FM長野リスナーである ラジオネーム:チャート★ドランカーの個人ブログです。
私の 週間選曲リスト と 週間放送視聴日記 を 公開・保存しています。

第154回ランキング

   
公開 : 
  1. 第 1 位 ( △ )
    石川一宏“Save Our Souls”
    ABN テレ朝・情報バラエティ番組「奇跡の扉 TVのチカラ」テーマ音楽

  2. 第 2 位 ( △ )
    倖田來未“you”

  3. 第 3 位 ( ▽ )
    D.D.D“Heart”
    ABN テレ朝・金曜ナイトドラマ「着信アリ」主題歌
    ♪1位 5週、登場 8週。

  4. 第 4 位 ( ⇒ )
    ABN テレ朝・ドラマ「相棒」テーマ音楽 [池頼広]

  5. 第 5 位 ( ★ )
    ABN テレ朝・ドラマ「相棒」劇中効果音楽 [池頼広]
    ♪テーマ音楽とは別途に、ラストに流れる哀感漂うピアノを中心としたアンサンブル劇伴1曲がリスト対象。


 2003年 1月から、順位付き「週間選曲リスト」と「週間放送視聴日記」のインターネットにおける公開・保存を、無料携帯サイトのブログ機能(後のMSNスペース)で、ささやかにスタートしました。

 その3年前の 2000年 2月には「ブログ」という概念が、既に日本のネット雑誌“Hot Wired Japan”で初紹介されています。

 「ウェブログ(略してブログ)とは、ウェブ上にある興味深いコンテンツへのリンクや批評を記した、定期更新されている『リスト』の事。ほとんどのウェブログが、個人により維持されている。」と、その翻訳論文には書かれています。

 ブログは 一般のホームページと異なり、最新記事が自動的にトップページへ掲載され、実に明解です。

 日付つまり「時系列」での管理が基本になります。ブロガーによって好き嫌いの分かれる点ですが、このブログでは最も大切な要素だと思っています。

 約3年続いている「週間選曲リスト」と「週間放送視聴日記」が、ひとつの『リスト』を構成し、毎週金曜夜に更新するスタイルは、このブログの根幹です。

 特に「週間放送視聴日記」は、時代の動きや、その時ブロガー自身は何を考えていたのか はっきり判る様に、地元・FM長野を中心に視聴したオールラウンドなラジオ・テレビ番組のレビュー・データや、懐かしいテレビ番組の再視聴回顧記、さらに徒然なるままな折節の「身辺雑記」やブログ・ブロガーからの運営情報も織り交ぜて構成しています。

 「週間選曲リスト」の価値は、音楽の知識やセンスだけでなく、音楽以外の あらゆる事象に関する選曲者の思考過程を公開した日記によって裏付けされると思うからです。

 この「週間放送視聴日記」と、ラジオ・テレビ放送音楽に関する私の評論を象徴的に表現した「週間選曲リスト」が一体になってこそ、このブログのレゾンデートル(存在理由)はあると考えています。

 今週からライブドアさんのブログサービスを通じて、いよいよ本格的なブログとして発信します。

 このブログは時系列、特に「1週間」というブログ的にスパンの長い時間の単位を、最も大切にしています。

 週1回「定点観測」の積み重ねで、整序された年表の如く ゆるやかに、FM長野を始めとする信州のラジオ・テレビ放送の歴史を、このチャート★ドランカー【FM長野 リスナー】BLOGで、ゆるやかに紡いでいく事が出来れば嬉しい限りです。


(追記) 2010年 4月に、このブログは さくらインターネットへ移転し、WORDPRESSで独立運用しています。


ブログ開始は 2003年です。

ブログ内 検索

独自のサーチエンジンで
対象リストを即時表示します。

G U I D E

 長野県 松本市 に在住している、FM長野 リスナー「ラジオネーム:チャート★ドランカー」の個人ブログです。

 お読み頂き ありがとう ございます。ご愛読者の皆様には、心から感謝申し上げます。

 ここは、2005年12月23日 の週間選曲リストと『 ブログ お引越し 』に関する週間放送視聴日記のページです。

 このブログでは、次の2つのコンテンツを、毎週1リストにまとめて公開・保存しています。画像に依存しないテキストブログです。

 「週間選曲リスト」では、ラジオ・テレビ放送音楽に関する私の評論を、5曲ごとの選曲と順位で、象徴的に表現しています。

 「週間放送視聴日記」には、徒然なるままな身辺雑記を織り交ぜながら、オールラウンドなラジオ・テレビ番組のレビューやデータが掲載されています。

 広告等は一切表示しないポリシーで、ブログ開始時から運営しています。デザイン総てがオリジナルの自作です。

 週1回「定点観測」の積み重ねで、FM長野を始めとする信州のラジオ・テレビ放送の歴史を、この小さなブログで、ゆるやかに紡いでいく事が出来れば嬉しい限りです。