FM長野リスナーである ラジオネーム:チャート★ドランカーの個人ブログです。
私の 週間選曲リスト と 週間放送視聴日記 を 公開・保存しています。

第254回ランキング

   
  1. 第 1 位 ( ⇒ )
    ERIKA“Destination Nowhere”
    abn テレ朝・金曜ナイトドラマ「モップガール」主題歌

  2. 第 2 位 ( ⇒ )
    Sara Bareilles“LOVE SONG”

  3. 第 3 位 ( △ )
    樋口了一「1/6の夢旅人2002」
    abn HTB・バラエティ番組「水曜どうでしょう Classic」エンディング テーマ

  4. 第 4 位 ( △ )
    abn テレ朝・金曜ナイトドラマ「モップガール」劇中効果音楽 [吉川慶]

  5. 第 5 位 ( ★ )
    一青窈「ただいま」
    SBC TBS・愛の劇場「愛のうた!」主題歌
    ♪ヴォーカルの抑揚が細かいが美旋律な佳曲。制作会社ドリマックスは、いつも真摯にタイトルバックを創る。


 大晦日 放送される「第58回 NHK紅白歌合戦」の出場歌手が決定しました。AKB48・中川翔子・中村中・Berryz工房・℃-ute・リアディゾン・すぎもとまさと・馬場俊英 の初出場が発表になっています。最多出場は「サブちゃん」北島三郎 の 44回です。

 今回の「紅白」司会は、紅組・中居正広(初・昨年白組司会) 白組・笑福亭鶴瓶(初)。総合・松本和也 アナ(初)と 住吉美紀 アナ(初)。出場歌手は 56組。初出場が 4組減の 8組。局アナの登竜門である今年のラジオ実況は、小田切千 アナ と 塚原愛 アナ。なお連続・常連出場からの「落選組」は、堀内孝雄・ゴスペラーズ・夏川りみ・BOAなど となっています。

 両組 男性司会は、宮田輝、高橋圭三 両アナウンサーによる1956年(昭和31年)第7回以来 51年ぶりになります。出場歌手選考に関して、今年の紅白スタッフは 水曜深夜に総合テレビで放送している“SONGS”制作組が中心とかで、あみん そして 寺尾聰の再出場に選考の姿勢が象徴されています。実力派歌手に軸を置いた人選との印象も受けました。

 どうも紅白は、長い間続いてきた従来の 21時00分 ~ 23時45分の 2時間45分間から、19時20分 ~ 23時45分の 2部制(前半・後半の分離含む)にして以降、冗長になってしまった嫌いがあります。だいたい 4時間を超える生放送の音楽番組を編成できるコンテンツが、今の流行音楽の世界に存在しているのかさえ疑問です。

 紅白歌合戦の原点である 1945年(昭和20年)大晦日放送の「紅白音楽試合」は、22時20分から 00時00分まで、ラジオ第1で生放送されました。ちなみに 0時からは、除夜の鐘 全国生中継でした。このブログで書きましたが、行き詰まっている紅白は、従来からの放送時間である 21時00分から 23時45分に戻して、選考基準 と 出場歌手の大整理をすべきです。

 「得点集計センター」があった頃が、最も勢いがあった様に思えてきます。されど年に一度 紅白 エンディングから ゆく年くる年 へ大晦日の午後 11時45分に起こる急激な「ギャップ」ファンの私としては、誰が何と言おうと(笑)「紅白」が、これからも長く続いていく事を願っています。ちなみに私事ですが、紅白の視聴者ワンセグ審査員になってしまいました(笑)。


ブログ開始は 2003年です。

Search

Mail-form


 頂いたメール内容の秘密は 厳守しています。