FM長野リスナーである ラジオネーム:チャート★ドランカーの個人ブログです。
私の 週間選曲リスト と 週間放送視聴日記 を 公開・保存しています。

第253回ランキング

   
  1. 第 1 位 ( ⇒ )
    ERIKA“Destination Nowhere”
    abn テレ朝・金曜ナイトドラマ「モップガール」主題歌

  2. 第 2 位 ( ⇒ )
    Sara Bareilles“LOVE SONG”

  3. 第 3 位 ( ★ )
    abn テレ朝・テレビ朝日開局50周年記念ドラマ「松本清張 点と線」テーマ音楽 及び 劇中効果音楽 [坂田晃一]
    ♪オールスターキャストにシンフォナイズされた重厚な劇伴音楽。

  4. 第 4 位 ( ⇒ )
    樋口了一「1/6の夢旅人2002」
    abn HTB・バラエティ番組「水曜どうでしょう Classic」エンディング テーマ

  5. 第 5 位 ( ⇒ )
    abn テレ朝・金曜ナイトドラマ「モップガール」劇中効果音楽 [吉川慶]


 24・25両日、abn長野朝日放送(テレ朝)でオンエアーされたドラマスペシャル「松本清張 点と線」は、民放ドラマの域を超えた素晴らしい出来でした。主役は、ビートたけし こと北野武 監督。脇から端役に至るまで殆ど著名俳優が押さえた豪華な布陣。関東地区の視聴率も 第1部 23・8%、第2部 23・7%と高い数字をマークしました。

 圧巻だったのは第2部でした。容疑者の安田亮子(夏川結衣)を臨床尋問した北野武 監督 演ずる鳥飼重太郎 刑事の長台詞のシーンです。淡々と自説の推理を、あぐら姿で単刀直入に話す鳥飼 刑事。その隣で正座のまま身住いを正し、安田亮子を凝視していた三原紀一 刑事 役の高橋克典が、とても印象的でした。北野武 監督の俳優としての底力を視た思いでした。

 北野 監督に認められたいと思っていたか? 定かではありませんが(笑)トップクラスの俳優達は、多少ハイテンションな演技だった様です。その中で警視庁捜査二課 笠井係長 役の橋爪功は、全く動じず飄々と演じていたのが大変印象的でした。名優の品格さえ感じると同時に、北野武 監督の制作姿勢とは 相容れない、自己確立した芝居のスタンスを感じました。

 開局記念ドラマは、テレビ局が最も力を入れる作品ですが、視聴後の正直な印象として 民放ドラマでは、2002 ~ 3年に放送されたフジテレビ開局45周年記念ドラマ・木曜劇場「白い巨搭」以来の名作ドラマだと、今回の作品は感じました。クレジット序列の分析は、大変難しいものがありましたが、次の通り格付けしました。

 11月24日・25日 放送、テレビ朝日 開局50周年記念ドラマ「松本清張 点と線」エンドロール・クレジット(出演者発表)序列は … ◎ ビートたけし / ○ 高橋克典 / △ 内山理名 / △ 小林稔侍 / △ 原沙知絵 / ○ 樹木希林 / 大浦龍宇一 → 金児憲史 → 大鶴義丹 → 星野真里 / ○ 橋爪功 / 平泉成 → 本田博太郎 → 名高達男 → 坂口良子 → 金田明夫 → 高橋由美子 → 山谷初男 → 梨本謙次郎 → 小野武彦 / △ かたせ梨乃 / △ 竹中直人 / ○ 江守徹(特別出演)/ ○ 池内淳子(特別出演)/ ○ 宇津井健(特別出演)/ ◎ 市原悦子(特別出演)/ ○ 夏川結衣 / ◎ 柳葉敏郎 / ○ 石坂浩二(ナレーション)… となっています。

 今回は 1画面に 2人まで配役が紹介された俳優のみ格付け対象としました。俳優表示のリズムや 区切り方にも意味合いがあり、それらを分析。/ は 表示間隔を示しています。無印 → △ → ○ の順でランクは 上がり、冠ドラマである「主役」さらに「特別出演のトメ」そして「トメ」以上 3名の ◎ が、今回における最高俳優と、このブログでは 独自な格付けをしています。


ブログ開始は 2003年です。

Mail-form


 頂いたメール内容の秘密は 厳守しています。

Search