FM長野リスナーである ラジオネーム:チャート★ドランカーの個人ブログです。
私の 週間選曲リスト と 週間放送視聴日記 を 公開・保存しています。

第143回ランキング

   
  1. 第 1 位 ( △ )
    宇多田ヒカル“Be My Last”
    ♪ヴォーカルに複数の楽器和音を兼ねる様な効果を感じる。

  2. 第 2 位 ( ▽ )
    NHK総合・金曜時代劇「秘太刀 馬の骨」テーマ音楽 [近藤等則]

  3. 第 3 位 ( ⇒ )
    Billy Ban Ban「今は、このまま」
    三和酒類 iichiko テレビCMソング

  4. 第 4 位 ( ⇒ )
    Frederico Mompou“POUR ENDORMIR LA SOUFFRAMCE”
    NHKラジオ第2放送・教養番組「朗読の時間」時間調整音楽

  5. 第 5 位 ( ⇒ )
    高橋真梨子「淡き恋人」
    SBC TBS・愛の劇場「正しい恋愛のススメ」主題歌


 FM長野が、開局以来 最大規模となる番組改編を実施しました。自社制作番組の約 90%を組み替え、月曜から木曜の午後に 新設の生ワイドを編成しています。今回の大改編によって、1988年10月の開局以来続いていた(1996年 4月を除く)大岩堅一 アナの生ワイド パーソナリティ担当記録が途切れてしまいました。

 今までのFM長野と違ったカラーを出そうという編成意図は解ります。しかし、健全な経営を続けるためには、おのずと自社制作率の限界点もあります。例えば FM石川(ハローファイブ)は、午後から夕方まで約 8時間に渡り生ワイドなどの自社制作番組を編成していますが、ここが限界点となり、朝ワイドは JFN受けが主体で自社制作しません。

 他に堅実に経営をしている県域JFN加盟局は、無理をせず平日 3時間程度の安定した生ワイドを中心に編成している様です。今回のFM長野の番組改編は、平日 約 7時間近くの生ワイドで編成しています。開局以来 お昼前の個性的な自社制作番組枠として放送されてきた“ALPICO Chao×Chao Cafe”も番組終了となってしまいました。

 今までのFM長野は、まず「ジェット ストリーム」を始めとするJFNネットが基本。そこへ信州色が出た自社制作の帯ワイドを無理なく編成し、差別化を図る方針を採用してきました。そして「冠スポンサー」がついている自社制作番組を積極的に開発してきたのです。今回のFM長野の大改編は、従来の基本方針から逸脱しており、その継続性に注目しています。


 FM長野 自社制作番組リスト
 (敬称略 ・【 】内は整理順位)


 2005年10月 現在(大改編)

  1. 【1】Radication Style
       月 → 木 1700 ~ 1900(木 1855)
       田中利彦・湯本久美・小林新・ちのみえこ

  2. 【2】Oasis 79・7
       月 → 金 0730 ~ 1000(金 0955)
       伊織智佳子・高寺直美

  3. 【3】Studi  Siesta
       月 → 木 1330 ~ 1555
       清水まなぶ・ちはる

  4. 【4】346 GROOVE FRIDAY!
       金 1600 ~ 1900
       三四六

  5. 【5】よくばり☆マガジン RADIO Comfy
       金 1130 ~ 1255
       坂口千夏

 開局時(1988年10月)から 17年間の全リストは、ブログの Basic List に掲載しています。


ブログ開始は 2003年です。

Mail-form


 頂いたメール内容の秘密は 厳守しています。

Search

Pageguide

 長野県 松本市 に在住している、FM長野 リスナー「ラジオネーム:チャート★ドランカー」の個人ブログです。お読み頂き ありがとう ございます。ここは、2005年10月07日 の週間選曲リスト と『 FM長野 2005秋の大改編 』に関する週間放送視聴日記のページです。

 「週間選曲リスト」では、ラジオ・テレビ放送音楽に関する私の評論を、5曲ごとの選曲と順位で、象徴的に表現しています。「週間放送視聴日記」には、徒然なるままな身辺雑記を織り交ぜながら、オールラウンドなラジオ・テレビ番組のレビューやデータが掲載されています。

 広告等は一切表示しないポリシーで、ブログ開始時から運営しているテキストブログです。デザイン総てが、オリジナルの自作で構成されています。週 1回「定点観測」の積み重ねによって、信州のラジオ・テレビ放送の歴史を、この小さなブログで、ゆるやかに紡いでいく事が出来れば嬉しい限りです。