FM長野リスナーである ラジオネーム:チャート★ドランカーの個人ブログです。
私の 週間選曲リスト と 週間放送視聴日記 を 公開・保存しています。

第63回ランキング

   
  1. 第 1 位 ( △ )
    茉樹代「桜咲くまで」
    SBC MBS・ドラマ30「桜咲くまで」主題歌
    ♪作・編曲は 塚崎陽平。

  2. 第 2 位 ( ▽ )
    NBS フジ・木曜劇場「白い巨塔」劇中効果音楽 [加古隆]

  3. 第 3 位 ( ⇒ )
    DREAMS COME TRUE「やさしいキスをして」
    SBC TBS・日曜劇場「砂の器」主題歌

  4. 第 4 位 ( △ )
    浜崎あゆみ“Moments”
    コーセー化粧品 テレビCMソング

  5. 第 5 位 ( ★ )
    SOULHEAD“YOU CAN DO THAT”
    メナード化粧品 テレビCMソング
    ♪彩りのあるハーモニーとサビのインパクト。


 NBS長野放送で視聴したフジテレビ開局45周年 記念ドラマ・木曜劇場『白い巨塔』は、21世紀で最初に出会えた最高水準の民放テレビドラマでした。

 このブログの「週間選曲リスト」では、昨年10月 放送開始にも拘らず劇伴音楽は、12月12日と遅めにリストインしました。当初まさか あの加古隆の凄い音楽を、ドラマ本編が こなし切るとは思ってもいませんでした。

 鵜飼 医学部長(伊武雅刀) 岩田 医師会長(曽我廻家文童) そして義父である財前又一(西田敏行)らのリアルな料亭密談シーンや、東 教授(石坂浩二)と 大河内 教授(品川徹)の教授選挙 投開票時の対照的な好演が、まず印象に残っています。

 そして東 教授を「甘いお方だ」と言い切った船尾 東都大学教授(中原丈雄)に、東教授側の選挙参謀として的確な票読みをするも、開票結果に茫然自失となる 今津 第二外科教授(山田明郷)など「白い巨塔」は、俳優のキャラクターと配役が ピタリはまっていました。

 また4日の第19回 放送ラスト・シーンは、テレビ史に残る名場面でした。傍聴席で絶叫した柳原 第一外科医局員役の伊藤英明と、大混乱となった法廷内で演じていた俳優・女優達の目が実に印象的でした。

 まず法廷の中で、慌てて制止しようとし突き飛ばされた後、柳原 第一外科医局員を思わず見上げた、竹内 第一内科医局員(佐々木蔵之介)の驚きの目がありました。

 さらに亀山 元第一外科看護師(西田尚美)の まるで予期していたかの様な哀感に満ちた眼差しと、東 教授(石坂浩二)の憐憫をたたえた目には、見事なコントラストを構成していました。

 そして対照的に「ドアホッ!」と恫喝した時の財前又一(西田敏行)から発する怒りの目付きは、コミカルな演技から離れた強烈なインパクトがありました。これら各俳優・女優達の「目の演技」は、僅か十数秒の間でしたが最高水準のカメラワークで捉えています。この凄まじい法廷劇は「白い巨塔」最大の見せ場でした。

 そしてこの秀逸なドラマ全体を貫いているのは、加古隆が創り上げた類例なき劇伴音楽効果なのです。提供スポンサーのクレジットが入っても、放送芸術の域まで達した素晴らしいタイトルバックで流れるテーマ音楽は、深遠なほど美しかったです。控訴審判決文を、公式HPで公開するほど練り上げられた脚本と、加古隆の凄い劇伴音楽がドラマ全体に相乗していました。

 4回目のテレビドラマ化。しかも近年の民放ドラマでは破格の2クール連続放送で迎えた 18日 放送の最終回視聴率は、記録的な数字を獲得しています。

 【最終回視聴率:関東地区 32・1% 関西地区 39・9%】

 『白い巨塔』全21回の完成度の高さは、民放ドラマとして信じられないほどです。まさか今のCX・フジテレビに、この様な言葉を書くとは思いませんでした(笑)。共同テレビさん、そしてフジテレビさん。本当に素晴らしいドラマを ありがとう。


ブログ開始は 2003年です。

Mail-form


 頂いたメール内容の秘密は 厳守しています。

Search

Pageguide

 長野県 松本市 に在住している、FM長野 リスナー「ラジオネーム:チャート★ドランカー」の個人ブログです。お読み頂き ありがとう ございます。ここは、2004年03月19日 の週間選曲リスト と『 白い巨塔 最終回 』に関する週間放送視聴日記のページです。

 「週間選曲リスト」では、ラジオ・テレビ放送音楽に関する私の評論を、5曲ごとの選曲と順位で、象徴的に表現しています。「週間放送視聴日記」には、徒然なるままな身辺雑記を織り交ぜながら、オールラウンドなラジオ・テレビ番組のレビューやデータが掲載されています。

 広告等は一切表示しないポリシーで、ブログ開始時から運営しているテキストブログです。デザイン総てが、オリジナルの自作で構成されています。週 1回「定点観測」の積み重ねによって、信州のラジオ・テレビ放送の歴史を、この小さなブログで、ゆるやかに紡いでいく事が出来れば嬉しい限りです。