FM長野リスナーである ラジオネーム:チャート★ドランカーの個人ブログです。
私の 週間選曲リスト と 週間放送視聴日記 を 公開・保存しています。

第458回ランキング

   
公開 : 
  1. 第 1 位 ( △ )
    初音「紡ぎ ~ あまねく想い」
    abn テレ朝・木曜ミステリー「科捜研の女」主題歌

  2. 第 2 位 ( △ )
    abn テレ朝・木曜ミステリー「科捜研の女」劇中効果音楽 [川井憲次]

  3. 第 3 位 ( ▽ )
    NHK BSプレミアム・BS時代劇「塚原ト伝」テーマ音楽 [川井憲次]
    ♪1位 5週、登場 8週。

  4. 第 4 位 ( ⇒ )
    都竹宏樹「青いバス」
    NHK総合・紀行番組「のんびり ゆったり 路線バスの旅」テーマソング

  5. 第 5 位 ( ⇒ )
    Red Hot Chili Peppers“Monarchy of Roses”
    日産自動車 テレビCMソング


 大晦日 放送される「第62回 NHK紅白歌合戦」の出場歌手が決定しました。椎名林檎・芦田愛菜・神田沙也加・KARA・少女時代・猪苗代湖ズ・鈴木福 の初出場が発表になっています。最多出場は「サブちゃん」北島三郎 の 48回です。

 今回の「紅白」司会は、紅組・井上真央(初) 白組・嵐(2回目) 総合司会・阿部渉 アナ(3回目)紅組司会は、朝ドラ ヒロイン。ラジオ実況アナは、小松宏司 アナ と 橋本奈穂子 アナが担当します。出場歌手は 55組、初出場が 2組増の 7組。なお連続・常連出場からの「落選組」は、コブクロ、DREAMS COME TRUE、中村美津子など となっています。

 放送時間は、午後 7時15分から 11時45分までと、また 15分伸びました。11月30日の出場歌手発表記者会見の生中継を、ライブ ストリーミングで視ましたが、あまり華やかな感じは受けませんでした。今年も出場歌手選考に関して、演歌系歌手が ゼロに近いとの極端な予想もありましたが、紅 8組・白 6組の出場が決まっています。

 私が心配なのは、紅白勝敗の結果です(笑)。視聴者審査員制度を本格的に導入して以来、白組 6年連続優勝と審査システムは 既に破綻しています(笑)。一部週刊誌上でも この破綻は指摘され、さすがに今年は視聴者審査員制度を止めるのでは? と思われていましたが、11月24日に「今年もやります!視聴者審査員」(笑)と、NHKから発表になりました。

 1970年から 80年代にかけての紅白歌合戦には「得点集計センター」が設置されていました。「得点集計センター」は、選挙の開票速報本部の様なスタジオで、全国の視聴者審査員に電話をかけ、紅白の審査結果を集計します。この得点集計センターは、NTV紅白歌のベストテンにおける「ベストテン本部」のモデルとなりました。

 大トリ曲のあたりから、予め選定された視聴者審査員に、オペレーターは 電話をかけ始めます。そして視聴者審査員の集計が終わると会場にチャイムが鳴り、今度は特別審査員の押しボタン投票を行って、会場の電光掲示板で、特別審査員・視聴者審査員 総合の審査結果を一気に発表します。私は、この方式が審査システムとして、最も安定していた様に思えてなりません。

 6年連続 白組優勝という現象からも、やはり視聴者審査員制度には、空気を読む(笑)システム上の改善が必要です。そして毎年断言しますが(笑)年に一度、大晦日 午後 11時45分ジャストの 紅白 エンディングから ゆく年くる年 への急激な「ギャップ」が大好きな私にとって「紅白」は、大晦日に なくてはならない番組なのです。


ブログ開始は 2003年です。

ブログ内 検索

独自のサーチエンジンで
対象リストを即時表示します。

G U I D E

 長野県 松本市 に在住している、FM長野 リスナー「ラジオネーム:チャート★ドランカー」の個人ブログです。

 お読み頂き ありがとう ございます。ご愛読者の皆様には、心から感謝申し上げます。

 ここは、2011年12月02日 の週間選曲リストと『 第62回 NHK紅白歌合戦 出場歌手 』に関する週間放送視聴日記のページです。

 このブログでは、次の2つのコンテンツを、毎週1リストにまとめて公開・保存しています。画像に依存しないテキストブログです。

 「週間選曲リスト」では、ラジオ・テレビ放送音楽に関する私の評論を、5曲ごとの選曲と順位で、象徴的に表現しています。

 「週間放送視聴日記」には、徒然なるままな身辺雑記を織り交ぜながら、オールラウンドなラジオ・テレビ番組のレビューやデータが掲載されています。

 広告等は一切表示しないポリシーで、ブログ開始時から運営しています。デザイン総てがオリジナルの自作です。

 週1回「定点観測」の積み重ねで、FM長野を始めとする信州のラジオ・テレビ放送の歴史を、この小さなブログで、ゆるやかに紡いでいく事が出来れば嬉しい限りです。