FM長野 リスナーである ラジオネーム:チャート★ドランカーの個人ブログです。
私の 週間選曲リスト と 週間放送視聴日記 を 公開・保存しています。

第312回ランキング

公開 : 
  1. 第 1 位 ( △ )
    NBS KTV・ドラマ「トライアングル」劇中効果音楽 [澤野弘之・林ゆうき]

  2. 第 2 位 ( ▽ )
    NHK総合・大河ドラマ「天 地 人」テーマ音楽 [大島ミチル]

  3. 第 3 位 ( △ )
    しまざき由理「AGAIN ~ アゲイン」
    CS ファミリー劇場・ドラマ「Gメン’75」主題歌

  4. 第 4 位 ( ▽ )
    DREAMS COME TRUE「連れてって 連れてって」
    ダンロップ テレビCMソング
    ♪1位 4週、登場 7週。

  5. 第 5 位 ( ⇒ )
    城南海 ~ きずきみなみ「ピアノ」
    abn テレ朝・木曜ミステリー「おみやさん」主題歌


 昨年 7月からNHKの地上波アナログテレビ放送の画面右上に さりげなく(笑)「アナログ」のウォーターマーク(透かし表示)が入る様になりました。今年になると、県内民放を含め ほぼ全ての地上波アナログ放送に「アナログ」のウォーターマークが入っています。

 いよいよ 2011年 7月24日のアナログ地上波テレビ完全停波に向けて、秒読み段階となりつつあります。

 しかし、米国では来月12日に予定されていた、地上波アナログテレビ放送終了が 6月12日まで延期されたとの事。この金融不況にデジタルテレビへの買い替えが進まないのも原因だそうです。

 日本のデジタルテレビ化は、全国民 全世帯を対象とするのですから、コインランドリーのテレビも(笑)工事現場の控室のテレビも(笑)全てデジタル化しなければなりません。考えてみれば類例なき国家的大事業です。

 音だけのラジオから絵も見えるテレビジョンへ、さらに白黒の画面から総天然色のカラー放送へ、この様な「劇的変化」は大衆にも解りやすく、特に期限を定めていませんので国民全体がついてきました。

 今回の場合、確かにアナログからデジタルに変わると画質が良くなりますが、正直「劇的変化」とは言い難いものがあります。

 それも2011年 7月24日と期限が定められており、やはり米国の様に無理は生じていないのか少々懸念されています。また送られてくるテレビ番組総てが、画質を鮮明にするほどの品質なのかも疑問です(笑)。

 テレビのデジタル化の次はラジオとの声も次第に高くなってきましたが、これからのラジオの将来像が まだ不透明です。

 多チャンネルによる分野別に特化した専門放送も想定され、音楽放送ならばニュース・気象情報以外はDJなしで音楽を流し続け、リスナーからのリクエストに即応するチャンネルも可能性があります。まるで既に普及している「有線放送」の様です。

 その予測とは真逆な方向性で(笑)首都圏のラジオ聴取率において圧倒的首位の深夜に加え、日中も基幹放送波であるNHKラジオ第1放送の人気が高まってきています。

 CSなどの専門チャンネルは別にしても、総合放送を実施している地上波テレビ・ラジオ局ならば、デジタル化促進の太鼓を叩く前にデジタル放送に見合った品質のソフト開発を、まず先行させるべきではないのでしょうか?


(追記) 6月12日に、全米の地上テレビ放送が完全デジタル化へ移行しました。


ブログ開始は 2003年です。

ブログ内 検索

独自のサーチエンジンで
対象リストを即時表示します。

G U I D E

 長野県 松本市 に在住している、FM長野 リスナー「ラジオネーム:チャート★ドランカー」の個人ブログです。

 お読み頂き ありがとう ございます。ご愛読者の皆様には、心から感謝申し上げます。

 ここは、2009年01月30日 の週間選曲リストと『 アナログのウォーターマーク 透かし表示 』に関する週間放送視聴日記のページです。

 このブログでは、次の2つのコンテンツを、毎週1リストにまとめて公開・保存しています。画像に依存しないテキストブログです。

 「週間選曲リスト」では、ラジオ・テレビ放送音楽に関する私の評論を、5曲ごとの選曲と順位で、象徴的に表現しています。

 「週間放送視聴日記」には、徒然なるままな身辺雑記を織り交ぜながら、オールラウンドなラジオ・テレビ番組のレビューやデータが掲載されています。

 広告等は一切表示しないポリシーで、ブログ開始時から運営しています。デザイン総てがオリジナルの自作です。

 週1回「定点観測」の積み重ねで、FM長野を始めとする信州のラジオ・テレビ放送の歴史を、この小さなブログで、ゆるやかに紡いでいく事が出来れば嬉しい限りです。