FM長野リスナーである ラジオネーム:チャート★ドランカーの個人ブログです。
私の 週間選曲リスト と 週間放送視聴日記 を 公開・保存しています。

第146回ランキング

   
  1. 第 1 位 ( △ )
    ABN テレ朝・ドラマ「相棒」テーマ音楽 [池頼広]

  2. 第 2 位 ( ▽ )
    宇多田ヒカル“Be My Last”

  3. 第 3 位 ( ⇒ )
    NBS フジ・木曜劇場「大奥 ~ 華の乱」劇中効果音楽 [石田勝範]

  4. 第 4 位 ( ⇒ )
    ABN テレ朝・木曜ミステリー「女刑事みずき ~ 京都洛西署物語」劇中効果音楽 [佐橋俊彦]

  5. 第 5 位 ( ☆ )
    NHK総合・金曜時代劇「慶次郎縁側日記」テーマ音楽 [川崎真弘]
    ♪第2シリーズも変わらず心に染みるテーマ音楽を使っている。


 秋は 芸術の季節ですが、娯楽番組が殆どの民放テレビにも美術・芸術番組は存在します。長野県 諏訪市に本社がある セイコーエプソン(EPSON)1社提供「EPSON MUSEUM 美の巨人たち」(テレビ東京・2000年 4月 ~ 現在放送中)は、民放テレビに珍しい稀有な美術紹介番組です。地元SBC信越放送でも、番販購入によりネット放送しています。

 私が録画保存している 2001年12月 8日 本放送「谷内六郎 ~ 上総の町は貨車の列 物見の高さに海がある」は、空想の詩人・谷内六郎 画伯の原点というべき、週刊新潮・創刊号表紙絵を深く考察しています。週刊新潮は、創刊時に自らの表紙に関して、米国の著名雑誌「ニューヨーカー」をモデルに置いていました。絵画のような全面イラストの表紙です。

 白羽の矢が飛んできた谷内六郎 画伯は、病弱だった事もあり、その表紙絵を毎週描く仕事の依頼が来た時、受けるか否か大変苦悩しました。そして意を決して「毎週が展覧会」という厳しい創作生活へ身を投じていきます。そして谷内六郎 画伯は、1303枚もの週刊新潮・表紙絵を書き続け、全国の読者から絶大なる人気を博しました。

 59才という若さで急逝するまで 1週も休まず、その全国の読者の手元で 展覧会は開催されました。番組では、最初に書き上げた創刊号 表紙絵の あまりにも美しい出来に、受け取った編集者が その時の感動を思い起こして涙する姿も、俳優・小林薫の素晴らしいナレーションと共に紹介。その絵こそ「上総の町は貨車の列 物見の高さに海がある」だったのです。

 私は、谷内六郎 画伯の画風に加えて、1週 1枚ずつ新作を発表し続けていく、オーガナイズされた芸術活動に大変魅力を感じています。自由奔放な画家が多い中で、人間として最も大切な誠実さ や ひたむきさ が、谷内六郎 画伯の人生に感じられるからです。そして谷内六郎 画伯の絵が心へ染みてくるのは、ちょうど私の子供の頃が、その絵に色褪せず残っているからでしょうか?

 谷内六郎 画伯の生涯を丁寧に紹介した「美の巨人たち」は 素晴らしい放送でした。当時使われた、イタリアのポップグループ“ナディア・バザール”の番組エンディング曲は「BLOG プレリュード」 ~ 2001年からの選曲 で紹介しているほど秀逸な作品です。谷内六郎 画伯には 遠く及びませんが、私も 1週 1ページずつ、このブログを書き続けていきたいと思っています。


(追記) この番組録画はデジタル化し、MPEGファイルで保存を続けています。2007年 1月から、スポンサーがセイコーエプソンからKIRINに変わりました。


ブログ開始は 2003年です。

Mail-form


 頂いたメール内容の秘密は 厳守しています。

Search

Pageguide

 長野県 松本市 に在住している、FM長野 リスナー「ラジオネーム:チャート★ドランカー」の個人ブログです。お読み頂き ありがとう ございます。ここは、2005年10月28日 の週間選曲リスト と『 美の巨人たち と 谷内六郎 氏 』に関する週間放送視聴日記のページです。

 「週間選曲リスト」では、ラジオ・テレビ放送音楽に関する私の評論を、5曲ごとの選曲と順位で、象徴的に表現しています。「週間放送視聴日記」には、徒然なるままな身辺雑記を織り交ぜながら、オールラウンドなラジオ・テレビ番組のレビューやデータが掲載されています。

 広告等は一切表示しないポリシーで、ブログ開始時から運営しているテキストブログです。デザイン総てが、オリジナルの自作で構成されています。週 1回「定点観測」の積み重ねによって、信州のラジオ・テレビ放送の歴史を、この小さなブログで、ゆるやかに紡いでいく事が出来れば嬉しい限りです。