FM長野 リスナーである ラジオネーム:チャート★ドランカーの個人ブログです。
私の 週間選曲リスト と 週間放送視聴日記 を 公開・保存しています。

第205回ランキング

   
公開 : 
  1. 第 1 位 ( ⇒ )
    中島みゆき「銀の龍の背に乗って」
    NBS フジ・木曜劇場「Dr.コトー診療所2006」主題歌

  2. 第 2 位 ( △ )
    abn テレ朝・ドラマ「相棒」劇中効果音楽 [池頼広]

  3. 第 3 位 ( ▽ )
    NBS フジ・木曜劇場「Dr.コトー診療所2006」劇中効果音楽 [吉俣良]

  4. 第 4 位 ( △ )
    FAYRAY「ひとりよりふたり」
    NHK総合・連続テレビ小説「芋たこなんきん」主題歌
    ♪転調処理のアレンジも巧い。

  5. 第 5 位 ( ▽ )
    Delta Goodrem“Flawed ~ 埋まらないパズル”

 名女優の岸田今日子さんが、17日に お亡くなりになりました。。

 岸田さんと言えば、1969年放送開始のアニメ「ムーミン  第1TVシリーズ」でのアフレコが あまりにも有名です。また「演劇集団 円」の後輩俳優であった渡辺謙とのコンビも鮮明に思い出されます。

 NBS長野放送(フジ系)の時代劇「御家人斬九郎」(1995年 1月 ~ 2002年 2月・全50話 本放送)そして2時間ドラマ「鍵師シリーズ」(1993年 3月 ~ 1997年10月・全5話 本放送)で、ふたりは母と子を演じていました。

 時代劇と現代ドラマの両方で、かつ ほぼ同時期の本放送という珍しい親子キャストです。いずれも岸田今日子さんの我が道を行き 時には暴走する(笑)母親と、その母親に翻弄されながらも、同居のスタイルを崩さず大切にする渡辺謙の一人息子の設定でした。

 2作品共に岸田今日子さん演ずる奔放な母親が、渡辺謙の日常を表面上拘束してしまう描写も多く、それが笑いを誘うのですが、実は斬九郎も鍵師・水谷浩二も、その中で自由に生きていたのです。

 密度の濃い母子関係を「御家人斬九郎」「鍵師シリーズ」という時代が異なる ふたつの家庭から魅せてくれました。2作品共に名作ドラマでした。御冥福をお祈りします。

 我が家で飼っているミシシッピ アカミミガメのお馴染み「かめクン」。16回目の冬眠に入っています。

 冬眠といっても、飼育ケースごと保温用の布団に包み、暖かい寝室へ入れておくだけですし、真冬でも好天の日は必ず出し日光浴をさせています。かめクン はガバと起き、すぐさま丘に上がって日光浴を始めます。

 この日光浴が、長年 無事冬眠を続けてきたコツになっています。それでも ここ2年は連続して冬眠明けの春先に首筋に「おでき」(皮膚病)が出来てしまいました。

 とりわけ この冬は、冬眠中の水質管理に大変気を付けています。そのせいもあって、機嫌よく熟睡している かめクン です。

 我が家に美術作品は殆どありませんが(笑)亡き母と行った「山下清」作品展覧会で購入した「トンネルのある風景」の公式絵葉書を、ミニ額縁に入れて飾っています。

 この「トンネルのある風景」は、亡き母の故郷である福島県 いわき市を描いています。そして この「トンネルのある風景」が、我が家の小さな小さなギャラリーなのです。

 気圧計・温湿度計・時計が掛けてあるだけの、インテリアを抑えたシンプルな我が家ですが、それ故に山下清 画伯の作品「トンネルのある風景」がアクセントになっています。

 なにかと慌しい年の瀬。小さなギャラリーも丁寧に掃除して新年を迎える、我が家の年末風景の一コマです。


ブログ開始は 2003年です。

ブログ内 検索

独自のサーチエンジンで
対象リストを即時表示します。

G U I D E

 長野県 松本市 に在住している、FM長野 リスナー「ラジオネーム:チャート★ドランカー」の個人ブログです。

 お読み頂き ありがとう ございます。ご愛読者の皆様には、心から感謝申し上げます。

 ここは、2006年12月22日 の週間選曲リストと『 岸田今日子さん と 御家人斬九郎・鍵師 』に関する週間放送視聴日記のページです。

 このブログでは、次の2つのコンテンツを、毎週1リストにまとめて公開・保存しています。画像に依存しないテキストブログです。

 「週間選曲リスト」では、ラジオ・テレビ放送音楽に関する私の評論を、5曲ごとの選曲と順位で、象徴的に表現しています。

 「週間放送視聴日記」には、徒然なるままな身辺雑記を織り交ぜながら、オールラウンドなラジオ・テレビ番組のレビューやデータが掲載されています。

 広告等は一切表示しないポリシーで、ブログ開始時から運営しています。デザイン総てがオリジナルの自作です。

 週1回「定点観測」の積み重ねで、FM長野を始めとする信州のラジオ・テレビ放送の歴史を、この小さなブログで、ゆるやかに紡いでいく事が出来れば嬉しい限りです。