FM長野リスナーである ラジオネーム:チャート★ドランカーの個人ブログです。
私の 週間選曲リスト と 週間放送視聴日記 を 公開・保存しています。

第256回ランキング

   
  1. 第 1 位 ( △ )
    樋口了一「1/6の夢旅人2002」
    abn HTB・バラエティ番組「水曜どうでしょう Classic」エンディング テーマ

  2. 第 2 位 ( △ )
    一青窈「ただいま」
    SBC TBS・愛の劇場「愛のうた!」主題歌

  3. 第 3 位 ( ▽ )
    ERIKA“Destination Nowhere”
    abn テレ朝・金曜ナイトドラマ「モップガール」主題歌

  4. 第 4 位 ( ★ )
    V6“way of life”
    NBS フジ・土曜ドラマ「SP 警視庁警備部警護課第四係」主題歌
    ♪選曲の可否に相当悩んだが、ユニゾンから離脱しようとする試みと 優れた旋律は有する佳曲。

  5. 第 5 位 ( ★ )
    奥田民生「無限の風」
    ♪単音なヴォーカルを生かしたメディアムロックな佳曲。


 最近このブログでは、abn長野朝日放送の番組ばかり誉めている気もしますが(笑)今週は「タモリ倶楽部」です(笑)。abnでは、テレ朝から 8日遅れの日曜深夜に現在放送しています。視聴率調査は 1分単位の測定(通称・毎分)ですが、この番組は オープニング と ラストに、その 毎分 を相当稼いでしまいます(笑)。

 「毎度おなじみ流浪の番組 タモリ倶楽部」は、1982年10月から続いている深夜バラエティ番組の老舗です。いいとも明けのオールロケで、ほぼサイクルで登場するお馴染みのタレントゲストと共に、疑似カルチャーワールドを展開します。タモリ倶楽部 には、名物コーナー「空耳アワー」や、非常に特徴的なワンフレーズBGの多用に、強い音楽性も顕在します。

 私のテレビ番組録画テープを探してみましたら、一晩徹夜の若手芸人を特上弁当 と 缶ビール そしてタモリとの心なごむ雑談でリラックスさせ、そのままマッサージ付のベットへ直行させた、1995年 7月28日 放送「若手芸人不眠デスマッチ」が出てきました。不眠を耐える事で露出する人間性と、それでいて全体を取り巻く妙な優しさが醸し出された傑作でした。

 最近では、何と言っても「タモリ電車倶楽部」の企画が秀逸です。9日 と16日の放送では、東京メトロに王子検車区から 綾瀬検車区まで、乗り換えなしのタモリ倶楽部専用臨時電車を走らせました。放送では、有楽町線 と 千代田線を結ぶ「幻の連絡線」が紹介され、そのタモリ倶楽部専用臨時電車が その幻の連絡線を実際に運行したのです。

 私はマニアと言うほどではありませんが(笑)ペーパードライバーになる事を厭わず(笑)通勤などに電車を積極利用する鉄道ファンのひとりです。国会議事堂・警視庁・外務省と 日本の中枢の真下を通る この「幻の連絡線」は、放送して公安上 さらに防衛上の問題がないのかと思ってしまうほど、非常に興味深いものがありました。

 タモリ倶楽部の不眠企画は、この後 ほかのバラエティ番組でも真似をされており、鉄道企画も深夜番組と片付ける事が出来ないほど、実に専門的で深いものがありました。“FOR THE SOPHISTICATED PEOPLE”「洗練された人達へ」というサブタイトルに、この長寿番組のテーマが隠されているのかも知れません。


(追記) 紹介した「タモリ倶楽部 若手芸人不眠デスマッチ」と「祝!地下鉄開通80周年 ~ メトロに乗って綾瀬検車区へ行こう」は、録画をデジタル化し、MPEGファイルで保存を続けています。


ブログ開始は 2003年です。

Search

Mail-form


 頂いたメール内容の秘密は 厳守しています。