FM長野リスナーである ラジオネーム:チャート★ドランカーの個人ブログです。
私の 週間選曲リスト と 週間放送視聴日記 を 公開・保存しています。

第550回ランキング

   
公開 : 
  1. 第 1 位 ( △ )
    ダイドーブレンド オーケストラ編 テレビCM音楽 [音楽制作者 不詳]

  2. 第 2 位 ( ▽ )
    SBC TBS・月曜ミステリーシアター「名もなき毒」劇中効果音楽 [横山克]

  3. 第 3 位 ( △ )
    西野カナ「さよなら」
    NHK総合・ドラマ10「ガラスの家」主題歌

  4. 第 4 位 ( ★ )
    LUHICA「手鎖の月」
    NHK総合・木曜時代劇「あさきゆめみし」主題歌
    ♪旋律に類似性があるがアレンジの和音構成に工夫がある佳曲。

  5. 第 5 位 ( ▽ )
    天野春子(小泉今日子)「潮騒のメモリー」
    NHK総合・連続テレビ小説「あまちゃん」挿入歌


 36年前の1977年9月に NASA(米航空宇宙局)が打ち上げた探査機「ボイジャー1号」が、太陽系(太陽系圏)から離脱したと確認されました。

 米アイオワ大学の論文によると ボイジャー1号は、昨年の 8月25日頃に太陽系を離脱して恒星間空間に入ったと推定されています。NASAでは、1年かけた慎重な確認の上で 12日に正式発表しました。

 人類が造り出した惑星探査機が、大過なく 36年間飛行を続け、遂に太陽系を離脱したとは、驚きの一語につきます。しかもボイジャー1号の機能は正常で、地球から 188億キロ離れ光速でも片道 12時間もかかるのに、地球のステーションと交信が出来ているのだそうです。

 それを可能にしているのは、ボイジャー1号に搭載された原子力電池のお陰で、故障しなければ 東京夏季五輪が開かれる2020年頃まで充分維持されるとの事です。また同じ年に打ち上げられたボイジャー2号も、約 35億キロ後方で1号の後を追い 飛行を続けています。

 そしてボイジャー1号が 次の星(恒星)にたどり着くのは、なんと 4万年先だそうです。なんとも気が遠くなるような話ですが、地球の歴史を 1年で例えると、現生人類の誕生は 12月31日の午後11時38分頃(笑)紅白歌合戦の結果が出た時間です(笑)。4万年を遡ると旧石器時代後期にあたります。宇宙の広さは、人類が定めた時間の流れと別次元なのです。

 今回のボイジャー1号そして2号の探査は、地球外生命の可能性も追求した壮大な事業です。私は、地球に人類が存在している以上、同じ様な地球外生命が存在すると思っています。ボイジャー1号と2号には、人類から まだ見ぬ地球外 知的生命体へのメッセージを記録・録音した、ゴールデンレコードが搭載されています。

 何万年以上先に別の人類が見つけてくれたにしても、この地球を直接探査にやってくるまで、地球と人類は どうなっているのか解りませんが(笑)ボイジャー1号が太陽系を離れた事実から、その果てしない夢へ一歩進んだ事は確かです。

 昨年8月に 火星に着陸した無人探査車「キュリオシティー」は、火星上で活発な観測を続けています。また日本でも14日に 国産小型ロケット「イプシロン」の打ち上げが成功し、惑星観測衛星「ひさき」を予定軌道に乗せました。

 やはり無限の可能性を選択出来る無人宇宙探査は、人類の宇宙への夢と希望を包括的に実現させ得る可能性があります。宇宙への夢と希望は、人類幸福のために これからも ひとつずつ実現して欲しいものです。


ブログ開始は 2003年です。

ブログ内 検索

独自のサーチエンジンで
対象リストを即時表示します。

G U I D E

 長野県 松本市 に在住している、FM長野 リスナー「ラジオネーム:チャート★ドランカー」の個人ブログです。

 お読み頂き ありがとう ございます。ご愛読者の皆様には、心から感謝申し上げます。

 ここは、2013年09月20日 の週間選曲リストと『 ボイジャー1号が太陽系を離脱 』に関する週間放送視聴日記のページです。

 このブログでは、次の2つのコンテンツを、毎週1リストにまとめて公開・保存しています。画像に依存しないテキストブログです。

 「週間選曲リスト」では、ラジオ・テレビ放送音楽に関する私の評論を、5曲ごとの選曲と順位で、象徴的に表現しています。

 「週間放送視聴日記」には、徒然なるままな身辺雑記を織り交ぜながら、オールラウンドなラジオ・テレビ番組のレビューやデータが掲載されています。

 広告等は一切表示しないポリシーで、ブログ開始時から運営しています。デザイン総てがオリジナルの自作です。

 週1回「定点観測」の積み重ねで、FM長野を始めとする信州のラジオ・テレビ放送の歴史を、この小さなブログで、ゆるやかに紡いでいく事が出来れば嬉しい限りです。