FM長野リスナーである ラジオネーム:チャート★ドランカーの個人ブログです。
私の 週間選曲リスト と 週間放送視聴日記 を 公開・保存しています。

All‐Time Ranking

   
  1. 第 1 位 (11)
    NHK総合・大河ドラマ「龍馬伝」テーマ音楽 [佐藤直紀]
    ♪エスニックな旋律とオーケストレーションされた和声が絶妙に調和し、その転調の美しさは神域へも達している、500週間に放送した全テレビドラマ テーマ音楽の最高傑作。

  2. 第 2 位 (10)
    NBS フジ・木曜劇場「白い巨塔」劇中効果音楽 [加古隆]

  3. 第 3 位 ( 8)
    NHK総合・大河ドラマ「功名が辻」テーマ音楽 [小六禮次郎]

  4. 第 4 位 ( 7)
    柴田淳「おかえりなさい。」
    abn テレ朝・木曜ミステリー「おみやさん」主題歌

  5. 第 5 位 ( 4)
    GARNET CROW「まぼろし」
    abn テレ朝・木曜ミステリー「新・科捜研の女」主題歌


 このブログで毎週公開している「週間選曲リスト」が、500回目を迎えました。そこで今週の週間選曲リストは『第500回記念 全期間ランキング』を公開しました。

 この全期間ランキングは、2003年 1月 3日 第 1回ランキングから、2012年 9月21日 第499回ランキング までの週間選曲リストを対象に作成した「総合選曲リスト」です。全期間内のリストイン総曲数は 365曲。選曲条件をクリアした楽曲数が 49曲と記録されています。第500回記念 全期間ランキングの累積資料は、次の通りです。

 【1位11週 登場40週】① 龍馬伝 テーマ音楽。 【1位10週 登場16週】② 白い巨塔 劇伴音楽。 【1位 8週 登場27週】③ 功名が辻 テーマ音楽。 【1位 7週 登場11週】④ おかえりなさい。 柴田淳。 【1位 4週 登場10週】⑤ まぼろし GARNET CROW。

 以上の累積資料 と 参照先リストの選曲理由に基づき、第500回記念 全期間ランキング( All-Time Ranking )が確定・決定しました。このブログで休まず続いてきた週間選曲リストの集大成を、ここに公開致しました。第500回記念 全期間ランキングは、500週間の週間選曲リストを、5曲の選曲と順位だけで表現する 総合選曲リスト です。

 全期間 1位は 自動確定。次に 1位週数を軸に、年間ランキング 1位楽曲から まず 2曲を選曲。そしてルールに基づき、意外性のある選曲 として、年間ランキング 2位楽曲 と 5位楽曲から、美しい全期間ランキング楽曲を 2曲 さらに選曲しました。なお 2位以下の全期間順位は、選曲完了後、累積資料である 1位週数・登場週数 のデータを参考に決定しています。

 ブログ開始から 500週間 最も美しい 5曲の内訳は、インストゥルメンタルのドラマ・テーマ音楽(劇伴音楽)2曲、ドラマ主題歌 2曲、オン ヴォーカルのドラマ・テーマ音楽 1曲 となっています。

 NHK大河ドラマからテーマ音楽を 2曲、東映・テレビ朝日制作のミステリー ドラマ枠から主題歌を 2曲、それぞれ選曲しています。そして全期間 1位が出た年度(2010年)以外で、年間ランキングに占める 1位週数の密度が最も高かった 2006年(計 32週)の年間ランキングから 2曲 選曲し、多次元な観点で全期間ランキング 5曲を構成しました。

 第 1回ランキング以来 休まず週間選曲リストを、このブログにアップし続け、ここに 500回記念の全期間ランキングを特別に公開出来た事は、本当に夢のようです。これからも「チャート★ドランカー BLOG」を、引き続き ご愛読頂ければ幸いです。


ブログ開始は 2003年です。

Mail-form


 頂いたメール内容の秘密は 厳守しています。

Search

Pageguide

 長野県 松本市 に在住している、FM長野 リスナー「ラジオネーム:チャート★ドランカー」の個人ブログです。お読み頂き ありがとう ございます。ここは、2012年09月28日 の週間選曲リスト と『 第500回記念 全期間ランキング 』に関する週間放送視聴日記のページです。

 「週間選曲リスト」では、ラジオ・テレビ放送音楽に関する私の評論を、5曲ごとの選曲と順位で、象徴的に表現しています。「週間放送視聴日記」には、徒然なるままな身辺雑記を織り交ぜながら、オールラウンドなラジオ・テレビ番組のレビューやデータが掲載されています。

 広告等は一切表示しないポリシーで、ブログ開始時から運営しているテキストブログです。デザイン総てが、オリジナルの自作で構成されています。週 1回「定点観測」の積み重ねによって、信州のラジオ・テレビ放送の歴史を、この小さなブログで、ゆるやかに紡いでいく事が出来れば嬉しい限りです。