FM長野リスナーである ラジオネーム:チャート★ドランカーの個人ブログです。
私の 週間選曲リスト と 週間放送視聴日記 を 公開・保存しています。

第41回ランキング

   
  1. 第 1 位 ( △ )
    NHK総合・ドキュメンタリー番組「地球に乾杯」テーマ音楽 [羽毛田丈史]

  2. 第 2 位 ( △ )
    day after tomorrow“Starry Heavens”

  3. 第 3 位 ( ★ )
    a.mia“LAT.43゚N”
    SBC TBS・ドラマ「エ・アロール」主題歌
    ♪ドリカムを精練した美しい楽曲 と タイトルバック。

  4. 第 4 位 ( ▽ )
    諫山実生「恋花火」
    NHK総合・ミニ音楽番組「みんなのうた」8 ~ 9月 オンエアー曲
    ♪1位 6週、登場 8週。

  5. 第 5 位 ( ★ )
    NBS フジ・バラエティ番組「トリビアの泉」テーマ音楽 及び 演出効果音楽 [堂島孝平]
    ♪バロック的要素を含むハイレベルなテーマ音楽 と 抜群のBGセンス。


 「衆議院解散」は、日本国憲法で天皇の国事行為と定められています。その解散の権能 と 手続きに関して、憲法上明文の規定はありません。国事行為に内閣の助言 と 承認が必要なので、衆議院解散の決定権は 内閣に属します。さらに その決定権の行使は、国政全体に影響を及ぼす重大な判断となり、内閣総理大臣のみ行える事になります。

 例え全国務大臣が解散に反対しても、全員罷免して、全て内閣総理大臣の兼務(一人内閣)により、解散を決定する事は、法的に可能なのです。これは解散権が明文化されてなくても、内閣総理大臣に国務大臣を任意で罷免する権利が、憲法 第68条 2項で明確に与えられているからです。ですから衆議院の解散は、内閣総理大臣の専権事項とされています。

 衆議院解散の手続きの過程は、国政のシステム上、あまり類例のない劇的な効果があります。古代・太政官制から続く天皇 御名御璽が記印された、衆議院解散の命令書である「詔書」を本会議で衆議院議長が朗読した瞬間、衆議院議員全員は「解雇」(笑)となります。議長も不存在の状態になるため、本会議は散会手続きなく打ち切りです。

 議事録の速記も「万歳、拍手。何時何分。」と、詔書朗読の時刻が最後に記載され停止します。本会議場の衛視も、議員に敬礼しなくなるそうですから徹底してます(笑)。「詔書」が憲法下で有効に発せられるのは、衆議院解散 と 国会召集、さらに衆議院議員総選挙 と 参議院議員通常選挙の施行公示のみに限定されていますが、詔書の渙発は 現代まで脈々と続いています。

 また詔書朗読の直後、クビになった議員達が「万歳三唱」をするのは、よく考えると不思議な慣習です。万歳三唱 をするのは、1897年(明治30年)松方正義 総理の時の 4回目の解散からだと伝えられています。なぜ失職した代議士の皆さんは 万歳三唱 するのか? やはり 詔書 という重みから発するパッションの現れなのでしょうか?

 10日の本会議で、綿貫民輔 議長が 午後 1時05分に 解散詔書を朗読。衆議院が解散されました。日本国憲法公布以来 20回目。帝国議会を含む憲政史上では 38回目の解散になります。

 衆議院解散によって、40日以内に 新たな議員を全員選び直す総選挙が実施されます。衆議院解散の本会議は、NHKが毎回必ず生中継しています。今回は議員が納得づくの解散でもあり、例年になく奇麗な(笑)「万歳三唱」でした。今回の総選挙は、従来になくマニフェスト(政権公約)が注目されています。巷では 既に選挙ムード一色です。


ブログ開始は 2003年です。

Mail-form


 頂いたメール内容の秘密は 厳守しています。

Search

Pageguide

 長野県 松本市 に在住している、FM長野 リスナー「ラジオネーム:チャート★ドランカー」の個人ブログです。お読み頂き ありがとう ございます。ここは、2003年10月10日 の週間選曲リスト と『 衆議院解散詔書 と バンザイ 』に関する週間放送視聴日記のページです。

 「週間選曲リスト」では、ラジオ・テレビ放送音楽に関する私の評論を、5曲ごとの選曲と順位で、象徴的に表現しています。「週間放送視聴日記」には、徒然なるままな身辺雑記を織り交ぜながら、オールラウンドなラジオ・テレビ番組のレビューやデータが掲載されています。

 広告等は一切表示しないポリシーで、ブログ開始時から運営しているテキストブログです。デザイン総てが、オリジナルの自作で構成されています。週 1回「定点観測」の積み重ねによって、信州のラジオ・テレビ放送の歴史を、この小さなブログで、ゆるやかに紡いでいく事が出来れば嬉しい限りです。