FM長野 リスナーである ラジオネーム:チャート★ドランカーの個人ブログです。
私の 週間選曲リスト と 週間放送視聴日記 を 公開・保存しています。

Year‐End Ranking

公開 : 
  1. 第 1 位 ( 8)
    NHK総合・大河ドラマ「功名が辻」テーマ音楽 [小六禮次郎]
    ♪ドラマの主題が表現された情感へ訴える旋律のリフレインを、NHK交響楽団とリズムトラックでサンプリングした大河ドラマ・テーマ音楽の傑作。

  2. 第 2 位 ( 8)
    中島みゆき「銀の龍の背に乗って」
    NBS フジ・木曜劇場「Dr.コトー診療所2006」主題歌

  3. 第 3 位 ( 6)
    ナナムジカ「僕達の舞台」
    SBC TBS・ナショナル劇場「特命!刑事どん亀」主題歌

  4. 第 4 位 ( 6)
    伴都美子「鵺の鳴く夜」
    NHK総合・木曜時代劇「柳生十兵衛七番勝負 島原の乱」主題歌

  5. 第 5 位 ( 4)
    GARNET CROW「まぼろし」
    abn テレ朝・木曜ミステリー「新・科捜研の女」主題歌


 2006年も年末を迎え、このブログの更新は今年最後となります。そこで今週の週間選曲リストは『2006 年間ランキング』を公開しました。

 この年間ランキングは、2006年 1月 6日 第155回ランキングから、2006年12月22日 第205回ランキング までの週間選曲リストを対象に作成した「年間選曲リスト」です。

 期間内のリストイン総曲数は 39曲。年間ランキングの選曲条件をクリアした楽曲数が 12曲と記録されています。

 今年の年間ランキングの選曲理由は、次の通りです。

 年間 1 位は、小六禮次郎が制作した 大河ドラマ「功名が辻」テーマ音楽。

 【1位 8週 登場27週】

 年間 2 位は、中島みゆき「銀の龍の背に乗って」。

 【1位 8週 登場11週】

 年間 3 位は、ナナムジカ「僕達の舞台」。

 【1位 6週 登場14週】

 年間 4 位は、伴都美子「鵺の鳴く夜」。

 【1位 6週 登場 9週】

 年間 5 位は、 GARNET CROW「まぼろし」。

 【1位 4週 登場10週】

 以上の通り、今年の年間ランキング( Year-End Ranking )が確定・決定しました。

 今年は、最も長く1位を記録(8週)した楽曲が 2曲ありました。ルールに従い登場週数が多い「功名が辻」テーマ音楽を、年間1位と確定。もう1曲の中島みゆき「銀の龍の背に乗って」は、年間ランキングに自動選曲され、年間2位と決定しました。

 年間3位から5位に関しては、選曲条件をクリアした楽曲の中から1位週数のデータを軸として改めて慎重に選曲し、1位週数・登場週数を参考データに順位を決定しました。

 今年最も美しい5曲の内訳は、ドラマ主題歌 4曲、インストゥルメンタルのドラマ・テーマ音楽 1曲 となっています。

 3年連続インストゥルメンタルのテーマ音楽は年間1位でしたが、ドラマ主題歌も 4曲を占めました。

 またリストイン総曲数と選曲条件をクリアした1位楽曲数が、共に過去最少となっており、美しい放送音楽を紹介していく「週間選曲リスト」の選曲に苦労した1年でしたが、年間選曲リストはレベルの高い5曲が選曲されています。

 5年半続いた小泉純一郎内閣は終焉を迎え、秋篠宮悠仁親王殿下 ご誕生という41年ぶりの慶事があった 2006年。『年間ランキング』公開をもって今年の更新が終了し、このブログは年越しとなります。ご愛読者の皆様には、どうぞ良いお年を お迎えください。


ブログ開始は 2003年です。

ブログ内 検索

独自のサーチエンジンで
対象リストを即時表示します。

G U I D E

 長野県 松本市 に在住している、FM長野 リスナー「ラジオネーム:チャート★ドランカー」の個人ブログです。

 お読み頂き ありがとう ございます。ご愛読者の皆様には、心から感謝申し上げます。

 ここは、2006年12月29日 の週間選曲リストと『 2006 年間ランキング 』に関する週間放送視聴日記のページです。

 このブログでは、次の2つのコンテンツを、毎週1リストにまとめて公開・保存しています。画像に依存しないテキストブログです。

 「週間選曲リスト」では、ラジオ・テレビ放送音楽に関する私の評論を、5曲ごとの選曲と順位で、象徴的に表現しています。

 「週間放送視聴日記」には、徒然なるままな身辺雑記を織り交ぜながら、オールラウンドなラジオ・テレビ番組のレビューやデータが掲載されています。

 広告等は一切表示しないポリシーで、ブログ開始時から運営しています。デザイン総てがオリジナルの自作です。

 週1回「定点観測」の積み重ねで、FM長野を始めとする信州のラジオ・テレビ放送の歴史を、この小さなブログで、ゆるやかに紡いでいく事が出来れば嬉しい限りです。