FM長野リスナーである ラジオネーム:チャート★ドランカーの個人ブログです。
私の 週間選曲リスト と 週間放送視聴日記 を 公開・保存しています。

第255回ランキング

   
  1. 第 1 位 ( ⇒ )
    ERIKA“Destination Nowhere”
    abn テレ朝・金曜ナイトドラマ「モップガール」主題歌

  2. 第 2 位 ( △ )
    樋口了一「1/6の夢旅人2002」
    abn HTB・バラエティ番組「水曜どうでしょう Classic」エンディング テーマ

  3. 第 3 位 ( △ )
    一青窈「ただいま」
    SBC TBS・愛の劇場「愛のうた!」主題歌

  4. 第 4 位 ( ▽ )
    Sara Bareilles“LOVE SONG”
    ♪1位 2週、登場 8週。

  5. 第 5 位 ( ▽ )
    abn テレ朝・金曜ナイトドラマ「モップガール」劇中効果音楽 [吉川慶]


 FM長野の 第193回 放送番組審議会報告によれば、FM長野は 10月19日付で、非常災害時のニュース利用に関する覚書を、NHK長野放送局と取り交わしたと記載がありました。詳細は解りませんが、阪神淡路大震災におけるKiss-FM KOBEとNHK神戸放送局のニュース利用の様な形態を、事前協定したのだと私は推測しています。

 まだJFN未加盟だったKiss-FM KOBEは、あの阪神淡路大震災 発災直後 混乱の中にいました。慌てて出勤した小榑雅章 社長(当時)は、断片的にしか入らないニュース配信の中で、大震災を伝えるNHKテレビを視て思い付いたのだそうです。「NHKテレビの情報を、そのまま伝えよう」。すぐさま小榑 社長は、NHK神戸放送局に承諾を取り付けました。

 「NHKのテレビによると・・」というクレジットをつけて、Kiss-FM KOBEは、NHK総合テレビが流した地震情報を、そのままラジオで放送する事に踏み切ったのです。実に賢明な決断だったと思います。被災地のラジオ・テレビは、ニュースソースに拘っていると、とても災害情報を電波で届ける事が困難な状況だったのです。

 MBSラジオの人気番組「ありがとう浜村淳です」は、大震災直後でも、通常のコーナーをオンエアーしようとしていました。しかし、途中から報道特別番組に切り替わっています。地震に関する情報は入り次第お伝えします、と言いつつも、いつもの浜村節に戻るというのは、あまりの人気の高さに、普段から緊急報道が入り込めない聖域になっている事を物語っていました。

 同じくABCラジオの人気番組「おはようパーソナリティ 道上洋三です」では、番組内容を大震災直後から、地震関連のニュースに切り替えていましたが、断片的な情報をオンエアーしているだけでした。それでも午前8時前あたりから、阪神高速道路高架の倒壊や、阪急電車車両の破壊など、重大な災害情報を少しずつ伝え始めていました。

 神戸のサンテレビは、局舎が液状化現象に襲われるなど大変な状況の中で、ひとりまたひとりと出社してきた社員をスタジオに呼んで、アナウンサーがインタビュー形式で被災の様子を、カメラの前でリポートさせる独自の報道特別番組を放送していました。そして徐々に被災地の放送局として、ライフライン情報と生活情報に特化した報道へとシフトチェンジしていきます。

 現在の「FM長野ニュース」編成は、非常災害時のニュースソース確保について心配な点もありました。もしFM長野 と NHK長野放送局との覚書が、この様な非常災害時のニュース提供を双務で事前協定するものでしたら、FM長野の決断に敬意を表します。ここを起点として、次は平時のFM長野ニュースや、速報報道も充実していく事を期待しています。


ブログ開始は 2003年です。

Mail-form


 頂いたメール内容の秘密は 厳守しています。

Search

Pageguide

 長野県 松本市 に在住している、FM長野 リスナー「ラジオネーム:チャート★ドランカー」の個人ブログです。お読み頂き ありがとう ございます。ここは、2007年12月14日 の週間選曲リスト と『 阪神淡路大震災と 被災時のラジオ局 』に関する週間放送視聴日記のページです。

 「週間選曲リスト」では、ラジオ・テレビ放送音楽に関する私の評論を、5曲ごとの選曲と順位で、象徴的に表現しています。「週間放送視聴日記」には、徒然なるままな身辺雑記を織り交ぜながら、オールラウンドなラジオ・テレビ番組のレビューやデータが掲載されています。

 広告等は一切表示しないポリシーで、ブログ開始時から運営しているテキストブログです。デザイン総てが、オリジナルの自作で構成されています。週 1回「定点観測」の積み重ねによって、信州のラジオ・テレビ放送の歴史を、この小さなブログで、ゆるやかに紡いでいく事が出来れば嬉しい限りです。