FM長野リスナーである ラジオネーム:チャート★ドランカーの個人ブログです。
私の 週間選曲リスト と 週間放送視聴日記 を 公開・保存しています。

第272回ランキング

   
  1. 第 1 位 ( ⇒ )
    NHK総合・大河ドラマ「篤姫」テーマ音楽 及び 劇中効果音楽 [吉俣良]

  2. 第 2 位 ( △ )
    NHK総合・連続テレビ小説「瞳」テーマ音楽 [山下康介]

  3. 第 3 位 ( △ )
    今井美樹「足音」
    テレビ東京・2時間サスペンスドラマ「水曜ミステリー9」エンディング テーマ曲

  4. 第 4 位 ( ▽ )
    暮部拓哉“HANA”
    NHK総合・ミニ音楽番組「みんなのうた」2 ~ 3月 オンエアー曲
    ♪1位 2週、登場 9週。

  5. 第 5 位 ( ★ )
    堺正章「忘れもの」
    NBS KTV・ドラマ「無理な恋愛」主題歌
    ♪歌唱に上手くマッチした正統派ポップス。


 大河ドラマ「篤姫」の視聴率が、一時 25%を超えました。ここ数年にない好調さを維持しています。何故「篤姫」の人気が高いのでしょうか? 主役の宮崎あおい は、エピソードを重ねるにつれ、あながち奔放な女性の演技とは言い切れない何かがあります。お辞儀などは、まるで命令系統が染みついた軍人の様な礼をします。

 「篤姫」に人が斬られるシーンが、ほとんどありません。ブログにも書きましたが、シーンやストーリーの切り口に歴史観が感じられず、展開パターンは 朝ドラの様です(笑)。今までの大河ドラマに親しんできたファンは、そのパターンから物足りなさを感じるのだと思います。しかし、このパターン記憶は あいまいなのです。

 地元CATVで「時代劇専門チャンネル」を視て気付いたのですが、現在 同チャンネルで放送されている大河ドラマ「おんな太閤記」(1981年本放送)の脚本は 橋田寿賀子。全編が豊臣家で展開する「渡る世間は鬼ばかり」(笑)です。そのホームドラマ度は、篤姫以上の印象を受けました。但し考証に問題は ありません。

 もしテレビジョンが 明治時代に存在していたと仮定して、その明治時代に 幕末を舞台とする大河ドラマが放送されたとしたら、どうなるでしょうか? 時代考証も ストーリーも完璧な大河ドラマが放送されたはずです。現代の大河ドラマとは、比較にならないかも知れません。しかし、それはリアルタイムで幕末を経験した視聴者が、大多数存在する故に リアルなのだと思います。

 時代劇は、その本放送当時の「現代」をも反映してこそレゾンデートル(存在価値)が生じるものです。但しシナリオで表現される歴史認識は、出来る限り普遍であるべきだと思います。シナリオライターには、自らが産まれた国の歴史観が、絶対に必要なのです。その点やはり不安が残りますが、今後の大河ドラマ「篤姫」に期待しています。

 NHK大河ドラマ「篤姫」13日 放送・第15回「姫、出陣」タイトルバック・クレジット(配役発表)序列は … ○ 宮崎あおい → 瑛太 → 小澤征悦 → 原田泰造 / △ 樋口可南子 → △ 岡田義徳 / △ 沢村一樹 → ともさかりえ → 的場浩司 → 佐藤藍子 → 大和田伸也 → 東儀秀樹 → △ 余貴美子 / ○ 江守徹 → △ 真野響子 → △ 涼風真世 → △ 草刈正雄 → △ 長門裕之 → △ 松坂慶子 → ◎ 高橋英樹 … となっています。

 ここに掲載されたピンクレ(1画面に1人だけ配役が紹介される)俳優を格付け対象としました。タイトルバックでは、俳優表示のリズムや 区切り方にも意味合いがあり、それらを分析。 / は 表示間隔を示しています。無印 → △ → ○ の順でランクは上がり「トメ」の ◎ が、今回における最高俳優と、このブログでは 独自な格付けをしています。


ブログ開始は 2003年です。

Search

Mail-form


 頂いたメール内容の秘密は 厳守しています。