FM長野リスナーである ラジオネーム:チャート★ドランカーの個人ブログです。
私の 週間選曲リスト と 週間放送視聴日記 を 公開・保存しています。

第636回ランキング

   
  1. 第 1 位 ( ⇒ )
    MAYUKO“Addio a dio”
    NBS フジ・木曜劇場「医師たちの恋愛事情」挿入歌
    ♪編曲は 末廣健一郎。

  2. 第 2 位 ( ⇒ )
    ストレイテナー“The Place Has No Name”
    SBC テレビ東京・ドラマ24「不便な便利屋」オープニング テーマ

  3. 第 3 位 ( ⇒ )
    NHK総合・大河ドラマ「花燃ゆ」テーマ音楽 [川井憲次]

  4. 第 4 位 ( △ )
    abn テレ朝・金曜ナイトドラマ「天使と悪魔 ~ 未解決事件匿名交渉課」劇中効果音楽 [林ゆうき]

  5. 第 5 位 ( ▽ )
    華原朋美「はじまりのうたが聴こえる」
    テレビ東京・2時間サスペンスドラマ「水曜ミステリー9」エンディング曲


 暦年で6年に1度(丑と未の年)開かれる「善光寺 御開帳」に先週行ってきました。私は善光寺信徒会員で、我が家の菩提寺は 善光寺になります。

 と言うものの前回(平成21年)のご開帳は、どうしても仕事の都合がつかず 12年ぶりのご開帳参拝になりました。前回は どうしても週末が ものすごい混雑となり、平日参拝に拘ってしまったので参拝できませんでした。今回も残り2週の段階でしたが、どうにか平日に半日空き参拝する事が出来ました。

 午前中の仕事を終え、安曇野インターから高速バスで長野駅へ向かい、駅から善光寺大門までシャトルバスに乗りました。大門からの参道は、平日でも沢山の参拝客で混雑しており、その参道を ゆっくり歩いていくと遠くに前立本尊の回向柱が見え、歩幅で確実に その姿が大きくなってきます。

 まずは回向柱に触ってから参拝しようと行列に加わりました。ちょうど回向柱の前面の列でした。遠くに見えていた回向柱が、だんだんと見上げる様になってきます。青空にそびえる回向柱は 実に美しいコントラストでした。右手・左手と回向柱に触れ仏縁を結んだ後 本堂に登りました。

 善光寺の本尊は、1400年以上も守られている絶対秘仏です。そのレプリカである「前立本尊」阿弥陀如来像の右手に結ばれた金糸が五色の糸となり、白い善の綱として回向柱に結ばれています。

 内陣参拝は 拝観料を払わなければなりませんが、信徒会員は 会員証を提示すると無料です。ずっと回向柱を見てきた後は、回向柱に結ばれている綱を見上げながら次の行列に並び 前立本尊に参拝しました。私には結ばれている綱が、どうしてもアンテナ線の様に思えてきます(笑)。

 内陣参拝を終え御印文頂戴を受けると、早くも2時間も経過していました。次は持参の御朱印帳に朱印を頂こうと思いましたが また長蛇の列です。なんと受付まで1時間半 朱印を受け取るまで1時間半 合計3時間もかかるとのことでした。

 腰痛持ちの私としては そろそろ限界でしたので(笑)列から離れ日赤救護所隣の休憩所テントで まず水分補給をしました。その後 信徒として大本願に参拝し、行列に並ぶ事なく御開帳記念の印も押してある大本願御朱印を頂きました。

 最後に もうひとつの回向柱である世尊院釈迦堂の回向柱に触れると 既に時間ぎりぎりです。特別に大門前始発となっている松本行き高速バスに飛び乗り 帰路につきました。まるでビジネスライクな(笑)純粋に参拝だけの御開帳でした。

 御開帳期間中は、回向柱守という回向柱のミニチュアの形をした特別な御守が頒布されています。次の御開帳まで霊験ある御守りですが、我が家の回向柱守は 前々回の御開帳から 12年間も守ってくれました。その回向柱守を古札納所に納めて、今回新しい回向柱守を受けてきました。

 新しい回向柱守は、我が家の小さなお仏壇の中にお納めしました。このお仏壇だいぶ年季が入っており、次のご開帳までにマンションに合った、厨子型のミニ仏壇に変えようと考えています。この回向柱守に引き継ぎ役をお願いするつもりです。仏壇隣の高い位置には地場の神社である伊和神社の御札もあります。善光寺には神仏習合の歴史があり、仲良くお祀りしています。

 行列に並び続けるのは大変でしたが、参拝を終えた後の爽快感は ちょっと他では味わえない格別なものです。私が初めて善光寺本堂の法要に出席した後、本堂を出た瞬間も同じ爽快感でした。

 前述の御印文頂戴では、善光寺のご本尊と同じ閻浮檀金(えんぶだごん)で作られていると伝承がある善光寺の宝印を参拝者の頭に押します。古来より この印を押された者は極楽浄土へ行くと信じられています。

 この御印文頂戴の行列に並んでいると、前では お爺さんのところに順番が回っていました。合掌しているのですが なかなか押してもらえません。おかしいと思って合掌のまま見上げた お爺さんの前で、御印文を押している堂守さんは、金印を持ち替え体勢を整えているところでした(笑)。

 あまりの人数を押し続けてきたので、金印が ずれてしまったのでしょう(笑)。堂守さんも お爺さんも笑っていました。そして体勢を整え、そのお爺さんには丁寧に丁寧に頭へ押印していました。なにかこの眼で極楽行き確定の瞬間を目撃したかのような光景でした。


ブログ開始は 2003年です。

Search

Mail-form


 頂いたメール内容の秘密は 厳守しています。