の小さき村、長野県 下伊那郡 大鹿村の村民の中に、原田芳雄 を始め、石橋蓮司、小倉一郎、でんでん、小野武彦、瑛太、松たか子。さらに駆け落ちしたとはいえ(笑)住民登録上は 岸部一徳、 大楠道代、そして三國連太郎・佐藤浩市 親子までいるという設定は、夢を見てる様な素晴らしさが存在します。

 秀逸なキャスティングと総てがオールロケで構成された「大鹿村騒動記」の映像から、大鹿村の生活に美しさと憧憬を素直に感じる事ができました。

 300年続く大鹿歌舞伎は、日本有数の地芝居・村歌舞伎です。映画では 大鹿歌舞伎の制作過程が滑稽ながらも ふんだんに織り込まれており、また逆に大鹿村をとり囲む自然の厳しさを、村営バス運転手・佐藤浩市を襲った崖崩れ事故のシーンなどで端的に表現されています。

 この映画の制作には TOKYO FM(FM東京)が加わっており、エンドロールのクレジットに製作者として冨木田道臣 代表取締役社長の名が見られます。

 映画全体にラジオ放送や防災行政無線、さらにアナログから地デジへのチューナー交換をする描写などが多くちりばめられ大変興味深かったです。

 特に でんでん が温泉の湯船に入る際、ラジカセ持参でラジオを聴いていたシーンが印象的でした(笑)。ただどうも そのラジオ放送はAMだった様です(笑)。

 このブログでも以前、出力僅か1WのFM長野 大鹿中継局の紹介をしていますが、大鹿村は県内のAMラジオが難聴取地域で、それ故FM長野とNHK-FMの中継所が建設された経緯があります。TOKYO FMが制作に加わっているなら、FM長野も協力の上で実態に合わせて欲しかったと思いました。

 さらに注目したのは 飯田市 出身の安川午朗が制作した劇伴音楽です。大鹿歌舞伎本来の三味線の旋律や浄瑠璃の詞章と、打楽器の和音から繋がるストリングスの旋律が ゆっくり溶け込む様に調和していました。

 但し この調和は、相当ノンジャンルで音楽を聴き込んでいった者でないと備わらない和声感と調性感が必要な気もします。

 大鹿歌舞伎をメインとして、大鹿村騒動記を記録映画のスタンスで視ていた観客の方には、強い違和感を覚えたかも知れません。また少し大鹿村や大鹿歌舞伎と違う異質な映画のテーマを詰め込んでいたのも気になりました。

 当初 映画のタイトルも違っていましたが、原田芳雄が強く「大鹿村騒動記」と推して変更になったそうです。ですからタイトルの表題も原田芳雄自身が書いています。

 「大鹿村騒動記」は、昨年の第35回 日本アカデミー賞で最優秀主演男優賞、最優秀助演男優賞を始め 多くの賞を獲得しています。

 このブログでも取り上げた TBSドラマ木曜座「たとえば、愛」工藤六助 役の原田芳雄が、勝プロダクション制作の時代劇「痛快!河内山宗俊」第23話 真っ赤に咲いた想い花 の中では、無頼剣で切り捨てた悪役・石橋蓮司と一緒に、下伊那郡 大鹿村民として大鹿歌舞伎を演じていました。

 さらに大鹿村への大動脈(笑)村営バスの運転手は 佐藤浩市で、防災行政無線で広報していた大鹿村総務課職員が松たか子という配役からも、300年 大鹿歌舞伎を守り続けた信州の小さな美しき村と、現代日本トップクラスの演劇俳優陣の見事な一体感を醸し出していました。

 大鹿村へ日帰りで行き、実際村内で営業している ディア・イーターで鹿肉カレーでも食べ、大鹿中継局からの電波の電界強度が最も高い大河原集落で FM長野を聴きたくなりました(笑)。日帰り小旅行のプランを練ってみましたが、公共交通を利用するとなると大変です。

 佐藤浩市 運転手のあの村営バスは、夏場の登山シーズン以外、大河原集落に入るのが午後以降 3本だけの運行です。村に入ったら翌朝まで出られません(笑)。小野武彦が旅館経営していた鹿塩温泉へ一泊するしか方法論がない様です(笑)。


ブログ開始は 2003年です。

ブログ内 検索

独自のサーチエンジンで
対象リストを即時表示します。

G U I D E

 長野県 松本市 に在住している、FM長野 リスナー「ラジオネーム:チャート★ドランカー」の個人ブログです。

 お読み頂き ありがとう ございます。ご愛読者の皆様には、心から感謝申し上げます。

 ここは、2013年02月15日 の週間選曲リストと『 大鹿村騒動記 』に関する週間放送視聴日記のページです。

 このブログでは、次の2つのコンテンツを、毎週1リストにまとめて公開・保存しています。画像に依存しないテキストブログです。

 「週間選曲リスト」では、ラジオ・テレビ放送音楽に関する私の評論を、5曲ごとの選曲と順位で、象徴的に表現しています。

 「週間放送視聴日記」には、徒然なるままな身辺雑記を織り交ぜながら、オールラウンドなラジオ・テレビ番組のレビューやデータが掲載されています。

 広告等は一切表示しないポリシーで、ブログ開始時から運営しています。デザイン総てがオリジナルの自作です。

 週1回「定点観測」の積み重ねで、FM長野を始めとする信州のラジオ・テレビ放送の歴史を、この小さなブログで、ゆるやかに紡いでいく事が出来れば嬉しい限りです。