FM長野リスナーである ラジオネーム:チャート★ドランカーの個人ブログです。
私の 週間選曲リスト と 週間放送視聴日記 を 公開・保存しています。

第313回ランキング

   
公開 : 
  1. 第 1 位 ( ⇒ )
    NBS KTV・ドラマ「トライアングル」劇中効果音楽 [澤野弘之・林ゆうき]

  2. 第 2 位 ( ⇒ )
    NHK総合・大河ドラマ「天 地 人」テーマ音楽 [大島ミチル]

  3. 第 3 位 ( ⇒ )
    しまざき由理「AGAIN ~ アゲイン」
    CS ファミリー劇場・ドラマ「Gメン’75」主題歌

  4. 第 4 位 ( ★ )
    COLDPLAY“LIFE IN Technicolor 2”
    ♪イントロダクションの畳み掛けが高度で群を抜いている。

  5. 第 5 位 ( ⇒ )
    城南海 ~ きずきみなみ「ピアノ」
    abn テレ朝・木曜ミステリー「おみやさん」主題歌


 私が居住しているマンションの近くに、伊和神社という、静かな たたずまいの神社があります。

 伊和神社境内に掲示してある、教育委員会や景観整備委員会のまとめた由来によると、信濃国府は、元々上田市付近にあったのですが松本市に移り、この伊和神社の位置に信濃国総社があったと伝えられています。

 信濃国総社が この地に置かれたのは、桓武天皇の延暦年間(782年 ~ 805年)で、鎌倉時代まで続いたのだそうです。信濃国総社には、国中の大小の神祇と天地東西南北の 6か所の神を祭ってありました。歴代国司は、国府に着任すると、まずこの信濃国総社に報告をします。また年間の重要な神事は、全てこの総社で行ったのだそうです。

 信濃国府には、律令制上重要な官印である国印と、正倉の鍵を祀る印鑰社もあって、印が伊、鑰が輪に 書き間違えられて、後に伊和神社に名称が変わったのだそうです。この神社がある現在の松本市の大字も、 惣社(そうざ)と呼ばれています。

 推定樹齢 1000年以上の大ケヤキもある伊和神社は、その深い格式から、明治維新以降に定められた近代社格制度では、神饌幣帛料供進神社(しんせん へいはくりょう きょうしんじんじゃ)に指定されていました。

 神饌幣帛料供進神社とは、由緒ある村社を対象に、勅令に基づく県令をもって、県知事から祈年祭、新嘗祭、例祭の三祭に、神饌幣帛料を供進された神社です。終戦まで この神社には、長野県の公費から、お祭りの時などに御供物が支出されていました。この神饌幣帛料供進神社であるとの碑が境内に立っています。

 御祭神は、惣社宮六社大明神と伝えられており、それらの伝承から大己貴命(おおなむちのみこと)とされています。大己貴命は、大国主神(おおくにぬしのかみ)つまり大黒様になります。また御祭神の姿は、蛇であったとの伝承もあります。大黒様と蛇となれば、財運や金運を司るはずです。ちなみに境内でヘビくんを見掛けた事は、まだありません(笑)。

 伊和神社には、折に触れてお参りしています。また通いで管理されている宮司さんから、御祭礼の時に頒布する大祭神璽(お札)を特別に分けて頂きました。伊和神社は、静かな佇まいを保っている神社ですが、由緒を知っていくと、その尋常でないパワーに気づかされます。境内には、心願成就の御礼として寄進された、立派な狛犬も鎮座してます。

 住まいの近くに由緒ある神社があるのも ご縁です。何事も ささやかで純朴な信心から、心願は叶っていきます。


ブログ開始は 2003年です。

ブログ内 検索

独自のサーチエンジンで
対象リストを即時表示します。

G U I D E

 長野県 松本市 に在住している、FM長野 リスナー「ラジオネーム:チャート★ドランカー」の個人ブログです。

 お読み頂き ありがとう ございます。ご愛読者の皆様には、心から感謝申し上げます。

 ここは、2009年02月06日 の週間選曲リストと『 松本市 伊和神社 』に関する週間放送視聴日記のページです。

 このブログでは、次の2つのコンテンツを、毎週1リストにまとめて公開・保存しています。画像に依存しないテキストブログです。

 「週間選曲リスト」では、ラジオ・テレビ放送音楽に関する私の評論を、5曲ごとの選曲と順位で、象徴的に表現しています。

 「週間放送視聴日記」には、徒然なるままな身辺雑記を織り交ぜながら、オールラウンドなラジオ・テレビ番組のレビューやデータが掲載されています。

 広告等は一切表示しないポリシーで、ブログ開始時から運営しています。デザイン総てがオリジナルの自作です。

 週1回「定点観測」の積み重ねで、FM長野を始めとする信州のラジオ・テレビ放送の歴史を、この小さなブログで、ゆるやかに紡いでいく事が出来れば嬉しい限りです。