FM長野 リスナーである ラジオネーム:チャート★ドランカーの個人ブログです。
私の 週間選曲リスト と 週間放送視聴日記 を 公開・保存しています。

Year‐End Ranking

公開 : 
  1. 第 1 位 ( 6)
    NHK総合・大河ドラマ「風林火山」テーマ音楽 [千住明]
    ♪騎馬の律動感まで表現する重厚な旋律と度を上げた和音構成が、大河ドラマ最高水準の美しいタイトルバック映像に相乗した、極めて完成度の高いテーマ音楽。

  2. 第 2 位 ( 5)
    柴咲コウ「ひと恋めぐり」
    SBC TBS・愛の劇場「砂時計」主題歌

  3. 第 3 位 ( 3)
    元ちとせ「恵みの雨」
    P&G社 テレビCMソング

  4. 第 4 位 ( 2)
    NHK総合・木曜時代劇「柳生十兵衛七番勝負 最後の闘い」劇中効果音楽 [梅林茂]

  5. 第 5 位 ( 4)
    abn テレ朝・ドラマ「相棒」劇中効果音楽 [池頼広]


 2007年も年の納めを迎え、このブログの更新は今年最後となります。そこで今週の週間選曲リストは『2007 年間ランキング』を公開しました。

 この年間ランキングは、2007年 1月 5日 第206回ランキングから、2007年12月21日 第256回ランキング までの週間選曲リストを対象に作成した「年間選曲リスト」です。

 期間内のリストイン総曲数は 40曲。年間ランキングの選曲条件をクリアした楽曲数が 17曲と記録されています。

 今年の年間ランキングの選曲理由は、次の通りです。

 年間 1 位は、千住明が制作した 大河ドラマ「風林火山」テーマ音楽。

 【1位 6週 登場30週】

 年間 2 位は、柴咲コウ「ひと恋めぐり」。

 【1位 5週 登場 8週】

 年間 3 位は、元ちとせ「恵みの雨」。

 【1位 3週 登場 9週】

 年間 4 位は、梅林茂が制作した 時代劇「柳生十兵衛七番勝負 最後の闘い」劇伴音楽。

 【1位 2週 登場 8週】

 年間 5 位は、池頼広が制作した ドラマ「相棒」劇伴音楽。

 【1位 4週 登場11週】

 以上の通り、今年の年間ランキング( Year-End Ranking )が確定・決定しました。

 今年は選曲条件をクリアした楽曲の間に、データ的な差が あまりありませんでした。リストイン総曲数は昨年と同数で過去最少タイでしたが、1位楽曲数は増加に転じています。

 年間1位は 自動確定。年間2位以下に関しては 1位週数のデータを軸としてルールの「選曲基準」により改めて慎重に選曲し、次に累積資料であるデータを参考に順位を決定しました。

 特に年間3位から5位に関しては「1位週数」及び「登場週数」のデータを参考にしつつも、独自性の高い順位決定を行っています。

 今年最も美しい5曲の内訳は、インストゥルメンタルのドラマ・テーマ音楽(劇伴音楽)3曲、ドラマ主題歌 1曲、テレビCMソング 1曲 となっています。

 2年連続 NHK大河ドラマのインストゥルメンタル・テーマ音楽が、年間1位をマークしました。劇伴音楽も高いポジションで選曲されています。しかし、やはり美しい放送音楽を紹介する「週間選曲リスト」の作成に苦労した年だったと言えます。

 74年ぶりに国内最高気温極値が更新された歴史的な猛暑や、長野も強い揺れに見舞われた新潟県中越沖地震など天変が目立った 2007年。『年間ランキング』公表をもって今年の更新が終了し、このブログは年越しとなります。ご愛読者の皆様には、どうぞ良いお年を お迎えください。


ブログ開始は 2003年です。

ブログ内 検索

独自のサーチエンジンで
対象リストを即時表示します。

G U I D E

 長野県 松本市 に在住している、FM長野 リスナー「ラジオネーム:チャート★ドランカー」の個人ブログです。

 お読み頂き ありがとう ございます。ご愛読者の皆様には、心から感謝申し上げます。

 ここは、2007年12月28日 の週間選曲リストと『 2007 年間ランキング 』に関する週間放送視聴日記のページです。

 このブログでは、次の2つのコンテンツを、毎週1リストにまとめて公開・保存しています。画像に依存しないテキストブログです。

 「週間選曲リスト」では、ラジオ・テレビ放送音楽に関する私の評論を、5曲ごとの選曲と順位で、象徴的に表現しています。

 「週間放送視聴日記」には、徒然なるままな身辺雑記を織り交ぜながら、オールラウンドなラジオ・テレビ番組のレビューやデータが掲載されています。

 広告等は一切表示しないポリシーで、ブログ開始時から運営しています。デザイン総てがオリジナルの自作です。

 週1回「定点観測」の積み重ねで、FM長野を始めとする信州のラジオ・テレビ放送の歴史を、この小さなブログで、ゆるやかに紡いでいく事が出来れば嬉しい限りです。