【臨時のお知らせ】  まもなくサーバの移転作業を行います。
ブログへアクセス出来なかったり、SSLが効かない事がありますが、予めご了承ください。

第631回ランキング

   
  1. 第 1 位 ( △ )
    NHK BSプレミアム・BS時代劇「神谷玄次郎捕物控2」テーマ音楽 [安川午朗]

  2. 第 2 位 ( ▽ )
    川井憲次「ラビリンス」
    NHK総合・NHKスペシャル「未解決事件」メインテーマ

  3. 第 3 位 ( ⇒ )
    NHK総合・大河ドラマ「花燃ゆ」テーマ音楽 [川井憲次]

  4. 第 4 位 ( ★ )
    華原朋美「はじまりのうたが聴こえる」
    テレビ東京・2時間サスペンスドラマ「水曜ミステリー9」エンディング曲
    ♪独特な和声手法に歌唱部の旋律がマッチしている佳曲。

  5. 第 5 位 ( ⇒ )
    NHK総合・木曜時代劇「かぶき者 慶次」テーマ音楽 [渡辺俊幸]


 中日新聞20日付 朝刊 1面に「日本初 月面着陸計画」との見出しが踊りました。宇宙航空研究開発機構(JAXA)では、2018年頃に 日本初の月面着陸を目的とした、無人の小型探査機の打ち上げ計画があるそうです。米国によるアポロ計画終了から 43年目。ようやく日本も 無人機による月面着陸を目指す事になりました。

 日本の月面着陸計画は、他国と異なり将来の惑星探査も視野に入れ、目標地点への正確なピンポイント着陸にチャレンジします。月は、地球から最も近い天体です。米国のアポロ計画などで、月探査は やり尽くし感がないわけではありませんが(笑)遠い将来、人類が他の天体への足掛かりを持つためには、最も近い天体である月の探査を、しっかり行っていく事が大切です。

 アポロ計画の探査の頃は、月には 水分が全くないと言われてきました。それが近年の探査では、水分や鉱物資源の存在が有力視されています。やはりこの水分や鉱物資源の存在を確認する事が、これからの月探査の最初のポイントになると思われます。既に人類は、何度も月面に降り立っていますが、まだまだ未知の領域が、奥深く存在する様です。

 私は 小学生の頃、アポロ 11号の月着陸生中継をライブで視聴した経験があります。生中継と言っても、月着陸船「イーグル」と ヒューストンの管制センターとの英語交信を同時通訳して放送する程度でしたが、当時としては斬新な、コンピューターグラフィックスで着陸の軌道が テレビ画面に表示され、今でも この生中継は 強く記憶に残っています

 2007年には「かぐや」が月周回衛星として成功し、役割を終えた 2009年に最終ミッションとして制御落下し、41万人の名前が刻まれたネームシートが月面に届きました。また 2010年には、小惑星探査機「はやぶさ」が打ち上げから約 7年かけて、小惑星イトカワのサンプルを採取。無事地球に そのサンプルの入ったカプセルが帰還しました。

 この「はやぶさ」の実績から、日本の軟着陸技術には高い評価を受けています。ボイジャー 1号の太陽系離脱の時も思いましたが、宇宙への挑戦は、個人や団体の営利目的ではなく、人類幸福のために翼を広げた無人機探査が まず基本です。今回の日本の月面着陸計画にも、かぐやのネームシートの様な素晴らしい企画があればと期待しています。


(追記) 日本初の月面着陸計画は、当初の予定から遅れて、2021年度の打ち上げを目指す事になりました。月探索・着陸機は「SLIM」(スリム)というネーミングです。


ブログ開始は 2003年です。

Search

Mail-form


 頂いたメール内容の秘密は 厳守しています。