FM長野 リスナーである ラジオネーム:チャート★ドランカーの個人ブログです。
私の 週間選曲リスト と 週間放送視聴日記 を 公開・保存しています。

第619回ランキング

公開 : 
  1. 第 1 位 ( ⇒ )
    NHK総合・大河ドラマ「花燃ゆ」テーマ音楽 [川井憲次]

  2. 第 2 位 ( △ )
    鈴木常吉「思ひで」
    SBC MBS・ドラマ「深夜食堂3」オープニング曲

  3. 第 3 位 ( ▽ )
    NBS フジ・ニュース情報番組「Mr.サンデー」オープニング テーマ音楽 [林ゆうき]

  4. 第 4 位 ( ★ )
    SBC TBS・金曜ドラマ「ウロボロス」劇中効果音楽 [木村秀彬]
    ♪ENAが唄う英語歌詞の美しい劇伴がある。

  5. 第 5 位 ( ⇒ )
    NBS フジ・ドラマ「ゴーストライター」劇中効果音楽 [眞鍋昭大・笹野芽実・得田真裕・末廣健一郎]


 今年のNHK大河ドラマ「花燃ゆ」の主役は女優・井上真央です。25日にNHK総合で放送された作家・宮尾登美子 さんの追悼番組で、第1回を そのままオンエアーしているドラマ「蔵」は、井上真央が子役だった頃の代表作です。

 井上真央は、ここ松本平が舞台となった2011年の朝ドラ「おひさま」ではヒロイン。その年の第62回 NHK紅白歌合戦では、ここ10年で唯一紅組が優勝した時の司会です(笑)。

 幕末志士の先駆けとして殉じた吉田松陰の実妹を その井上真央が演じており、今までのテレビドラマでは大きく取り上げなかった歴史上の人物です。そのせいか視聴率は 第1回の16・7%から 13・4% → 15・8% → 14・4%(関東地区)と推移しています。

 吉田松陰の実妹である杉文は生涯で2度嫁ぐ事になります。1人目は 久坂玄瑞(東出昌大)。2人目が 小田村伊之助 後の楫取素彦(大沢たかお)です。

 一気に駆け抜ける生涯だった兄・松陰とは異なり、2度目に嫁いだ夫が 男爵位まで登り詰める維新功労者であった事から杉文(楫取美和子)は鹿鳴館外交に至るまで、明治時代の表舞台を歩いていきます。

 音楽は川井憲次が担当。テーマ音楽は 既に週間選曲リストで1位を記録しています。川井サウンドの得意技ともいえるスキャットと、吉田松陰の遺した和歌に基づく歌詞を大規模な合唱にした、最近の大河テーマ音楽にはない量感溢れるスコアリングです。

 川井憲次の劇伴の特色と言えば、3年間の通算で 1位 3週 登場38週をマークした「科捜研の女」劇中効果音楽に象徴される、アレンジを微妙に変えながらの徹底した和音繰り返しによる構成です。

 今回の「花燃ゆ」テーマ音楽は、表面の旋律に際立った和音繰り返しは みられませんが、裏でホーンセクションやパーカッションが刻んでいるリズムは、確かに和音を繰り返しており、コーラスからスキャットへは、その裏リズムを上手く連結し絶妙に転調しています。

 そしてラストのスキャットでは、途中から大胆な打楽器による繰り返す和音が鳴り響きます。この週間選曲リストでも登場週の選曲理由に、川井憲次サウンドの集大成と書きました通り、この「花燃ゆ」テーマ音楽は、優れた和声で類例なき素晴らしいものがあります。

 今週の第4回冒頭では、ぺリーが乗り込んでいる黒船に密航しようとした、伊勢谷友介演ずる吉田寅次郎(松陰)が唐丸籠で護送される時、大沢たかお演ずる小田村伊之助寅次郎(松陰)に向かい「いっつもじゃ。お前は いっつもそうやって のめる様に先をせぐ。なんで待てん。なんでせぐんじゃ。」と恫喝していたシーンがありました。

 恫喝された吉田寅次郎(松陰)は、唐丸籠の中で実に複雑な微笑を浮かべていました。私はこれを視ていて、イスラム国に捕らわれ苛烈な運命を突きつけられている、フリージャーナリスト後藤健二 氏を思い起こしたのです。

 湯川遥菜 氏を救出しようとして単身イスラム国へ乗り込む直前に残したビデオで、堂々と語っていたその目的と論理に「お前は いっつもそうやって のめる様に先をせぐ。なんで待てん。なんでせぐんじゃ。」と言った大沢たかお の台詞が なぜかオーバーラップしていました。

 幕末に礎となるべく前のめりに突貫した吉田松陰と2015年の現代が、妙に重なりあう気がしてなりません。最近の大河ドラマに顕在化していた、台詞や設定に関する歴史考証上の問題点もなく、原作・脚本の宮村優子は大変佳くライティングしています。大河ドラマ「花燃ゆ」の今後の展開に期待しています。

 2015年 NHK大河ドラマ「花燃ゆ」25日 放送・第4回「生きてつかあさい」のタイトルバック・クレジット(配役発表)序列は … ○ 井上真央 → △ 大沢たかお → △ 伊勢谷友介 / △ 原田泰造 →→ 優香 / △ 石丸幹二 / △ 麻生祐未 →→ 泉澤祐希 / △ 井川遥 →→ △ 内藤剛志 →→ △ 檀ふみ →→ △ 奥田瑛二 →→ ○ 長塚京三 →→ ◎ 北大路欣也 … となっています。

 ここに掲載されたピンクレ(1画面に1人だけ配役が紹介される)俳優を格付け対象としました。タイトルバックでは、俳優表示のリズムや区切り方にも意味合いがあり、それらを分析。無印 → △ → ○ の順でランクは上がり「トメ」の ◎ が、今回における最高俳優と、このブログでは独自な格付けをしています。


ブログ開始は 2003年です。

ブログ内 検索

独自のサーチエンジンで
対象リストを即時表示します。

G U I D E

 長野県 松本市 に在住している、FM長野 リスナー「ラジオネーム:チャート★ドランカー」の個人ブログです。

 お読み頂き ありがとう ございます。ご愛読者の皆様には、心から感謝申し上げます。

 ここは、2015年01月30日 の週間選曲リストと『 花燃ゆ NHK大河ドラマ 』に関する週間放送視聴日記のページです。

 このブログでは、次の2つのコンテンツを、毎週1リストにまとめて公開・保存しています。画像に依存しないテキストブログです。

 「週間選曲リスト」では、ラジオ・テレビ放送音楽に関する私の評論を、5曲ごとの選曲と順位で、象徴的に表現しています。

 「週間放送視聴日記」には、徒然なるままな身辺雑記を織り交ぜながら、オールラウンドなラジオ・テレビ番組のレビューやデータが掲載されています。

 広告等は一切表示しないポリシーで、ブログ開始時から運営しています。デザイン総てがオリジナルの自作です。

 週1回「定点観測」の積み重ねで、FM長野を始めとする信州のラジオ・テレビ放送の歴史を、この小さなブログで、ゆるやかに紡いでいく事が出来れば嬉しい限りです。